宮古島情報

ここでは、「宮古島情報」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月の下旬。宮古島に行ってきました。
スカイマークの航空運賃が安くなったことが大きく影響し行くことにしたのでした。
それにしても、スカイマークの運賃価格破壊の影響はすごいと思いました。

とはいっても、出発はあえて違う航空会社ということで、
RAC琉球エアコミューター)に乗ってみました。
8時30分出発のRAC801便は、DHC-8・Q100という小さな機体で、
ボーディングゲートから直接搭乗ではなく、バスによって機体の近くまで案内されました。

バスから降りて機体を見ても小さいと思うのですが、
機内に入ると、機体の小ささがさらににわかります。
席番号は10番が最後尾で、すぐに行き止まりになります。
おまけに、1番のHとKの席は進行方向と逆向きで、2番のH・Kの座席と向かい合わせなのです。
ボックス席にみたいでグループには良い席ですね。珍しい座席配置です。

ほぼ定刻に滑走路36から北向けに離陸です。
機体は小さいながらも、揺れることは少なく順調な飛行が続きますが、
窓の外は一面の雲が広がり、宮古島の天気が気になるところです。
この飛行機は、高翼機と言って翼が窓より上のほうに付いているので、
どの席に座っても窓から下界を眺めることができます。
席によっては、エンジンが邪魔をして遠くの視界が遮られることもありますが、
真下は見えますので、他の飛行機よりは景色を楽しむことができていいですね。

やがて高度を下げて宮古島へ着陸です。
北風につき南側から進入したため、外を見ていたら海から陸になったと思ったらすぐに滑走路へ着陸となりました。
石垣島の空港とは違って、滑走路は2000mあるので、急ブレーキはかかりません。
ゲートには付けられないので、ターミナルビルから少し離れたところで停止。
エンジン停止の後、ドアが開かれて降機となりました。

歩いてターミナルビルへ向かいます。
この時のいいことは、飛行機の写真が撮れることですね。
なかなか撮れない正面からの1枚を撮って、ターミナルビルに入りました。
宮古島の第1歩ですね。

RAC

因みにこのRACの便ですが、プロペラ機につき、他のジェット機の便より所要時間がかかります。
と言っても1時間で到着しますが、念のため。
ジェット機ならば40分くらいですかね。
と言っても、那覇-宮古島間はプロペラ機はこの1便しかありませんが。
スカイマークとの運賃差は別の記事で確認を→こちら


スポンサーサイト

関連タグ : 宮古島, RAC, 琉球エアコミューター, DHC-8,

2011年11月

宮古島に無事に到着したものの、天気が悪くて・・うむむという感じ。
空を見上げると今にも降り出しそうな雲行きですね。

レンタカーを予約してあったので、まずはレンタカー会社の人と会って車を借りなければなりません。
いろいろなレンタカー会社を片っ端からネットで検索してみたんですが、
調べた限りではフジレンタカーが一番安かったので、そこで予約を入れました。
軽自動車1台2日間借りて5300円です。それに任意の保険に入ってプラス1000円となり、
計6300円です。
この任意の保険は、車が傷になったりした場合に修理で休車するときの補償として2万~5万円かかるのですが、
それをカバーしてくれる保険とのこと。

空港の出口をでると、すぐにフジレンタカーの人が居ましたので、声をかけます。
ここからフジレンタカーの営業所まで送迎してもらいます。
走り出して10分弱くらいで、営業所に到着です。

すぐに手続きして6300円をカードで払おうとしたんですが、
カードの通信機器の状態がよくないらしく、
明日の返却時に精算ということでOKになりました。
なんという太っ腹!
まあ我々も逃げやしませんし、この島の中ではどうにもできないということなのでしょう。

任意の保険にも加入したので、車体のチェックはなし。
普通は車体の傷の有無を調べてサインするんですけれど、任意保険に入るとそれはしなくていいそうです。
もちろん、レンタカー代に主要な保険は含まれているのですが、
ここでいう任意保険は、休車補償を払わなくていいという意味合いが強いですね。
私は、以前にこの保険料をケチったばかりに、自分の責任とは関係なくお金を払う羽目になったので、
それ以来はこの任意保険に入るようにしております。

さて、レンタカーも無事に借りることができたので、
宮古島1周の旅へ出発です。
周囲約100キロとのことですので、1日で周りきれるといいんですが、
まあここは慌てることはありませんので。
ゆっくり、ゆるりと行くということで。




関連タグ : フジレンタカー, 休車補償, 任意保険, レンタカー, 宮古島,

2011年11月

フジレンタカーを借りた後、市内を走ってみました。
どことなく内地のような気もしないでもないのですが、やはり宮古島なんですね。
何とも言えぬ、どことも言えぬ光景が目の前に。
所々に“みやこまもるくん”の警察官の人形を目にしつつも、
ナビに誘導されるまま、前浜ビーチへ向かいます。

20分くらい走ったら、もう周囲はさとうきびの畑が増えてきました。
天気は相変わらずの曇り空。
にもかかわらず、たまに見える海の色は、何とも言えず綺麗でした。
曇りでこれだけ綺麗なら、晴れていたらもっときれいに違いないでしょう。

前浜ビーチに到着。
さすがにシーズンオフとあって、駐車場には車はいませんでした。
駐車してから、歩いてビーチへ。
どんな光景か心踊らせながら、歩を前へ。

前浜ビーチ

やはりきれいな光景でした。
曇っていても、この海の青さはやはり違いますね。
遠くに見えるのは、来間島へ渡る来間大橋です。

この前浜ビーチは、海水浴場ではないという標識がありました。
それでも、パラソルだのボートだのを貸し出ししてくれるお店がシーズン中はオープンするらしく、
今は夏に使用したと思われる残骸が、お店の前に取り残されていて、
何とも言えぬ哀愁を漂わせているのでした。

夏にはきっと大賑わいとなるのでしょうね。
このビーチで安全に泳ぐとしたら、隣接している宮古島東急リゾートホテルのビーチということになりましょうか。
というわけで、宿泊はしませんが、宮古島東急リゾートホテルへ行ってみる事にしました。

前浜ビーチは横に長いのです。→地図



関連タグ : 前浜ビーチ, 宮古島東急リゾート, 来間島, ,

2011年11月

宮古島には、付近の島へ渡る橋がいくつか架かっていて、
車で簡単に渡ることができるのですが、そのうちの一つが来間大橋です。
名前のごとく来間島へ渡る橋で全長1690mとのこと。

前浜ビーチからもこの橋はよく見えますので、
あの橋の上からみた海の色はさぞかし綺麗なことだろうなあということで、
車で渡ってみることにしました。

中央部分が盛り上がった形をした橋に差し掛かると、
それはもう海はとても綺麗です。
何と言うか、海の色が群青色とエメラルドグリーンと、透き通ったブルーの3色がうまく入り交じったというか、
グラデーションというか、
もう表現がめちゃくちゃになってますが、とにかく綺麗な色を成しているんですね。
沖縄本島ではなかなかお目にかかれない色なのではないでしょうか。
海に流れ込む川がほとんどない宮古島ならでは、の配色の海の色ですね。

後ろから車が来ないのをいいことに、
ゆっくり走って景色を堪能しました。
他の車が居たら注意しないといけませんが・・・
航路の確保で橋の中央部分が盛り上がっているんですが、
このあたりからの景色はなおのこと最高でした。

橋を渡りきり、来間島に上陸。
小さな島でのんびりといった風情の光景です。
竜宮城展望台というのがありましたので、行って見ました。
そこから見る景色はまた格別。
少し天気も良くなって、日が射してきましたので、海の色も変化し始めました。
太陽の光線量によって微妙に変化する海の色って、本当に綺麗ですね。
また心洗われる眺めを見れて非常にラッキーです。
来間島

来間島も、またのんびりとした雰囲気の島ですので、
もう少しのんびりする時間をとってもよかったなあ・・・
なんて後から思いました。また次回ですね。





関連タグ : 来間島, 来間大橋,

2011年11月

宮古島のリゾートとして数えられるホテルの一つとして、
宮古島東急リゾートが挙げられるのではないでしょうか。
ということで、通りがてら偵察してみました。
今回は、ここに宿泊していないのですが、普通に車を停めて中に入ってみます。

宮古島東急リゾート

入口はかなりこじんまりとした印象を受けるのですが、
中に入ってみると、庭も広く作られていて、非常に広々とした印象を受けました。
オフシーズんのためお客さんは少なめですが、夏のシーズンはきっとすごいのでしょうね。
逆にこうゆう時期の方が、リゾートホテルとしての本来の機能というか価値というものを味わいやすいのではないかと思いますが、どうなんでしょうね。
ピーク時の大混雑のホテルか、
少し時期外れだけれど、ゆったり滞在のホテルか、
という悩ましい選択をしなければならないのですから、後は個人の諸事情、好みにお任せしましょう。
良いも悪いもないのですから・・・

宮古島東急リゾート2

前浜ビーチ側にホテル用のビーチがありました。
ここはクラゲ防止ネットもあるようで、お子様連れでも安心ですね。
一応ホテルのエリアとなっているようですが、前浜ビーチは横に長く繋がっているので、
ビーチ沿いに歩いてくると、自然にホテルのエリアに入ってしまうのでした。

庭はよく手入れが行き届いていて、
散歩していても気分がいいです。
ホテルの中で、レストラン、売店とあって滞在自体はこの施設の中だけで完結してしまうので、
完全にリゾート気分で、ホテルの中だけで過ごしても十分快適でしょう。
今回は泊まりませんが、機会があったら是非宿泊したみたいものです。


関連タグ : 宮古島東急リゾート, 前浜ビーチ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。