移住の下見

ここでは、「移住の下見」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下見の方法は、来て実際に自分の目で確かめることですね。
そのまんまです。

来ていきなり、家を決めるのも悪くはないんですが、やはり住む場所というのは、生活していくにあたってかなりの重要な事柄になってきますので、あくまでも慎重に。

まずは、とにかく沖縄本島なら、隅々まで行ってみることです。
現地に自分の足で立つことによって、いろいろ感じることもあると思いますので。
周りに何があるのか?夜はどんな感じになるのか?
よく自分の住んでる姿を想像してみてくださいね。

沖縄県で仕事を探すという方は、通勤というのも考慮にいれなければならなくなるので、必然的に場所は思絞られてくるのではないでしょうか。
車通勤は常識になっていますので、ここに勤められたら、車で何分くらいというのも、イメージに入れた方がよいですね。

住みたいと思っても、実際に収入を得る手段と合わせて考えていかないと、楽しいはずの移住生活も、あっという間に行き詰まってしまいます。
沖縄県の就職事情は、本土(内地)と比べてみると、良くはありません。
その辺もしっかりと頭の隅においておいた方が、後々よいと思います。

と、まあいろいろな事情を考え合わせて、下見をされたほうがいいですね。
スポンサーサイト
下見について、
私の実体験を例にしますと、
移住するかどうかの決断については、悩みに悩んで、散々情報を集めて、沖縄についての本を読みまくったりして、半年に渡る家族会議の末に決断。
それでもしっくりせず、強行的に1泊2日で沖縄へ赴き、いろいろ現地の移住を支援してくれそうな、不動産屋などをあたり、情報を収集。
そこからもあーだこうだ悩んだ挙句に、決断してしまいました。

決断したからにはと、少々の恐怖感をいだきつつも、
会社を辞めてから、すぐに沖縄へ飛び、ウィークリーマンションを那覇に借りて、そこを拠点にレンタカーで動き回りました。
あらかじめ目星を付けておいた、名護市、宜野座村、恩納村、沖縄市、読谷村などなど、ほとんどを一回りしました。

そうして、いろいろ比較検討した結果、住まいを決定する運びになったのでした。
大まかにはこんな流れで、とんとん拍子に進んでいきました。

不動産の情報は、内地ではなかなか調べにくいのですが、現地に行くと、宅建情報という物件情報誌があります。
沖縄県は、当然ながら海に囲まれています。
なので、飛行機か船を使わないと行くことが出来ないんです。当たり前ですね・・・(汗)

飛行機は、だいたい主要都市ならフライトがあります。
日本航空(JAL)、全日空(ANA)、スカイマークエアライン(SKY)などが主だった会社ですね。
最近はスカイネットアジアが沖縄線の運行を始めました。但しANAとコードシェア便です。

どの会社も、早めに予約すると安くなります。
例えば28日前までに予約すると、普通運賃の半額以下になります。
次が7日前、1日前という具合で、だんだん運賃が高くなっていきます。
早く買ったチケットに関しては、変更などが一切できず、キャンセルすると高いキャンセル料を取られたりします。予約は慎重にやりましょう。
航空会社もよく運賃の仕組みを考えてやってますよね。
便や日にち、あるいは区間によっては、割引運賃がないものもありますので、その辺りはよく調べてみることをお勧めします。いや、必ず確認してくださいね。

下見というと力が入ってしまいます。
気楽な気持ちで、沖縄を楽しんでみる。というリラックスした気分で望まれるとまた違いますし、かえってそんな感じだと、沖縄に溶け込みやすいかもしれません。


☆国内格安航空券は以下からも予約できます☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
国内格安航空券サイト空旅.com


◎親切、丁寧、そして価格で勝負の激安航空券!
格安航空券往復パックに一泊の宿泊券がついてくるお得なチケット
◎出張やご旅行にもってこいの航空券となっています!
賢く旅をされるなら必見のサイトです☆☆
国内格安航空券販売サイト スカイチケット


『格安航空券のスカイソルック』
出発当日でも前日でも、航空券は安くて便利が一番!
「旅割」「先得」などの割引設定の無い時期でも使えます!
沖縄はやはり飛行機で来るのが一般的です。
しかし中には、飛行機がどうしても駄目なんですという人もいるはず。
そんな人はご安心を。ちゃんと船が就航しているんですよ。

マルエーフェリーという会社が、東京や大阪・神戸から沖縄へ就航しています。
便数は勿論少なくて、所要時間も東京からだと約48時間、大阪からだと約36時間くらいです。
日本列島の大きさを知るために、乗ってみるのもよいと思います。
但し、これらの航路は貨物がメインとなっているらしく、豪華客船のクルーズを想定して乗り込んだら、全然違う!ということにもなりかねません。気をつけてくださいね。

他にも鹿児島から、奄美、徳之島、沖永良部、与論などの島々を経由しながら那覇まで来る船もほぼ毎日就航しています。
(マルエーフェリーとマリックスラインという2社が交互に運行)
最近、新造船も就航したとのことですが、乗り心地の方はどうなのでしょうか?
どなたか教えてください。

所要時間を考えると、やはり飛行機で沖縄へ来るのが、一般的なんでしょうか。
飛行機の予約はこちらとなっております。
☆国内格安航空券は以下からも予約できます☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
国内格安航空券サイト空旅.com


◎親切、丁寧、そして価格で勝負の激安航空券!
格安航空券往復パックに一泊の宿泊券がついてくるお得なチケット
◎出張やご旅行にもってこいの航空券となっています!
賢く旅をされるなら必見のサイトです☆☆
国内格安航空券販売サイト スカイチケット


『格安航空券のスカイソルック』
出発当日でも前日でも、航空券は安くて便利が一番!
「旅割」「先得」などの割引設定の無い時期でも使えます!

2月19日は、とても寒い日となりました。
最低気温は14度と、沖縄県にしてはかなり寒いです。
しかも、この2月はなかなか晴れてくれません。
晴れる瞬間というのもあるのですが、1日を通じて晴れという日は少ない気がします。

Yahooの過去の天気を見てみると、
晴れている日が多いのですが、実際はというと??ですね。
沖縄は島のせいなのか、場所によって天気が変わることが多いのです。
那覇は晴れていても、北谷は曇りまたは雨とか・・・
目まぐるしく天気が変わる日もあります。

夜などに星を見ていると、急に雲が出てきたり、すごい勢いでくもが流れていったりします。
島だから風が強いのかし?などと勝手に解釈していますが・・・

さて大きく話が逸れていますが、旅の季節の話でしたね。
空いているシーズンといえば、2月ですかね。
正月明けから、1.2月くらいが、観光客自体が減りますので、ホテルも改装工事をしたりしています。
なので、この時期は、旅行費用も安い、空いている。ということいなります。
ホテルに滞在して過ごすという人は、のんびりとしたホテルライフを満喫できることでしょう。
サービスもきっとよいはず。
絶対的に観光客は少ないですからね。修学旅行生は多い気もしますが。
もし、この安い1月2月に沖縄に来て晴れたら、それはラッキーですよ。
天気のことはその日になってみないとわかりませんが・・・

逆に夏の時期は、時期としてはとてもよいです。最高です。
特に海の色が綺麗です。
しかし、どこに行っても混雑しているので、値段が高い割には、オフシーズンほどのサービスは受けられない可能性もあるということになります。
沖縄の海は確かに、夏の太陽光線を浴びたら、色が全く違いますので、
その海の色は是非とも、一度はご覧になっていただきたいものです。
見ているだけで飽きないはずです。海は遠くから遠望した方が綺麗かも・・なんて最近思い始めました。

そのほかの時期としては、台風の時期の終わった11月ねんてのも、狙い目ではあります。
少し旅行代金も安いですし、冬よりは晴れる可能性が高いかもしれません。
しかし、これまた天気の話ですからね。その時になってみないと・・・
照る照る坊主でも作って、旅の天候は晴れを祈願するくらいしかできないですね。


とりとめなくなってきたので、このへんで。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。