FC2ブログ

伊是名島情報

ここでは、「伊是名島情報」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


2012年3月

伊是名島でひとつ気になっている場所がありました。
伊是名空港です。
伊是名島に空港なんてあったかな?とお思いの方も多いかと思われますが、実はあるのです。
またの名を「伊是名場外離着陸場と」いうのだそうです。

島を1周しきったところですが、急遽踵を返して空港に行って見ることにしました。
場所は島の西側にあたります。
島を1周している道路から、よく見ると標識が出ていましたので、
それに従って畑の中を進んでいくと、到着しました。
プレハブの小屋に「伊是名場外離着陸場待合所」の看板が掲げられています。
飛行機の整備するバンカーみたいなものもありますが、農作業小屋と兼用のようです。
伊是名空港2


データによると、滑走路長は610m。
以前はエアードルフィンという会社が不定期便を飛ばしていたみたいですが、
事業停止になってしまい、現在は航路はなく、緊急輸送用のみという扱いだそうです。
空港管理は伊是名村のようです。

610mの滑走路では、ちょっと短いですね。
RACのDHC-8-100でも最低1000mはないと厳しいですから。(それでもギリギリかと)
船しか足のない伊是名島にとって、空の足の確保というのは課題のひとつでしょう。
滑走路延長して、定期航路といきたいところですが、
その後、しっかりやっていけるのか?という風に考えたら、答えは未知数ですね。

伊平屋島でも空港整備の話があるようですから、
双方で協力して、何か良い案が出せて、お互いが利するといいですね。
空港の有効活用の今後に期待したいものです。

滑走路を望む。
伊是名空港


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : 伊是名場外離着陸場, 伊是名空港, ,

2012年3月

今回は伊是名島での宿泊は、民宿美島」となりました。
この民宿は良いですよ~
というのも、まずは立地です。
何と港の目の前なんですねえ。
伊是名島の仲田港に到着して、ターミナルを出てすぐ左手に見えるので、すぐにわかります。
とは言え、今回は土砂降りの雨につきターミナルから動くことができず、
近くて遠い民宿美島」になってしまいましたが、
雨でなければ、徒歩1分という近さですから、何にも問題はありません。
民宿美島

部屋からはこのように、仲田港に停泊している船の写真も撮る事ができました。
仲田港

隣はレンタカーのお店、伊是名レンタカーがあります。
本当に隣ですから、すぐに行って借りることができます。
伊是名レンタカー

港からも近くてレンタカー屋さんも隣にあるならば、
とても便利で動きやすい民宿であると言えましょう。

今回は何と言っても、民宿のおかみさんに助けられました。
翌日宿泊予定の伊平屋島の宿がすべて満杯状態で、
どこに電話連絡をしても全て断られてしまいました。
どうしたものかと、途方に暮れていると、おかみさんが助け舟を出してくれて、
何と伊平屋島の田名集落の公民館で泊めてもらえることになったのでした。
宿がないとなると野宿するわけにもいかず、
伊平屋島は諦めてまた次回に出直しということにもなり兼ねませんでしたから、
本当に助かりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

行ったのが、3月ということもあり、公共工事の影響などもあり、
宿が満杯状態であるということでした。
伊平屋島は観光以外でもこうした需要もあるのですね。

民宿「美島」では大変お世話になりました。



ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 伊是名島, 美島, 民宿, 伊平屋島, レンタカー,

2012年3月

伊是名島から伊平屋島へ渡るとすると、
定期航路というものはないので、
一旦それぞれの村営の船で本島の運天港まで戻り、
そこで乗り換えて再びそれぞれの島へ渡るという、
非常に時間のかかる行程になってしまうと考えがちですが、
実は渡し舟があったんですねえ。

内花港のきれいな待合所。
不定期船のためにあるんですね。不思議な感じです。
内花港待合所

出発前にいろいろ調べていると、
伊是名島の内花港から伊平屋島の隣の野甫島に位置する野甫港まで、
不定期に渡し舟があるとの情報を得ました。
野甫島と伊平屋島は橋でつながっていますので、簡単に行き来できます。
内花港のあたりからは、伊平屋の島影を完全に確認できますので、
距離的にはそんなに遠くはなさそうです。
いちいち運天まで戻ることを考えると、断然楽ですね。

前日に午前10時ごろとということで、
内花港から野甫港までの予約を入れておきました。
詳細は→http://shimanosanpo.com/ferri/00_noho/index.htm
この渡し舟を利用するポイントは、
内花港と野甫港、それぞれの港までの移動手段を確保することです。
定期交通網はありませんので、宿に頼む、レンタカー乗り捨て、あるいはレンタカー屋さんに送迎をお願いするなどの方法があります。ここは各自で何とか手配しましょう。
検討の結果、我々はレンタカー乗り捨てを選択しました。
島での乗り捨て方法は、鍵を付けたまま、然るべき場所に車を放置しておくという、
正に乗り捨てそのものといった方法です。
後でレンタカー屋さんが回収にくるそうです。
少し不安も感じますが、何とも平和な島ということになりますね。

渡し舟料金は3名で6300円(入域税含む)でした。
不定期船ですので、連絡してこちらの希望の時間を伝えてから、
時間の調整を行うということになります。

内花港桟橋
いよいよ、写真の手前にある「オーシャン」という船で、
伊平屋島へ渡ります。
奥に見えている島影が伊平屋島です。


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 渡し舟, 伊是名から伊平屋, 運天港, オーシャン,