FC2ブログ

沖縄のカフェ

ここでは、「沖縄のカフェ」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


久しぶりに、カフェロギにご飯を食べに行きました。
今回は夜になってから行きました。
営業時間は22時までとのことでしたので、ちょっと急いで向かうことに・・・

里芋と豚肉の煮物を食べました。
メインのプレートには、玄米とサラダ、ちょっとした酢の物などが、もう一つのお皿には煮物が載ってきました。
ボリュームは十分すぎるくらあって、しかもなかなかヘルシーな感じです。
玄米か白米か選べるのですが、普段玄米はなかなか食べないので、食べてみました。
少し歯ごたえがあり、よく噛んで食べることになるので、逆に体には良いのかもしれません。
よく噛んで食べる行為は、健康への第一歩とか、何かに書いてありました。

夜のロギの雰囲気は、なかなか良いですね。
前はお昼に来た時は、結構混んでいましたが、今日はどうゆうわけなのか、空いていてとても静かです。
とてものんびりできました。

ロギの場所は、大通りからはちょっと奥まっているので、わかりにくいのかもしれません。
やや道より上にカフェがあって、しかも坂の途中というのが、よりわかりにくいのかもしれませんね。
行く時には、安全運転で、あせらずゆっくり探してくださいね。

以上ロギ(Roguii)の報告でした。


宜野湾市の大山にある、スコーン屋さんのJardan(ジャーダン)です。
場所は、58号線を那覇から来たら、伊佐交差点で左折、坂を下りていくと少し大きめな曲がり角があります。そこをさらに左折していくと、右側にあります。
マンションの1階部分です。

駐車場は1台分しかないのですが、美味しいスコーン屋さんとあって、皆さん路上駐車している様子です。
但し、警察からの指導も入っているようですので、買いに行く際は気を使いましょうね。
時間帯によっては大変な賑わいになりますから。
とても美味しいお店ですので、なるべく迷惑が掛からないところに停めましょう。

種類は、チョコチップ、カマンベール、クリームチーズなどのスコーンがあります。
どれをとっても美味しいですよ。
売れていくそばから、どんどん焼いているようですが、本当に在庫というか材料がなくなり、生産不能になると、その時点で終了となる模様です。

店内は甘い香りが漂い、待っていてもそれほど気になりません。
コーヒーも一緒にTake outできます。
一応テーブルもありますが、注文を待っているお客さんが、座っていたりします。

遠くの方は、通りがかった時に。
観光の方は、どこかへ行く途中のおやつにいかがでしょうか。


Jardan(ジャーダン)
沖縄県宜野湾市大山3-23-1メイキャッスル1F   098-890-3736

沖縄本島の南部地域に、カフェくるくまはあります。
南部というと戦跡の多い地域ですね。
沖縄の歴史を学ぶというのも、これまたひとつの観光ということにもなりますね。
忘れてはいけないことと思います。

さて話がそれてきましたので、もとに戻します。
カフェくるくまは、南部の久高島を眺めることのできる、高台にあるカフェで、眺めは最高です。

車で那覇から来ると、ニライカナイ橋に行く途中にカフェくるくまはあります。
車を停めてから、「むかし館(夢可視館)」という名の資料館みたいなところを抜けると、カフェくるくまがあります。
むかし館は、アンモナイトなどの化石が多数飾ってありました。

カフェくるくまは、カレーとタイ料理がメインです。
カレーも普通のカレーからタイカレーまであります。
台風カレー風速70mなんてネーミングのカレーもあり、その名のとおり風速70m級に激辛なんだとか・・・
私にはとても食べられそうにもありません・・・・
超辛党の方は、挑戦してみてもいいかもしれないですね。
普通の辛さのカレーもありますので、ご安心ください。

タイ料理も、なかなか美味しいです。
トムヤンクンもあって、ソムタム、タイ風焼きそば、タイ風チャーハンなんかもありました。
とにかく予想以上にメニューは豊富です。
どれを選んでいいのやら・・・という感じになり、かなり迷います。
優柔不断な方は要注意ですよ。
恐るべし、カフェくるくまです。

食後はぜひ、久高島を遠望してください。
天気が良ければ、海の青さも相まって、とても心穏やかになることでしょう。

カフェおうち


宜野湾市には、カフェが多いのです。
そのうちのひとつの、カフェプラスモアおうちに行って来ました。
おうちカフェです。

おうちカフェは、ややわかりにくい場所にあるのですが、
探し当てて行く価値は十分にあると思われます。
ちょっとした冒険みたいな感じになりますけれどね。

場所としては、58号線の大謝名からアクセスするのがわかりやすいかと思われます。
地図はこちらをクリック⇒地図
宇地泊交差点からも行けますが、ややわかりにくいかもしれません。

今回はランチを頂きました。
鶏肉のソテーなど、何種類かありましたが、私は鶏肉をチョイスです。
シークワーサーを使ったソースがまた美味でした。満足です。

このカフェプラスモアおうちは、靴を脱いで上がります。
個室もあったりして、本当に自分のおうちの部屋に居るような錯覚に陥ります。
本当に寛げますね。
個室が空いていたら、迷わずそこの席をゲットしたいですね。
あまりの居心地の良さに、思わず雑誌など読み耽り、長居をしてしまいました。

建物は外人住宅を改装したものなんですが、
やはり独特の雰囲気をもっていて、昔の懐かしい時代を思い出させてくれます。
外人住宅は構造上、内部の改装はしやすいのかもしれませんね。
最近、浦添などでは、こういった外人住宅を改装したお店が流行っているとか聞きます。

その名のとおり、おうちカフェは本当に、自分の家にいるような感じで、寛げるカフェですね。
それと、宗像堂からも近いですよ。

宜野湾市にあるカフェユニゾンです。
58号線伊佐交差点から、普天間向けに坂を登ってくると、左側にあります。

1階には、雑貨などが置いてある、MIX life-styleというお店があります。
この雑貨のお店は、いずれかの機会に記事にすることにして、今回はそこの2階にある、
「カフェユニゾン」ですね。

2階には家具屋さんもあったりして、入口がわかりにくい感もありますが、
落ち着いて行けば、すぐにわかります。

このカフェユニゾンの店内からは、北谷の町並みが見渡せます。
観覧車なんかも見えたりしてます。よい景色・・・
私は昼間に行きましたが、夜に来たらきっと光輝く北谷の夜景がきれいなことでしょうね。
ぜひとも、窓際の席に座ることをお勧めします。

無線LANも通っていて使用可能なので、自分のPCを持っていって、ネットサーフィンするなり、仕事をするなり、することができます。
コンセントもあるので、充電切れの心配もなさそうですね。
これは、カフェユニゾンならではのありがたいサービスではないでしょうか。

コーヒーは注文後に挽いてくれて、一杯ずつ入れてくれるので、とても美味しく頂けます。
スイーツも○印。
景色を見ながら、置いてある雑誌を見たりして、マッタリと過ごしてしまいました。
そんな落ち着ける雰囲気のGOODなカフェユニゾンでした。
喧騒に疲れた時はよいかもしれませんね。