雑貨などお店

ここでは、「雑貨などお店」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宜野湾市新城にある、生地屋さんの”しゃりま”です。

伊佐の交差点から、普天間宮方面へ坂を登っていくと、右側にあります。
隣にはコンビニのローソンがあるのが、目印となります。

道沿いのお店と、その裏手の少し奥まった所にも、もう一軒のお店があります。
こちらの裏手のお店の方に、駐車場もあるので便利です。

店内に入ると、そこは生地の世界。
手芸用から、服地用などなど、いろんな用途に使える生地が多数揃っています。
色鮮やかなものやら、地味なもの・・・見ていて飽きません。
生地で困ったら、是非一度足を運んでみる価値はあると思いますよ。
手芸関連が趣味の方は是非。

手芸の素人の私が見ていても、価格が安いなあと感じます。
いったい、この類の生地の相場はいくら位なのでしょうか?

手芸や裁縫が趣味な人は、ここで生地を購入して、沖縄オリジナルの何かを作ってみたら、売れるかもしれませんよ・・・・

スポンサーサイト
ETWS(エトワス)とは何でしょう?
私も最近まで知らなかったのですが、北谷にある言ってみれば雑貨屋さん、いやパーティー用具屋さんとでもなるのでしょうか。

店内は2階建てになっていて、まず、1階にはパーティー用のグッヅが多いですね。
フランケンや狼男のマスクまもちろん、ビンゴゲームの景品になりそうな物が多く見受けられました。
2階は、ちょっとした文房具、手帳、ラッピングの類の物なども置いてありました。

ちょくちょくエトワスの前は通過していて、この建物は何なの?
と前から疑問に思っていたので、今回は中を初めて偵察して、どんな店かわかりました。

ライフスタイルショップとか何かに書いてあるのをみました。
キャラクターグッヅの中にも、日常的な雑貨も混じっていたので、確かにライフスタイルショップではありますね。
ちょっと変わった雑貨を求めていれば、ここに行けば間違いなしという印象のエトワスでした。

ちょっとのぞくと、面白いものですね。

場所は、58号線と平行している海側の対面通行の道沿いです。
アラハビーチから、北谷のジャスコ方面へ向けて走ってくると、左側にあります。
ETWSという看板を見逃さないようにしてくださいね。

久高島が見えた


これで3回目になるのですが、
またしても斎場御嶽に来てしまいました。
この斎場御嶽は、パワースポットとして有名で、
中に一歩入ると、とても厳かな気分になれて、何だがほっとするのでした。
この斎場御嶽は、この敷地自体が聖地になっています。
なので、マナーを守って、観光してくださいね。

この斎場御嶽の中にどんどん入っていくと、
一番奥には、三角形に組まれた巨石があり、その下を通ると、
久高島が見える場所があります。
きっとここも拝む場所なのでしょう。
私も思わず手を合わせましたね。
しかし、この三角形に組まれた石は、いったいどうしてこうなったのでしょう。
当然、人工的に作られたものでもありません。

この場所から見える久高島は、アマミキヨが降りてきた場所であり、
ここから琉球の国を創り始めたと言われている、とても神聖な島なんですねえ。
ぜひこの久高島にも、一度は訪れてみたいと思っております。
神聖な島なので、厳かな気持ちで是非。

そんな神聖な斎場御嶽ですが、
見学を終えた後、少し国道の方に下ってきた右側に、
「工房アマム」というお店があります。手作りシーサーのお店です。
とても小さなお店なんですが、置いてあるのは、
手作りシーサーの他にも、雑貨の数々、葉書などなど・・・
ここに、こんなかわいらしいお店があったとは知らなかったですね。
車は停めるスペースが少ないので、斎場御嶽に置いたまま歩いてきた方がよいと思われます。
距離も500mくらいなんでしょうかね・・・全然歩けますよ。
工房アマム

神聖なスポットでパワーをもらったら、
ちょっと工房「アマム」など覗いて、沖縄南部のドライブを続けましょう。



関連タグ : 斎場御嶽, 久高島, パワースポット, アマム, 聖地,

万国百貨店


先日、恩納村の方に用事があったので、
国道58号線を北へ車を走らせて行きました。
ムーンビーチホテルを越えて、しばらく進むと右手に“万国百貨店”と看板の出ているお店があります。
沖縄料理レストランの“うら庭”の入口の所といえば、わかり易いのでしょうか。
なんとも、昔からあるような建物です。

この万国百貨店。以前から、何が置いてあるのか気になっていたのですが、
ある方の情報によると、軍の払い下げ品とかが置いてあるという情報を得ていましたので、
なんだか物珍しいものがたくさん置いてありそう・・・
という期待をもって、今回恩納村方面に行く機会を得たので、立ち寄ってみたのでした。

うら庭”の敷地と思しき場所に、ちょっと車を駐車させていただき、
万国百貨店の店内のドアを押して入ります。
店内は普通のお土産が置いてあったりして、普通な印象でしたが、
歩を奥に進めるに従って、やはり軍の払い下げ品やら、ちょっと他では売っていないような軍用食と思える、
怪しいパッケージのものとか、日本ではちょっとお目にかかれないような輸入品の数々など。
かなり珍しいものが置いてありました。

さらに置くには、Tシャツコーナーがありました。
Tシャツ陳列の仕方が、どことなくタイのバンコクに似ていて、懐かしくも思いました。

いやはや、なんとも面白い空間です。
沖縄に来て、沖縄土産に何か珍しい物、ちょっと変わった物などを探しいている方には、
なかなか魅力的に映るお店なのではないでしょうか。
興味を持った方は、是非お立ち寄りください。

なお、ホームページもありますので、
万国百貨店」で検索してみてくださいね。


関連タグ : 万国百貨店, 恩納村, うら庭, Tシャツ,

2011年1月

雑貨 そ

宜野湾にある雑貨のお店「sso
大謝名の住宅街にひっりと佇んでおりました。
場所はかなりわかりにくい場所にありましたので、
地図をリンクしておきますね。→地図
パリのパン屋さんボンジュールの裏手となります。

お店の前に路上駐車して、早速中に入ってみます。
外人住宅を改装した、とても小さいかわいらしい作りのお店なのですね。
床は木の板張りになっていて、とても味のある構造になっています。
靴を脱ぎ、スリッパに履き替えて、お店に入ります。

置いてある品物も沖縄のものというわけではなくて、
有田焼の陶器や、ホーローや、岩手で作られた竹のスプーンなどなど。
これまた一味違ったものが置かれていて、見ていて楽しかったですね。
日常に使っていると、気が休まり、れでいて楽しくなりうな品揃えとでもいいましょうか。
ご近所を通ったら、是非立ち寄ってみては。一見の価値アリです。

オーナーのセンスの良さがきらりと光る品物が多数見られます.
興味のある方はぜひ。





関連タグ : , sso, 雑貨,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。