FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


宜野湾に開業する予定だった2つのホテル。
・シェラトンホテル沖縄
・ジノンハウス
この2つのホテルですが、計画が白紙になったようです。

以前の記事 沖縄に新しいホテル続々 で書いて紹介したばかりでしたが、5月30日付けの琉球新報に白紙撤回の記事を発見しました。

ジョイントコーポレーションが破綻とのことで、この2つのシェラトンとジノンハウスの2つのホテルは幻に終わってしまいました。
非常に残念でなりません。

今、世界で起きている、不況がこの沖縄までヒタヒタと迫ってきている気がしないでもありません。

瀬底島でも新しいホテルの開発が途中で止まっているみたいです。

こういったホテル計画はどうなんでしょうね。
せっかく建物を作っても、それを利用しないのではまったく無意味ですし・・・
それに、途中で建設が止まって鉄骨がむき出しの状態では、景観も損ねます。
もし工事再開となっても、鉄骨の劣化は避けられないでしょう。
本当にどうしたらいいんでしょうか?

建設を途中でストップするのだけは勘弁してもらいたいものです。
こんなことを勝手に書きまくっていますが、当事者の方々には、「そんなことはわかっている!」と怒られそうですので、この辺でやめておきます。


スポンサーサイト



うちは今はインターネットはADSL回線なんです。
それでも、3.5Mほどのスピードは出ているのですが、なんとなく光に変えたいなあということで、思い切って変更することにしました。

ただ、我が家は路地の一番奥なんです。
周囲の電線を見回しても、近所のおうちに光が導入されている形跡はありません。
県道からここまで、700mはありますね。
こんな状況でも工事費は無料になるとのことでしたので、工事を依頼しました。

家の配管も調査の結果、光線を通すのには何ら問題ないとのことでした。
調査してくれた人の話では、宅内の配管が細いと、各世帯の電話線やら何やらがたくさん通っているので、隙間がなくなり光線が入れないということで、NGとなるそうです。うちはセーフでした。やれやれです。
NGの時は、代替案としてエアコンのダクトを使って、光線を家の中へなどの方法があるそうです。
賃貸住宅だと厳しくなりますよね。

後は近所まで光線が開通してから、宅内工事を経て開通となる運びだそうです。
光ファイバー開通が待ち遠しいですね。
工事の進捗も追って、日記に書いていきたいと思います。

興味のある方は、下のリンクからどうぞ↓↓↓↓↓↓