東京について

ここでは、「東京について」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近久々に帰省しました。
東京の羽田空港に着いてみると、びっくり。
寒いのです・・・
というか、寒く感じるという方が正解かもしれません。

この日東京の気温は23度でした。
沖縄は30度超えているというのに、そりゃ寒くも感じますね。
日ごろの暑さで体中の毛穴が全開に開いているのですからね。
東京に来る何日か前には、なんと17度まで下がったとの情報も聞いていたので、これはまずいということで、薄手の羽織れるものも持ってきてしまいました。これはちとオーバーでした・・・

着いた日は寒かったものの、それ以外は内地の秋といった気候で、非常に過ごしやすかったですね。
亜熱帯と温帯を比較すると、こうも気候が違うのですね。
などと改めて実感いたしました。
こうして沖縄とは、また違った形の秋を体験してまいりました。

羽田行きの飛行機はなんとポケモンジェットでした。
夏休みも終わり、子供の姿はめっきり少なくなり、しかも沖縄発の朝一便ということで、なんとなく寂しそうなポケモンジェットの747-400型でした。
朝のANA便では、味噌汁とおにぎりのセットを販売しているのですね。
300円也でしたが、私は眠さが勝り、寝ているうちに着陸態勢に入っておりました。

2009.9羽田空港


スポンサーサイト
帰省してみると、やはり東京はすごいところですね。
と、自分が生まれ育った街なのに、そう感じてしまうのです。

都心には地下鉄やらバス網やらが、縦横無尽に走り尽くし、もはや電車バスのみでどこにでも行けます。
無理に車を使わなくてもいいんですねえ。
それでも車の交通量はとても多いのでした・・・・

新宿の京王百貨店では、大北海道展なる大きな物産展をやっており、北と南の対比これは面白い!と勝手に決め込んで、行ってみました。
ところがあまりの人の多さに身動きが取れず、だんだん気持ちが悪くなってきました・・・
これぞ人酔いというのでしょうか・・・

元々人混みは苦手なんですが、今回ばかりはきつかったです。
これでも東京で生まれ育ったんですがねえ。
というわけで、新宿滞在もあっという間に終わりにしてしまいました。

東京のあちこちに、沖縄物産の店が目に付くのですが、沖縄に移住した人間にとって、沖縄で普段目にしているものが、東京で売られていると何だか嬉しくなりますね。
これは私だけでしょうか?
沖縄でよく見る商品を東京や他の街で見かけた時の新鮮さとでもいうのでしょうか。

現在はネット社会ですので、沖縄の物でも北海道の物でもインターネットを通じて購入も可能となっていますので、料金の高い安井は別にしても、手に入らなくはないわけですからね。
ネット通販というのも、よく考えてみたらすごいですよね。




ねんりんや抹茶


ねんりん家のバームクーヘン、つかの間の帰省ついでに買ってきてしまいました。
このブログの趣旨からは外れるのですが、
やはり、美味しいものを紹介する意味で書いてみました。

買ったのは、マウントバーム 和菓子の芽「お抹茶」 ホール 小。
ねんりん家のホームページで調べてみると、どうやら、羽田空港と東京駅でしか買えないようです。
通信販売もやっていない会社ですので、希少価値は高いのではないでしょうか。

沖縄に帰ってきてから食べてみましたが、
やはりこの“ねんりん家”のバームクーヘンは、周りの砂糖がしっかり付いていることでしょう。
この部分が好きという私はただの甘党なんでしょうか。
もちろん、他のというかこの砂糖以外の部分もまた、お抹茶の味がしてとても美味しいです。
ノーマルのものに薄くお抹茶の味が入ったという感じですね。
バームクーヘンの味もしっかりとしています。

ホール小は意外と小さく、あっという間に食べてしまいましたよ。
あーこんなことなら、もう一つ多めに買っておけばよかった・・・と思っても後の祭りです。
但し賞味期限が意外と短いのですね。ホームページによると、9日間とのこと。

もし東京に行く機会があったり、友人が行くといったことがあれば、
この“ねんりん家”のバームクーヘンを是非買ってきてと、頼んでみてはいかがでしょうか。
または、誰かが羽田空港から沖縄へ来るというのであれば、またお願いしてみるのもいいかもしれません。
こうでもしないと、入手こんなんですので、
通信販売をして欲しいというのが、本当のとこなんですが・・・

東京からのお土産に困っている方がいたら、
是非お勧めしてみたい、東京土産の一品ということになりますかね。







最近、久々に沖縄から東京へ帰省してきましたが、
やはり沖縄は暖かいですね。

暖かい地域から寒い地域へ行くと、寒さが身に凍みるのですが、
逆に寒いところから暖かい所へ来ると、不思議と順応が早い気がしました。
こんな風に感じるのは私だけなんでしょうかね。

沖縄に帰ってきたら、ほっとすると同時に、やはり暖かいなあと純粋に感じてしまったもので、
こうゆう表現になってしまったのかもしれません。
沖縄は常夏の地域ではないので、そのあたりは勘違いする人が多いのですが、
この時期に沖縄に来ても「うわっ暑い!」とは感じませんので、念のため。
「うわっ暑い!」を感じたければ、タイあたりまで行かないと駄目かもしれませんよ。
まあ天気予報で見ると、どうしても気温の高い傾向の沖縄県、常夏に感じるのかもしれませんが。

さて、内地といえばこの時期は紅葉が美しいのですが、
私の実家の近所も下の写真のように、もみじが赤く美しくなっていましたので、
下の写真にしてみました。

紅葉もみじ


なかなか沖縄に居ては、見られない光景ですが、
欠点は紅葉の時期はすでに寒いということです。
寒いのが苦手な私は、もうすこしで体調不良になるとこでした。
やはり、寒いのは苦手だということを再認識した次第です。
寒さを感じても良い!という方は、覚悟を決めて内地へお出かけなさいまし。
私は寒いので逃げ帰ってきました。
もう花粉の時期が終わる5月ごろまでは内地に行きませんよ。



関連タグ : 紅葉, もみじ,

2010年12月

寒くなる前に帰省したのですが、
内地はやっぱり寒かった・・・という記事を先日書かせていただきました。
そんな寒い中、やはり出歩いては、うろうろし、
人の多さに改めてビックリし、とても疲れました。

東京の原宿に行ったところ、
裏の道沿いに、とても落ち着いて過ごせる雰囲気のカフェを見つけました。
その名も“632”と言います。

お店の入口には、近隣で採れたのでしょうか。
新鮮な野菜が置かれ、売られていました。

店内は、表のオープンな部分と、お店の中の部分に分かれていて、
外のエリアは愛犬を連れて来てもOKな様子で、何匹かのかわいい犬が来店中でした。

ここでは、パスタをいただき、しばしの間ゆっくりと・・・
だって一歩出れば、そこは原宿の雑踏の最中なのですからね。
パスタにパンもおいしく頂きました。

内地に来て、原宿を歩き疲れたら、こんなカフェもありますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。
もちろん他にもいろいろなカフェがありますので、
ご自分で散歩&散策がてら探してみるのも、また面白いですね。

“632”で検索してみると、このお店のページにたどり着けます。

カフェ632 原宿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。