FC2ブログ

沖縄のパン屋さん

ここでは、「沖縄のパン屋さん」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


北谷町にある、パティスリーのお店キャッスル
いつも国道58号を走っていて、気になる存在のお店でしたが、
このたびついにシュークリームと、生クリーム入りのメロンパンをゲットしました。
このキャッスルのお店は、以前は、今は沖縄銀行の場所にあったようですね。それが移転したらしいです。
他にも沖縄のあちこちにあるようです。
私は、他にも宜野湾で見たような気がします。

北谷にあるこのお店の中は、ちょっとした喫茶コーナーもあって、
ここで、ケーキセットも食べることができるようです。
ケーキは指定されたものしか食べられないようですが、少しはお得感はあるかもしれません。
また、お菓子の詰め合わせなんかも売られていました。
こちらはちょっとしたお土産になるのでしょうか。

さて、お家に帰ってから、早速食してみました。
シュークリームは、ごくごく普通のシュー皮で、中にはカスタードクリーム。
問題なく無難な味でした。

キャッスルシュークリーム

もう一つの、生クリーム入りメロンパン。
こちらは、甘党派にはとてもお勧めですね。
メロンパンの中は、通常カスタードクリーム入りか、もしくは何も入っていない。
または、メロン皮にチョコチップが混ぜてあるなど、
様々なバリエーションはあると思われます。
が、生クリームはとてもナイスなアイデアです。
メロンパンと生クリームがこれほど合うとは・・・。という感じですね。
いやあ天晴れでした。

ぜひ、食べてみる価値はあると思いました。




関連タグ : キャッスル, 生クリームメロンパン,

イッペコッペラスク


写真にあるこのラスクはとても美味しかったです。

先日書いた「豆の木」に行った際に、
このパン屋さんである「ippe coppe」にも立ち寄り、
ラスクを購入した次第であります。

ここのパン屋さんは、
他に食パンや、スコーンなども販売しているのですが、
驚きなのは、かなり材料に凝っているということです。
北海道産「はるゆたかブレンド」という小麦粉や、大宜味村の天然水などなど。
小さなお店の案内カードを貰ったら、そうゆう材料を使用しているという、驚きの情報が書かれていました。
とても食の健康に良さそうですね。

今回は行った時間も少々遅かったせいか、
食パンは完売した後だったので(残念)、結局ラスクを買いました。

このラスクも、おうちで頂きましたが、
ラスクのために焼き上げた食パンを使用とあってか、
口の中でとろけていくような食感のたまらない、美味しさでした。
これなら満足です。甘さも程よく・・・

「ippe coppe」ではパンの全国発送も行っているみたいなので、
お歳暮にどうかな?と個人的に考えておりますが、迷いますね。
まだ時間があるので検討してみることにします。

早いもので、今年ももう11月下旬です。
沖縄にしては寒くなってきました。
なんて書くと、内地の人に怒られるかもしれませんので、このへんで。


関連タグ : ippecoppe, ラスク,

パリのパン屋さん宜野湾

パリのパン屋さんボンジュールと言えば、
おんな道の駅の2階にある店舗が有名ですが、
なんと宜野湾にもオープンしていたんですね。

雑貨屋さん「そ」に行った時に、立ち寄ってみました。
お店の前に駐車場は2台。
しかし心配は無用です。道を挟んで反対側にも、専用の駐車場があります。
駄目なら、そちらに停めましょうね。

お店に入ると、目の前のショーケースの中においしそうなパンがズラリ。
どれにしようか迷ってしまいます。
結局、チョコチップと、ベーコンとホウレン草のキッシュを選び、
カフェコーナーでいただくことにしました。

このお店も外人住宅を改装したのでしょうか。
カフェ気分でゆったりと寛ぐことができました。
お客さんはしょっちゅう出入りしてるんですが、
奥まった所がイートインのコーナーになっているためか、何故か静かで落ち着くのです。
本でも読んで、気分転換するには最高の場所ですね。
パンもおいしく頂きましたが、別に注文したオーガニックコーヒーがとても美味しかったです。
有機栽培のコーヒー豆使用とありました。どこ産の豆なのでしょう。

他にも、ティータイム食べ放題のセットもあり、
その場合はシュークリーム食べ放題、コーヒーor紅茶飲み放題となるようです。
時間は確か14時30分から18時くらいだった気がしました。
コーヒーは多分オーガニックではないと思うのですが、このスペースで寛ぐには、このセットで十分ではないでしょうか。
次回行ったら試してみようと思いました。
似たような感じで、モーニングもやってるみたいなので、そちらも機会あれば。

おんな道の駅の姉妹店でもあるため、パンはとても美味しいです。
地図はこちら→地図

関連タグ : パリのパン屋さんボンジュール, パン, ティータイム, 食べ放題,

やっと行くことができました。
読谷村座喜味にあるパン屋さん「水円」(すいえん)。
前から行こうと思っていたのですが、なかなか呼ばれずでしたが、
どうにか今回呼ばれ、行く機会に恵まれました。

水円にて

座喜味城の近くとでも言えばよいのでしょうか。
場所は、とある森のの中に佇むとでも形容できる場所にあります。
駐車場は少し離れた場所にありますね。

この「水円」はパンがとても美味しいという評判ですので、
楽しみに出掛けて行きました。
が、何と「パンは売り切れです。申し訳ありません」とのこと。
がっくり肩を落とす我々を見かねたのか、「あっ、セットのパンならまだありますよ」と声を掛けてくれました。
「やったーこれで食べれる~」とばかり、
早速珈琲と一緒パンのセットを注文したのでございます。

かくして運ばれてきたパンは、期待を裏切らない美味しさでした。
天然酵母ということで、クセのない味。素朴なパンそのものの味ですね。
これにオリーブオイルがまたよく合います。

店内は天井が高く、開放感があって寛げます。
この日はあいにくの雨で、しかも夕方でしたので、少し暗かったのですが、
石油ストーブの火にぬくもりを感じました。

今度はもっと早くに来て、他のパンをしっかり食べようと思いました。
午前11時くらいには焼き上がるみたいですので、その頃に行くとちょうど良いかもしれません。

ちょっと夕方で暗めに写りましたが、また神秘的?な写真を1枚。
水円

関連タグ : 水円, パン屋, 読谷村,

うるま市石川にある“プティフール”というケーキ屋さんに寄りました。
場所は、329を金武向けに走って、車線が1車線になる少し手前の左側。
プリモキッチン石川店の隣となります。

前からここを通るたびに、気になっていたお店でしたので、
チャンスを狙っていたところようやく行けました。
プティフール
まだ新しそうで綺麗な外観のお店です。
赤瓦が良く目立ちますね。

店内は喫茶スペースもあって、何人かの方が寛いでおられました。
ケーキ、チョコレート、パンもあります。
地名にちなんだと思われる“東山ロール”がとても気になったのですが、
今日のところは、ミルフィーユとマロンの2つをゲットして帰りました。
本当はここで食べてみようかとも思ったのですが、時間切れにつき次回に譲ることに。

おうちで頂いたケーキは、意外なほど甘さが抑えられていて、食べ易かったですね。
上記2種以外は試していませんのでよくわかりませんが、甘すぎるのが苦手な方はよいのではと思いました。
好みの問題にもなるんですが、他のケーキの甘さはどの位か気になるところではあります。
私は甘党ですので、甘い分には問題ないのですが・・・

次回も、この“プティフール”の前を帰り道に通りがかったら、是非とも購入したいですね。
どこかに行く時だと保存が効かない恐れがあるので、テイクアウトせずに食べるしかなかもしれませんが。
それと、食パンとかも気になりますね。




関連タグ : ケーキ, パン,