FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


¥110自販機


沖縄県内の、自動販売機はすべて¥110なのです。
最初に沖縄に訪れた時は、これは驚きでした。

自動販売機の前に立ち、内地では¥120なので、100円玉1枚と、10円玉2枚を自動販売機に投入し、自分の欲しい缶コーヒーを押す。
「ウィーンガシャン!、カチャ・・」ウィーンガシャンと缶が取り出し口に落っこちてくる音はわかるが、カチャ・・ってのは何?
と、お釣り取り出し口に手を入れてみる。すると、10円があるではないですか・・・。
やったー得した。と思いつつ値段を見ると、110円なのであります。
てことは、お釣なわけね。と妙に納得しました。
まあ、この時はこの販売機だけが110円なのであろう、他の販売機は120円なのだ。と勝手に思い込みました。内地にもたまに、こういう安い自動販売機があるんですね。なので、それと同じと思ったんです。

沖縄の旅行中は1日に何回か販売機に立ち寄りました。
すると、どうでしょう。どこへ行っても110円のみ。
コンビにでも110円で販売してるではないですか。むむむ・・・これは110円が適正価格なのだわ。
と勝手に思い込みよく調べてみたところ、やはり沖縄県は缶ジュース類は110円なんですね。

何故なのかは、はっきりしませんが、おそらく企業努力なのでしょう。
とにかく今は110円で、内地より10円安いということで、このまま続けてもらいたいものであります。
頑張ってくださいね。飲料関係の皆さん。

私も最近は、やっと治りましたが、内地のくせでついつい120円投入し、10円をそのまま置いてくるといった、とぼけた行為を何度かしました。
慌てて戻っても、時既に遅しでした。気付くのが遅すぎるのです・・・。
移住者は最初の1ヶ月くらいは、ジュースを買う際の注意が必要です。
私だけでしたら、失礼しました・・・。
スポンサーサイト