FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


2007年7月12日

沖縄本島に台風が近づいてきました。
ANAのチェックインカウンターのモニターには、台風の進路情報が映し出されています。

さて、私は無事に何とか泊まるところを確保できました。
ハイパーホテル那覇です。
ハイパーホテル那覇は、ゆいレールの小禄駅のすぐそばだし、目の前はジャスコということで、いざという時にも便利かもしれない。という理由からの予約です。
沖縄の台風を実感できるチャンスでもあります。

そこでANAの予約フリーダイヤルに電話して、予約の変更を試みます。
ところが、案の定つながりません。ずっと話中で込み合っている模様です。
何度もトライしましたが、やはりつながりません。
仕方なく、有料の東京のANA予約センターに電話をして、やっとつながりました。
事情を説明し、予約の変更を申し出ると、
「はい、かしこまりました。明日の朝一番の便が予約できますが」と言われました。
「ええっと明日と言っても、たぶん台風で駄目だと思うんですが・・・」
「いや、今のところ欠航とはなっておりませんが」
「そうですか、でも明後日でお願いします」
と明日は諦めて、明後日の夕方の便に変更してもらいました。

こちらは、台風が沖縄に接近しつつある、荒れ狂い出した表の空模様を見ながら話しているので、とても明日は無理と感じますが、東京では天気がいいので、ANAのオペレーターの方も、台風と言っても、なかなか臨場感が湧かないのでしょうね。そりゃそうですよね。
沖縄と東京の距離感を改めて感じました。

まだレンタカーも借りていたので、そのままレンタカーを活用して買出しに行きました。
すでにこの沖縄の旅は最終日ということでしたので、お土産もごっそり買い込んでいたので、荷物も多いこともあって、そのままレンタカーでホテルへ向かいました。

スーパーホテルに到着して、早速チェックインです。
部屋に荷物を運び込んで、連泊したい旨申し出ると、
「明日は満室ですので・・」
ええっ、台風の最中にこのホテルを追い出されるのか・・・と絶望感に満たされつつありましたが、、
「この天気ですので、明日のお客様がキャンセルされると思います。たぶん大丈夫ですよ」
と少し元気の出るお言葉をいただき、ほっとしました。
(つづく)


スポンサーサイト



私が沖縄に移住する前の話ですが、2007年の7月のことです。

当時は、沖縄本島を旅行中でした。沖縄移住は机上のプランとしてはありましたが、まだとても悩んでいる状態でした。

旅行中のある日、夕方の天気予報でフィリピンの方で台風4号が発生との情報が・・・。
冗談交じりに、やったーこのまま台風よ沖縄に来ないかなあ。そしたら帰れなくなるしなあ、と不謹慎にも思っていたのです。

そして、この沖縄旅行の最終日(2007年7月12日)を迎えました。
帰りの飛行機は最終便の一本前のANAフライトです。
宿の人は、最終便だと微妙ですねえと言っていました。

この日は、沖縄本島南部を再度観光ということで、平和記念資料館へ行きました。
館内をあらかた見終わって、海が見渡せるホールに出てみて、びっくり。
外は暴風雨ではありませんか・・・・。
これじゃ車に戻れなくなると、慌てて車に戻りました。

これはやばいかもと、携帯電話でANAのサイトをチェックしたところ、この日の18時以降のすべての便の欠航が決定したとの情報をゲットしました。
やったー!これで大義名分があるから帰京せずに済むぞ、ムヒヒとばかりに、そのまま那覇空港へ向かいました。

那覇空港に来てみてびっくりです。
ターミナル内はカウンターからの長蛇の列が伸びており、これじゃ何時間かかるかわかりません。
まさにテレビで見る、台風などの時の空港の混乱ぶりそのものが、目の前で展開されているのでした。
一応列に並んでみたものの、遅々として進みません。
ここで、私は早割りで個人予約であるため、本当にこの列に並ぶ必要があるのか、疑わしくなってきたので、近くにいたANAの係員に聞いてみると、やはり列に並ばなくとも個人予約は電話で対応できるとのことでした。
この列は、ツアー客のためのもので、ツアーの場合だとチケットの取扱が異なるらしく、この列に並んで整理券を取り、その番号の順番で帰りの便の席を割り当てているとのことです。

ラッキーとばかり列を抜け出し、最初に行ったのは宿の確保です。
即行で、ハイパーホテル那覇という小禄にあるホテルに電話したところ、OKとのことでこれで宿は確保できました。やれやれです。

今日は長くなってきたので、この話は何回かに分けて書きたいと思います。
(つづく)