日常生活

ここでは、「日常生活」 に関する記事を紹介しています。
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕日

こんな夕日は、沖縄では珍しいです。
これでも、水平線の上には雲があって、沈む太陽を見えなくしています。
本当にきれいに水平線上に沈む太陽を見られる日は、年間で何日あるのでしょうか。
きれいに見える日でも、用事があって見れない。仕事で見れない。などなど。

沖縄って意外と快晴の日って少ないのです。
常夏のイメージとも少し違うのです。

ただ空が広い。
海がきれい。透明感のある、マリンブルーとでもいうのでしょうか。

こういった環境が、すぐ近くにある。
これだけでも贅沢と思うのは、私だけでしょうか。

こういった環境をまず知るために、沖縄への旅行をお勧めします。
非日常が、日常になります。
それが移住のよいところか、とも考える今日この頃です。

こういった視点から、沖縄移住の検討をされてもよいのではないでしょうか。

毎日更新!全国の賃貸物件情報サイト★物件数は日本最大級の約85万件!
スポンサーサイト
よく内地と沖縄の食事情について聞かれることが多いのですが、
沖縄のスーパーマーケットで、売っているものも冷静な目で見ると、内地とそんなに大差はないんです。

確かに島豆腐やら、こちらでしか売っていないような島野菜なんかもたくさん売られていますが、
基本的に、内地と同じような食生活をしようと思えば、できます。

ほとんどのスーパーは内地と品揃えは、ほとんど一緒です。
若干の物価の違いで、内地よりも高いとか、安いとかそういった差はありますが、内地で食べていたようなものは、揃えようと思えば問題なく揃います。
ここら辺を気にされている方も多いようですが、問題はないですよ。

ただ私は沖縄料理が好きですので、沖縄料理の回数は増えましたが(笑)

ただし、大きなスーパーが近所にない場所に移住をご希望される方は、この限りではないと思います。
そういう場所では、近所の商店だと、手に入りにくいものもでてくると思います。
そういったところで生活したことがないのでよくわかりませんが、2週間に1回とかの買出しは必要になるのではないでしょうか。
そんな時は、便利で仕方のない内地とは事情は異なることが予想されます。

こんなことも考えながら、沖縄移住の参考にしていただけたらと思います。


沖縄中北部リゾートステイ最安値ツアー



私自身の心配事として移住してからは、物が手に入らなくて困るのではないかというのがあったのですが、心配とは裏腹に急速に物欲が減ったと思われます。
自然に癒されてるからなんでしょうか。

無理して、内地でしか手に入らないものを買おうとすると、沖縄は送料が高くて大変です。
沖縄と離島は取扱できないといった商品も、たまにあったりします。
沖縄本島だったら、郵送物は問題ないと思うのになあ、と感じたりします。

でも、物は無ければ無いなりに快適に生活できます。
なので、これから移住してこようかと、お考えの皆様は、特にこれといって者に関して心配はないのではないでしょうか。

ただ、郵送料が高いということだけは頭の隅においてくださいね。
郵送料を考えなければ、この時代はネットでいくらでも買い物が出来ます。

その他にも、安く送る方法もあります。
ゆうパックだったり、エクスパックだったり、ゆうメールだったり。
今後いろいろご紹介していけたらと思います。


日本最大級サイト◆ホームアドパーク◆

ライフスタイルに合わせて「わがまま条件検索」

交通標識??


GWも後半に近づきました。

最近はよくレンタカーを見かけます。
レンタカーは”わ”ナンバーといって、沖縄500 わ ○○-○○ とひらがなの部分が”わ”なのですぐにわかります。

沖縄に住んでみて、本島内を運転してみて、危ないと思うことも多々ありました。
合流する時とか、わき道から大きな道へ出てくる車とか、後はバイクの動きですね。
急にわき道からビュンと出てきたり、怖いものがあります。まあ停まってくれはするんですが・・・。

レンタカーの動きも危ないことがあります。
カーナビの操作のために、道の真ん中とか、ありえない所に停車してみたりと、結構ひんしゅくをかってます。
とにかく道に迷ったりしたら、安全な所に停まるようにしましょう。

地元のうちなんちゅに言わせると、レンタカーの動きはありえないとのことで、
旅行者に言わせると、地元のバイクが危ないとか、まあ平行線になってしまうんですね。

まあみんながそれぞれ気を付ければいいということで、無難な結論をしておきます。

それと”Y”ナンバー。
この車は米軍関係者の車両です。
もしこれらの車と事故を起こしてしまうと、米軍の憲兵隊もやって来て、沖縄県警と共に現場検証という非常に厄介なことになります。
移住したばかりの方、旅行者の方は、くれぐれも安全運転でお願いします。

今日は沖縄交通事情を書いておきました。

ではまた。


日本最大級サイト◆ホームアドパーク◆

ライフスタイルに合わせて「わがまま条件検索」

沖縄には本屋さんが少ない気がしますが、気のせいでしょうか。

内地では結構たくさんあって、本屋が多いなあと思ったりもしたものですが、沖縄だと本屋さん自体が少ないなあと、いつも思います。

私は本をよく読む人なので、こちらに来てからはどうしているかというと、通販で本を購入しています。

よく使うのはAmazon、BOOKOFF-online,e-BOOKOFF,などでしょうか。
BOOKOFF系統は、1500円以上買うと送料が無料になるので、遠い沖縄に住む私にとっては、とっても重宝しますね。
さらにセゾンカードを使うと、永久不滅ポイントが7倍とか付きますので、ポイントを貯めてマイルに買えて無料航空券なんてのもありです。無料航空券を得る方法

Amazonは品数は多いものの、中古の本を買う場合は、1冊につき340円送料がかかるので、どうしてもの場合だけ利用しています。新品だと1500円以上買えば送料は無料になります。

あとはBOOKOFFのお店に直接行きます。
沖縄にも何店舗かあります。
場合によっては、目的の本が置いてありますが、品揃えの豊富さからいくとやはり、内地のBOOKOFFの方が量はありますね。
帰省した時に、まとめて買っておき、ゆうパックで送ってしまうのも一つの手として使っています。

今回は本についてでした。
ではまた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。