FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


今回ははパンについてです。

沖縄のスーパーなどには、内地のパン会社のパンは、ほとんど売っていません。
メインはやはり、オキコとぐしけん、第一パンといったところでしょうか。
内地で言うパスコの超熟なども売っていますが、オキコパンのライセンス生産です。

オキコパン。ぐしけんパン。
2社ともに沖縄県のメーカーです。
2009.5.23付けのの琉球新報には、パン来月値下げ オキコとぐしけん という記事がありました。
値下げされるのは、この景気が悪い時なので、非常によいことですね。
この5月に小麦粉の価格が下がったため、値下げに踏み切るとのことですが、まだ小麦粉は依然として高い状態であり厳しさは続くとのことでした。

他にもパンは、ジャスコやマックスバリュにはイオンのPB商品である、トップバリュのパンが置いてあって、現在は食パン1斤138円と、他社の商品よりは、お安い価格設定になっています。
食パン以外にもPB商品は、いろいろあります。
カレー粉、醤油、サラダ油、牛乳、ヨーグルト、納豆、お菓子系、コーヒー豆などなど、価格はどれも安めの設定になっています。

PB(プライベートブランド)の商品は最近流行ってるみたいですね。
内地ではイトーヨーカドー系列がそんな商品を出していたはず。懐かしい気がします。
衣料品なんかもありましたね。確か。

沖縄県では是非とも沖縄企業にがんばってもらいたいですね。
なので、パン値下げの情報は嬉しいものがありました。

そんなわけでこのへんで。
スポンサーサイト



名護市辺野古の沖合いには、哺乳類の1種であるジュゴンが生息しているといいます。
残念なことに、この辺野古の沖合いには、米軍海兵隊の普天間基地が移設してくることになっているようです。

ジュゴンは沖縄周辺には50頭以下と言われており、まさに絶滅寸前です。
基地ができてどうなるのか、本当に影響はないのか?と、とても心配ですね。
沖縄の綺麗な海を見ていると、単にというか、普通に考えたら、この綺麗な海を本当に埋め立てていいの?取り返しつかなくならない?
という思いが強くなってしまいます。

こういった問題は、環境に限らず観光や、今後の沖縄経済の発展などいろいろな問題をはらんでいて、簡単には片付かないでしょう。
普天間基地の周辺の航空路の問題もあり、そう簡単ではないことはわかっています。
しかし、自然を大切にということを、まず第一に考えてもらえたら、嬉しいなあと、単純に思います。
単純すぎるでしょうか。

2009.5.21付けの琉球新報には、ジュゴンの保護求め3万人分の署名を提出という記事がありました。
3万人の署名は嬉しいですね。

普天間基地の辺野古移設問題は、今後も見守っていきたいです。
ジュゴンのことも気になりますからね。