石垣島情報

ここでは、「石垣島情報」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石垣空港


2010年7月

ようやく念願の石垣島に行きました。
この石垣島の空港は、とてもスリリングな着陸を味わうことのできる空港なのです。
何故かというと、滑走路が1500mしかないにもかかわらず、
ジェット機が離着陸しているからなんですね。
那覇空港の滑走路が3000mなのですから、その半分です。
なので、着陸時にはものすごいブレーキがかかります。

実際に降りてみたら、やはりすごいブレーキですね。
飛行機の車輪が接地と同時に、フルリバースが入り、スポイラーが全て起き上がり、
フットブレーキも目一杯と、飛行機の持てる渾身の力でフルブレーキといった具合です。
体が、いつもより少々前のめりになるのがわかります。

那覇空港や羽田空港だと、もう少し緩やかにブレーキがかかるのですが、
1500mしかないので、やや急ブレーキ気味にしないと停まれないのでしょう。
コックピットから前を見ていたら、あっという間に滑走路の末端が近づいてくるのでは・・・。

何はともあれ、この石垣空港もあと2年足らずで、お役目御免となる予定なんだそうです。
なぜなら、石垣島の白保地区に新空港を建設中で、そちらが完成したら空港機能は完全にそちらに移動となるからです。
そうなると、このフルブレーキ着陸はなくなることになりますね。

なお、もし新空港が完成したら、滑走路も長くなることから、
内地からの直行便も増便されることでしょう。

今もJTA(日本トランスオーシャン航空)が内地からの直行便を飛ばしていますが、内地へ戻る際は宮古か那覇に立ち寄り給油しています。(ANAの福岡便以外)
なぜなら、滑走路が短くて、燃料を満タンにすると離陸できないからなんですねえ。
着陸は飛んできて、燃料を消費済みにつき、燃料が少ない状態になっているので、着陸可能となるのです。
こんなことも新空港開港で解消されるのかもしれません。

石垣島にお越しの際には、この貴重な着陸も味わってみてくださいね。
シートベルトはいつもよりきつめにしておいた方がいいかもしれませんよ。
那覇空港からは1時間弱で到着です。

石垣島一人旅~達人オススメ八重山周遊モデルコース付き~

スポンサーサイト

関連タグ : 石垣島, 石垣空港, 着陸, 新空港, フルリバース, 1500m滑走路, フルブレーキ,

石垣空港ターミナル


2010年7月

フルブレーキ着陸を経験して、石垣島への第一歩を印したわけですが、
この石垣空港について少し書いておきます。

まず、とても小さな空港です。
飛行機を降りたら、自分の足で歩いてターミナルビルへ向かうシステムです。
なので、飛行機の前で記念撮影なんかもできてしまいます。
こんなことは珍しいので、記念撮影をしている方々が多く見受けられました。
しかし、雨の日はどうなるんでしょうねえ。
みんな一気にターミナルビルに駆け込むのでしょうか。

荷物受け取りターンテーブルも3つしかなく、
JTA便でもANA便でも同じ所で受け取りとなります。
ここで荷物を受け取り、ちょっと空港探検に行ってみます。

石垣空港は、主に、JTAANA、到着の3つの建物に分かれています。

まず、ANA側のチェックイン機能のあるターミナルビルは見た目は一番新しい建物で、
お土産屋が1軒と、階上にレストランがあるようです。
ANAの方が離着陸便が少ないのか、人が少なく感じました。
時間帯にもよると思いますが・・・。

それに対して、JTA側ですが、こちらは何だか面白いですよ。
建物は、やや古めに見えますが、
結構活気がある雰囲気で、土産屋の数もやや多いのです。
どんな雰囲気かというとですね、那覇の牧志にある公設市場の中に、
チェックインカウンターと、搭乗口へのセキュリティーゲートがあるようなとでも言いましょうか。
上の写真からは、なかなか伝わらないかとも思いますが、
不思議な空港ターミナルですね。

ANAの利用者でも簡単に、JTAのビルに行くことはできます。
徒歩1分です。
なので、石垣空港でお土産屋さんめぐりをしてみてもいいかもしれませんね。

2012年に新空港ができたら、ここは無くなってしまうのかと考えると、
少し惜しいような気もする、今の石垣島空港でした。


格安石垣島レンタカー







関連タグ : JTA, ANA, 新石垣空港, 石垣空港, チェックイン,

少し石垣島をドライブしてみて感じたことは、
まず、市街地は意外と道が込み入っていて、道幅が狭いということです。

路上駐車も結構たくさんいたりするのと、驚いたことに自転車に乗ってる人が多くて、
歩行者も意外と多いのです。
もちろん、東京ほどではないんですが、
しばらく、沖縄に住んでいると、車で自転車を追い越す機会が、めっきり減ったものですから、
新鮮な感じを受けると共に、何だか恐怖心も感じました。
慣れとは怖いものですね。

石垣の特に市街地は、自転車・歩行者に注意です。
当たり前のことですみませんが・・・。

市街地を抜けると、後は家もまばらな状態になります。
そんな道を走りながら、まずは肩慣らしということで、
バンナ公園に行きました。

市街地から車で20分ほどのところにある、このバンナ公園の展望台に行く予定だったのですが、
レンタカーのカーナビにバンナ公園とだけしか入力しなかったために、
どうやら違う場所に誘導されてしまったようです。
どうやら、ここはバンナ展望台ではなかったようですが、
私の中では、バンナ展望台?ということになりました。
周囲には誰もいなかったので、本当にここがバンナ展望台なのか怪しいものですがね。

駐車場に車を停めて、少し歩くとビルにしたら3階建てくらいの高さの塔があり、
一応登れるようにはなっているので、登って見ると、
それはそれは良い眺めでしたよ。眺望良しです。
写真を載せておきましょう。

バンナから??


このバンナ展望台ではない、違う展望台からの眺めは、どことなく内地のような景色にも見えます。
普段沖縄に住んでいて、山をあまり見ないということもありましょうか。
道路を走っていても、ここが本当に石垣島なのか?と思うこともしばしばです。
遠くの山の景色は、内地のよう、それでいてパイナップルやらサトウキビが植えられているのを見て、
「ああ、やはり南国なんだな」と認識してみたり、それはそれは不思議な感覚を持ったのを覚えています。

こうしたことを感じながら、石垣の旅はスタートしたのでした。



関連タグ : 石垣ドライブ, バンナ公園, バンナ展望台, 眺望良し,

やはり、石垣に来たからには現地の沖縄そばを食べねばならない。
と、考えたので、このお店をチョイスしてみました。
因みに、八重山地方では、沖縄そばのことを「八重山そば」と言うのだそうです。

店の名前は“来夏世”(くなつゆ)と言います。
石垣の名店と言われているこのおそば屋さんには、
かなりリピーターが多いと言う情報を得ていざ向かったのでした。

レンタカーのカーナビに“来夏世”の住所をセットして行ってみたのですが、
わかりにくくて、最初はスルーしてしまいました。
地図は⇒こちら
石垣小学校のすぐ隣となりますね。
来夏世”小さな看板を見つけやっとのことでたどり着きました。
駐車場も、店を小学校とは反対側の方に、5台分くらいのスペースがあります。


来夏世のそば

こちらが、ジューシーセットです。
この“来夏世”の八重山そばはとてもあっさりしていて、
気候が暑い中でも、スルスルッと食べられてしまいました。
麺は丸い形をしています。
ジューシーも、美味であってピパーチの新芽入りとかで、
しつこくなく、これまたあっさりなのでした。
当然、どちらもあっという間に平らげてしまったのは、言うまでもありません。
リピーターが多いのも納得ですね。

食べている間にも、お客さんが途切れることはなく、席は常に満席状態。
地元の方も、観光客もたくさん来ていましたよ。
ジューシーは、私たちのすぐ後に品切れ状態になりました。
早く来ないと、ジューシーなどのご飯ものは、品切れになってしまうことが多いのかもしれません。
食べてみたい方は、お気をつけくださいね。

あー本当に美味しかった・・・・。
また石垣島に来たらここで、食べたいなあと、そんな風に感じて、
とても満足したのでした。



関連タグ : 来夏世, 沖縄そば, 八重山そば, ジューシー, そばだし,

ANAインターコン石垣


石垣島へ飛行機で飛ぶ際に、窓から見えるという、
ANAインターコンチネンタルホテル石垣リゾート。
空港からほど近いところにある、このホテルは、本当にリゾートに来たと言う気分にさせてくれます。

私は残念ながら飛行機の窓から、このホテルを見ることはできませんでしたが、
近くを飛ぶ飛行機を見たので、おそらく見えるんでしょうね。
今日の風向きからしたら、那覇方面へ向かう飛行機の左側からだと見えるはずなんですが・・・
どちらの側の窓側席を取れば、いいのかは、その日の風向きで変わるので、
運次第ということにもなってきますね。

さておき、このホテルの話です。
駐車場に車を停めて、宿泊者ではないけれど、ちょっとお邪魔させてもらいました。
正面玄関で、「おかえりなさいませ」と声を掛けられ、
一歩中へ入ると、ピアノの生演奏が聞こえ、吹き抜けになったロビーは開放感があり、
この時点で、ああリゾートに来たなあ・・・という気分にさせてくれます。

この日は、ウェディングが何組かあった模様で、
それらしき親族の方々が、寛いでおられました。
沖縄でのウェディングもそれはそれで、憧れてしまいますよね。
海外ウェディングに憧れて、できそうもないという時に、
救世主のごとく現れるのが、この沖縄でのウェディングなのかなあ。
なんて思ったりもします。
沖縄本島でも、挙式をするカップルが増えているという話も、たまに耳にしますからね。
またさらに南の石垣島なんて、さらに魅力が増してきますね。

また話が逸れていきましたが、
やはり石垣でリゾートと言えば、このホテルの名を知っている方も多いと思われるだけあって、
そんな期待を裏切らないのが、このホテルに違いない・・・
などなど、宿泊もしていないくせに、偉そうなことを書いてしまいました。

ビーチもあるので、思う存分満喫することはできるでしょう。
これからのシーズンは混雑すると、思われるので、予約は早目がよいと思われます。


関連タグ : ANAインターコンチネンタル石垣, 挙式, 海外挙式, 飛行機, ウェディング,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。