沖縄のカフェ

ここでは、「沖縄のカフェ」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真壁ちなー

真壁ちなー。

南部に行く時によく立ち寄るお店です。
戦禍を運よく逃れたという、古い琉球民家を利用した、茶処です。

雰囲気はとてもよく、座敷形式なのですが、ついついのんびりしたくなるはずです。
よくぞ、戦禍を逃れてくれたね。と建物に声を掛けたくなります。
沖縄戦時に激戦が行われたこの南部の場所にありながら、残っていたの奇跡なのではないでしょうか。

そんなお座敷で、ありがたくいただく沖縄そば。
とっても美味しいですよ。
デザートも充実しています。

南部の観光に行かれる際には、ちょっと休憩がてら寄って見るのもよいかも知れません。
駐車場も第2まであります。

レンタカーの場合、ナビで誘導されると思います。
道中に標識もあります。


真壁ちなー
営業時間:11:00頃~18:00頃まで
定休日:水曜日(その他不定休)
電話:098-997-3207
住所:糸満市真壁223番地
スポンサーサイト
カフェ ロギ

沖縄市与儀にあるカフェロギ(Roguii)に行って来ました。
外人住宅を改装した、民家のようなカフェです。

中に入ると、とっても落ち着く雰囲気になっていて、カフェの他に雑貨やパンなども販売しています。

この日はランチで行ったので、豚肉のトマト煮を頼んだのですが、結構ボリュームがありお腹が一杯になりました。

置いてある雑誌などを読んで、のんびりと結構な時間、長居をしてしまいました。
とても落ち着く雰囲気ですので、時間が経つのを忘れてしまいます。
自分で持っていった本などを、少し読んでみるのもよいかもしれませんね。

場所はややわかりにくいのですが、国道330号線のライカム交差点から、県道85号線を高原向けに入っていきます。(那覇から来たらライカム交差点を右折)
そのままずっとまっすぐ進み、坂を下った突き当たりの手前、右側です。
駐車場もあります。


Roguii(ロギ)
沖縄県沖縄市与儀1663
098-933-8583
遠くまで来てしまった。
沖縄にもこんな山奥の立地があったのね。と感心してしまいました。
内地には、こういう山奥の感じはありそうですが、沖縄にもあったんですね。
本当に嬉しくなりました。

メニューも手作りピザがあったりして、とても美味しいです。
周囲はとっても静かで、本を読んだりして、のんびり過ごすのがよいでしょう。
まったりとできます。

雑貨なども扱っていて、養蜂もやっているそうです。
たんかんも作っていたり、本当に自然のなかでいろいろ食物を育てて、食べていく。
何だかいいですねえ。
こうゆうところに、暮らしてみると不便も多いものの、それなりに今までわからなかった自然のありがたさが、よりわかるようになるんじゃないかな?ある意味人間の本質を知ることができるんじゃないかな?と直感的に思ったりしました。

しゃしくまーる

ただそれは直感的であって、実際にやるとなると、それはとても厳しいことの繰り返しなんだろうなあと、自分の愚かさをも感じた次第です。

帰り道は、また狭い林道です。
今度は県道14号に抜けました。
途中には源河川という川が流れていて、夏にもなればこの川で泳いだりして遊ぶ人が多いと聞きました。真夏の川の水は冷たくて、さぞかし気持ちの良いことでしょうね。

また、しゃしくまーるに行きたくなりました。
ハコニワ


カフェのご紹介です。
名護にある”ハコニワ”です。

一番初めは、県道を走ってい、偶然発見したのですが、その後はだんだん有名になり、今では大盛況なのではないでしょうか。
以前に沖縄スタイルの雑誌でも紹介されていました。

古い民家を、オーナーご自身の手で改装して、カフェにしたそうです。
そのため、そこかしこに手作りの良さが漂い、ついつい長居をしてしまうカフェです。
雑貨も少々置いてあったりして、こう何かのんびりさせてくれるという雰囲気が好きな方には、うってつけです。
都会の喧騒を忘れるのもいいかもしれません。
ここで読書のひと時もいいですね。
地元の食材を使ったランチも見逃せません。

場所は県道84号線を来て、伊豆味パイン園のちょうど反対側です。
名護市内から来ると、左に分岐します。
とても小さなハコニワのかわいい看板があります。
中山交差点を越えたら、左側を要注意です。

古宇利島 フクルビより


古宇利島の話を書いていて、気になるのがフクルビです。
フクルビというカフェですね。

昨年2008年の7月に古宇利島を訪れた時にはあったのですが、その後閉店してしまいました。
また復活すると聞いていたので、その日を楽しみにしていたんですが、その後何回か古宇利島に行ってもフクルビの看板を見つけることはできませんでした。

が、最近”フクルビ”でネット検索をかけてみると、どうやら復活したようだとわかりました。
場所は若干変更されているようですが、古宇利島の中のようです。

以前の場所は、橋を渡って少し行った所から、右に入って坂を登ったところにあったのですが・・
とても見晴らしがよく、古宇利大橋全体が見渡せて、変わり行く海の色を見ながら、しばらくボーっとしていたのを覚えています。

犬が2匹いて、人懐っこく寄ってくるので、思わずかまい倒して遊びました。
オーナーも店員さんも、感じがよくて、また来ようと思っていたのですが、それっきりですねえ。
今回ネット検索で、復活がわかったので、また遊びにいってみようと思います。

旅で沖縄に来る皆さんも、古宇利島は海がとっても綺麗ですので、行ってみる価値はありますよ。
お勧めです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。