FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


移住の話とは、あまり関係ないのですが、本日はきとね市に行ってきました。

きとね市(きとねいち)とは、読谷村にある”むら咲むら”という体験工房のあるテーマパークです。

やちむんという焼き物の体験、シーサー作りの体験、紅型の体験などなど、いろいろな伝統工芸の体験ができてしまうという場所です。

その”むら咲むら”の中にある広場で、フリーマーケットのような市が開かれているので行ってきました。
その様子です↓↓↓↓↓
きとね市

普段は静かな読谷ですが、この日のこの場所は賑わっていました。
GWとあってか、内地からの観光客の方もたくさん来ていたみたいでした。

いろいろなものを売っていたり、ちょっとした軽食なんかも売っているので、暇つぶしにはいいかもしれません。

きとね市開催時は、”むら咲むら”の駐車場がいっぱいになってしまうので、お昼過ぎには行った方がよいです。
13時から20時までみたいですが、夜はどうなっているのでしょうか・・・・。
また違う雰囲気で面白いかもしれないですね。

この、きとね市は年に3回の開催だそうです。
4月、8月、11月の3回だそうですが、要確認してくださいね。
雨天時は延期でなく、中止であると聞きました。

入場するのには、500円かかります。
”むら咲むら”の施設内ですので・・・
ただ、フリーツアーで来たりすると、飛行機の機内や、レンタカーを借りる時に何らかの割引券をもらえます。これだとたぶん450円です。
あとJAF会員だと450円です。
街中や、空港においてあるフリーペーパーにも何らかの割引の特典があるかもしれません。面倒でなければ活用してみるのもいいと思います。

きとね市の報告でした。
移住後にも、こういったところに行くと、気分転換に」なります。
スポンサーサイト