沖縄交通事情

ここでは、「沖縄交通事情」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄の路線バスは、鉄道がないため、重要交通機関ではないでしょうか。
それにしても、満員で走るバスは少ないですね。
私が見かけるバスは、いつもガラガラにすいている気がします。
おそらくバス会社は、路線バス部門ではかなりの赤字を出しているのではないかと、心配になりますね。

そんな路線バスですが、ほとんどの人が車を利用するので乗っているのは、学生さんくらいでしょうか。朝に見たことがないので、どの程度通勤利用があるのか、確認はできていませんが。

バスの車両も内地の会社が使っていた中古の車両を、譲り受けて塗装し直して走っているタイプが多いようです。
神奈川県の神奈川中央交通や、横浜市営バス、川崎市営バス、東京だと都営バス、関西だと京阪バス、神戸市営バスなどの、中古車両が走っています。

謎は最終バス。
沖縄ではバス停に時刻表がないことが多いので、利用する人はどうやって最終バスの時刻を把握しているのだろう?という疑問が前からありました。
時刻表はバス停にあっても、風雨で文字が消えており、判別不可能や、もともと時刻表が装着されていないこともあります。
地元の人に聞いても、みんなバスはほとんど利用しないということで、確信を持てる回答を得られていないのが現状です。
誰か知っている人いませんか?

移住後、あまりないとは思いますが、最終バス利用時には、注意が必要かと思いますので、念のため。


日本最大級サイト◆ホームアドパーク◆

ライフスタイルに合わせて「わがまま条件検索」

スポンサーサイト
沖縄にも高速道路があります。
このことを言うと、ええっー!と驚く方もいますね。
沖縄の島は、結構小さいと思われてる方も多いようで、美ら海水族館と首里城はご近所であるか、それほど離れていないと考えていて、真相を知ってびっくりされます。
因みに那覇から美ら海では、交通事情にもよりますが、2時間以上はかかりますね。

結構大きな島ですので、高速道路もあります。
沖縄自動車道と那覇空港道です。
那覇空港道は最近無料になったようで、料金はかかりません。

ETCを利用した場合は、ちゃんと割引も適用されています。
例えば、今日(2009年7月11日)、石川ICから那覇ICまで利用したら、本当は600円のところ、ETCを利用したら300円になります。これは休日特別割引です。
その他の、深夜割引やら通勤割引なども適用になります。
沖縄も例外ではありませんよ。ちゃんとNEXCO西日本の管轄です。

沖縄に住んでいる方も、レンタカーを借りる方もETCさえ付いていれば、高速道路利用時には例外なくETCの様々な割引を受けられます。
レンタカーにもETCの装着された車両も増えてきましたね。
沖縄にも高速道路はちゃんとあり、しかもETC割引も使えるとなると、少し高速を利用してみようかなという気にもなるのでしょうか???

問題は車載器ですね。
ETC車載器の購入助成制度は、規定台数に達したため終わってしまいました。
また今後に期待しましょう。


沖縄県の那覇に乗り入れている国際線の一つに、香港エクスプレス航空があります。
那覇~香港間を飛んでいます。
1997年に設立された比較的新しい航空会社です。

この香港エクスプレスが、那覇~香港間を現在の毎日1便(週7便)から、週9便に増便する可能性があるようです。(2009.7.10付 琉球新報)
世界的な不況の中、日本の国内線は軒並み乗客が減少している中での明るいニュースです。
日本に来る中国人観光客のビザが解禁されたことを受けての増便とのことで、頑張ってもらいたいですね。
那覇空港には、他にも、ソウル、上海、台北などにも国際線のフライトがあります。

因みに国内線の沖縄路線の旅客輸送は5.7%減(2009.7.11付 琉球新報)
で、8ヶ月連続で減少しています。
日本の各航空会社は、逆に減便を迫られるかもしれません。

そんな状況ですので、どちらかというと、この香港エクスプレス航空は、中国からのお客の搭乗が多いかもしれません。
沖縄の観光客も減ってきていると言われているので、海外からの誘致は必要になるのでしょう。
こうゆう理由から、沖縄の観光産業は、この新興エアラインに期待してもいいのではないでしょうか。

もっと沖縄を外国の方に知ってもらいたいですからね。

2009年8月7日付けの、沖縄タイムスによると、日本航空が東京~沖縄線の減便を決定したとありました。

現在は東京~那覇は1日12.5往復の運行ですか、これを1日11.5往復にするとのことでした。
往路12便、復路13便を各1便ずつ減らす計画らしいです。
どの時間帯の便を減らすのかまでは、わかりませんが、これから沖縄をもっと盛り上げていこうという時期なのに・・・少しショックな内容です。

飛行機のダイヤは機材繰りの都合なのか、東京中心に組まれていて、沖縄から東京へ向かうには、実質的に朝の8時の便しかないのが実情です。
ビジネス需要としては、機材はジャンボじゃなくてよいので、もう少し沖縄発の朝便の充実を図るなどの気配りが欲しいですね。
ただ、沖縄となると、どうしても観光需要に目が行きがちになるのでしょう。

航空運賃が高いという節もあります。
東京~那覇の航空運賃を、特割や旅割でよいので、もう少し安くならないのでしょうかねえ。
関西~那覇の運賃と差がありすぎるような気が・・・・

景気後退により、財布の紐がより固くなる中、観光需要の落ち込み⇒航空需要の落ち込み⇒航空各社が採算割れして減便か廃止または運休といった流れになるのでしょう。
今の世の中大変になりましたからね。

今後沖縄の観光需要を、どうやって伸ばすか・・・
非常に難しい問題ですね。
沖縄に旅行で来て、純粋に路線バスのみを利用している人はどのくらいいるのでしょうか。
今の時代の沖縄旅行は、ほとんどがレンタカーを利用されることが多いと聞きます。

確かにレンタカーは、自分の好きなように動けますから、行動範囲もぐっと広がりますよね。
どこへでも好きなときに自在です。
とても便利なものですので、ついついレンタカーを沖縄で利用してしまうことでしょう。

しかし、路線バスも健在です。
以前にもこのブログで、路線バスについて書きました。
やはり、ほとんどの路線が空気輸送をしておるようであります。

なので、そんな状況を見て沖縄を感じてもらえたらと思いました。
おそらくとっても不便に感じてしまうと予想できますので、路線バスの旅は全日程の一日くらいにとどめておいた方がよいでしょう。

きっと運転手さんから話しかけられて、親切にしてもらえますよ。
移住したいと考えている方は、移住をしたら、もしかしたら路線バスを使わざるえないかもしれない・・・
そんなことも考えると、市民の足となっている路線バスがより身近に感じられることでしょう。
移住の下見や、観光でもぜひ一度路線バスに乗ってみてはどうでしょう。

那覇バスターミナルや、バスの営業所に行くと、沖縄本島の全路線を網羅したバスマップが無料でもらえます。結構上等なものですよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。