FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


というわけで、ドクターフィッシュはとにかく、くすぐったいです。
くすぐったいのが、駄目な方は、ちょっと厳しいですね。

私もたまにちゅらーゆでドクターフィッシュやりますが、観光で来ている方を見ていると、半々の割合で駄目な方がいますね。駄目な人は笑いながら「アー駄目だー」とすぐに足を水槽から出してしまいます。
半々はちょっと大げさかもしれませんが・・・・。

沖縄に観光で来て、または移住の下見で来て、とにかく来てみたら、一度ドクターフィッシュ体験をお勧めします。
ザ・ビーチタワーに宿泊したら無料で入場できますからね。

因みに私がドクターフィッシュの存在を知ったのは、何かのテレビで中国の海南島をやっていて、そこにドクターフィッシュが出ていました。
中国にしかないのかなと思っていたので、沖縄に来たときに、ドクターフィッシュに出会えて少し感動しました。
早速やってみて、意外といけるなというのが感想です。
ただ、全身となると微妙なところでしょうか・・・

というわけで、ドクターフィッシュは美容にはよいのではないだろうか?
とか適当勝手な結論なわけです。

現在は内地でも、ドクターフィッシュを扱っている施設もあるみたいなので、googleなどで、”ドクターフィッシュ”と検索をかけてみてくださいね。

それではまた。
スポンサーサイト



沖縄県北谷町にある、ザ・ビーチタワー沖縄に隣接する”ちゅらーゆ”では、ドクターフィッシュを体験できます。

ドクターフィッシュとは、コイ科の魚で、人間の古くなった角質をついばむ性質があるそうです。
ここちゅらーゆでは、足だけではありますが、ドクターフィッシュがどんなものなのか、実体験できます。

入場すると、目の前にドクターフィッシュのコーナーがあります。
そこで係りの人に名前と、入場時に貸してもらったロッカーNO.を言います。
「はい、どうぞー」と案内してくれます。

さあ、いよいよドクターフィッシュがたくさんいる水槽の中に足をつけてみます。
すると、いっせいに寄ってきて、足の裏、甲、指の間、爪の隙間、あらゆるところを、ツンツンとしてくれます。
これが結構刺激が強く、「あーだめだー」とくすぐったがってすぐに水槽から足を出してしまう人も見受けられます。
そうです、なんとなく、くすぐったいんです。
足の裏をくすぐられている感じもするし、ちょっと固めの筆の先で突かれてる感じもします。
魚を見るとくすぐったくなるそうで、見ないほうがいいと係の方は言ってましたが、結局くすぐったいことには変わりはないでしょう。
私は大丈夫なんですが・・・

ドイツやトルコでは、現に医療用として用いられています。
その時はたぶん全身にやるんでしょうねえ。
足の裏でも我慢できない人は、全身なんてことになったら、気が狂いますね。
それとも慣れるんでしょうか・・・
(つづく)