沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛乳946mlに続いて、お米の話ですが。
何故か沖縄のスーパーには、10キロの袋が置いていないのです。
5キロの袋が主流です。

これは何故なのでしょうか?
牛乳の件とは違って、この謎はなかなか解けません。
何故だか、沖縄のスーパーに置いてあるのは、5キロの袋ばかりです。
それも真空されたかのような中に空気が全く入っていないような袋があったりします。
お中元やお歳暮で配るのか、取っ手のついたお米の袋もありますが、これまた当然のように5キロ入りのものです。
明らかにお土産用とわかる、箱入りのものもあります。(箱の中には袋入りのお米)これも当然5キロ。

10キロのお米を買ったほうがコスト的に安いと思うのですが、5キロしかないので仕方がないですね。
値段は安いもので、5キロ1680円くらいからと、まあ普通の価格です。

よく沖縄は物価が安いと言われますが、外食などでは東京と比較した場合は安いお店もたくさんありますが、スーパーで買い物となると、東京とそんなにというかほとんど変わらないというのが、正直なところの実感ですね。一緒ですよ。

以前にも沖縄のスーパーということで記事にしましたが、強いて言うなら品揃え的にはちょっと見慣れない野菜を売っていることと、魚の種類が少ない感じがするという程度で、その他はまったく変わりありません。

そんな中でお米が5キロの袋しか置いていないというのが、不思議に映るのではないでしょうか。
どなたか何故10キロのお米があまりられていないのか、ご存知ありませんか??

スポンサーサイト
沖縄に移住して、びっくりしたことの一つに、牛乳パックが946mlだったというのがあります。
内地では、牛乳パックといえば1000mlが普通です。

沖縄に移住した直後は、「ああ、原油価格の影響で牛乳を値上げしたくないから、量を減らしたわけね。しかし何でこの量に??」と真剣に思ったものでした。
ある日友人にこの話をしたところ、「いや違う、沖縄では昔からだよ」とあっさりと言われてしまいました。

そこで調べてみると、やはり沖縄県では、牛乳パックは946mlと473mlの2種類が主流。(内地では1000mlと500ml)
この原因は米国のガロンに由来しているようです。
4分の1ガロンは約946mlになるので、米国が統治していた時代のなごりとも言えますね。
それに沖縄は酪農に向かない亜熱帯気候であることも影響し、牛乳を生産するコストが高いのだそうです。よって946mlでちょうどよいとかいう話もあります。

確かに牛乳の価格は、内地よりも高いです。
今はどうか知りませんが、内地の某ドラッグチェーンでは1000mlが約130円で買えていたのに、沖縄では218円からと倍近い値段になっています。
乳の出る牛は確かに寒い地域の動物なので、沖縄で飼育となると、様々なコストがかかって大変ですよね。この値段でも仕方がないのかもしれません。
酪農家の方々の苦労がうかがえます。

473mlの牛乳パック
牛乳473
沖縄は梅雨に入ると同時に、ムシッとした空気に代わりました。
梅雨入り前は、乾燥している日もあったりしました。
沖縄でも乾燥注意報が出るということに、少々驚きを覚えました。
移住前は、沖縄というと湿度の高いイメージだったので、乾燥注意報とは本当にびっくりです。

さて梅雨に入って気温も上昇した頃には、羽アリが大量発生します。
これはうちの近所だけなんでしょうかね。
夜になると、網戸をしていても、部屋の明かりを目指してなのか、どこからともなく入り込んできては、蛍光灯の周りをブーンと飛んでいます。
部屋の壁にも這ったりしています。
時には、ご飯を食べている時に味噌汁の中に飛び込んでくる、勇敢な羽アリもいます。
とにかくけっこうな数の羽アリが、部屋の中を飛び交う状況になります。
網戸をしていてもこの有様ですから、うっかりちょこっと網戸が開いていようものならば、もう大変。
そこからもっと大量の羽アリが侵入してきます。
一度これで偉い目に遭いました・・・・

蛍光灯のカバーには虫が溜まっています。
電灯を付けると普通は白く映る部分に黒い点々が・・・
よく見ると虫の死骸が溜まっているのです。蛍光灯の中に入り込んでしまった虫たちです。
たまに掃除が必要です。
この清掃時の注意点は、このカバーを止めているレールのところにも虫が死んでいるという点です。
このレールというかステーを掃除しないと、蛍光灯のカバーを取り外すたびに、虫の死骸が降って来ますので注意です。
年間で4回くらいは、蛍光灯の清掃が必要ですね。
清掃といっても、それほど難しくはないのですが・・・・。複雑な心境ですね。

沖縄に住んでみて、虫が多いということに気が付きました。
やはり自然があるということなのでしょうか。
ゴキブリにはまだ遭遇しておりませんので、殺虫剤は使用しておりません。
できればゴキブリには遭遇したくないのですが・・・・


美ら海水族館


初めて訪れた沖縄観光で外せないのは、やはり美ら海水族館(ちゅらうみ)ではないでしょうか。
どんなことがあっても必ずこの美ら海水族館だけには行く!という人が多いのも事実です。

場所は北部の本部町の海洋博公園内にあります。
駐車場に入ると”わ”ナンバーのレンタカーの多さに圧倒されます。
レンタカー以外の車両の方が珍しいので、私など普通の沖縄ナンバーで行くと気恥ずかしい感じもしますね。

沖縄に移住してこちらに住んでいると、内地から友人がやって来ては、美ら海へ連れて行くようにリクエストを受けます。
美ら海水族館には1回入れば、しばらくは行かなくてもいいかなと思うのですが、こうして内地から友人が来るとそうもいかなくなってきます。
そこで役に立つのが年間パスポート、3600円です。
これさえあれば何回来ても1年間は大丈夫なわけで、普通に入ると1回1800円なので2回入れば元が取れる計算です。移住者の方はぜひ利用しましょう。

また、中に入って、大水槽前のカフェでうまく水槽際の席が取れたら、魚を見ながら一日過ごすことも、年間パスポートがあれば何回だってできます。やや贅沢ですね。

無論自分は中に入らず、外で待つということもできます。友人だけ中に入ってゆっくり見学してもらうのです。
その場合の自分の待機場所ですが、無料の施設であるマナティー館でマナティーを見る。総合案内所の椅子で休む。エメラルドビーチまで散歩してみる。などなど色々な方法があります。
便利な海洋博公園であります。

沖縄に観光で来る方は、道中のローソンやファミリーマートなどのコンビニで割引チケットが買えます。もちろん地元の人も買えます。
他にも名護市にある道の駅許田では、美ら海の割引チケットがコンビニよりも安く売っています。
こうした割引チケットを買うのも一案です。
最近は21年10月31日まで試験期間として、4時からチケットなるものができて、4時以降に入館の場合は1260円になるそうです。

以上、沖縄移住者から見た美ら海でした。
それではまた。



今回ははパンについてです。

沖縄のスーパーなどには、内地のパン会社のパンは、ほとんど売っていません。
メインはやはり、オキコとぐしけん、第一パンといったところでしょうか。
内地で言うパスコの超熟なども売っていますが、オキコパンのライセンス生産です。

オキコパン。ぐしけんパン。
2社ともに沖縄県のメーカーです。
2009.5.23付けのの琉球新報には、パン来月値下げ オキコとぐしけん という記事がありました。
値下げされるのは、この景気が悪い時なので、非常によいことですね。
この5月に小麦粉の価格が下がったため、値下げに踏み切るとのことですが、まだ小麦粉は依然として高い状態であり厳しさは続くとのことでした。

他にもパンは、ジャスコやマックスバリュにはイオンのPB商品である、トップバリュのパンが置いてあって、現在は食パン1斤138円と、他社の商品よりは、お安い価格設定になっています。
食パン以外にもPB商品は、いろいろあります。
カレー粉、醤油、サラダ油、牛乳、ヨーグルト、納豆、お菓子系、コーヒー豆などなど、価格はどれも安めの設定になっています。

PB(プライベートブランド)の商品は最近流行ってるみたいですね。
内地ではイトーヨーカドー系列がそんな商品を出していたはず。懐かしい気がします。
衣料品なんかもありましたね。確か。

沖縄県では是非とも沖縄企業にがんばってもらいたいですね。
なので、パン値下げの情報は嬉しいものがありました。

そんなわけでこのへんで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。