FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


2010年7月

炎天下の石垣市内中心部をウロウロしていると、
公設市場のあるアーゲードを発見したので、日陰を求めてその中へフラッと吸い込まれました。
こちらの商店街は、お土産屋さんがひしめいていて、
お土産をいろいろ見ながら、ついでにクーラーの冷気にあたれるとあってか、
結構な人数の観光客の方が入っておられました。

何かお土産を買って帰らなければならないのでいろいろ見ていましたが、
沖縄本島に住む私にとっては、どれも見慣れた物、本島でも買えそうなものが多くて悩んでしまいました。
結局、石垣島のちんすこうとかにして、誤魔化してしまいましたが・・・
しかし、内地から来た方は、どれをお土産にしても大丈夫ですので、ご心配なく。
沖縄産のものを買えばの話ですが・・・

自分の中ではお土産の候補に上がっていたのが、
実は、本題にもある“辺銀食堂石垣島ラー油”なのですが、
こちらのラー油は非常に入手困難な状況にあるのです。

どう困難かというとですね。
出回っている数量が少ないのに、大人気だからです。
辺銀食堂で直接買うのが一番確実なんですが、朝から配る整理券を貰わないと買えません。
もしくは、辺銀食堂である金額以上食事をしないと買えません。
それでも買えるのは、1人1本までみたいです。

他の場所、ANAインタコンチネンタル石垣や、那覇空港で売っているのも見かけましたが、
価格が高くて手が出ませんでした・・・
もうプレミアがかなり付いていて、とてもとても・・・という感じになっていますね。

こうなると、どうしてもこのラー油を食べたくなるのが人情なのですが、
やはり、今回の旅では入手不可能でした。
そこで、どうしても買いたい人は、朝から整理券をゲットするのが、一番確実ですね。
となると、石垣市内の辺銀食堂の近くにホテルを取るしかないと思われます。

朝の何時くらいから、どのくらいの行列になるのか、
今回は調査していないので、何とも言えませんが、
早起きを強いられることは間違いないでしょうね。
しかし、このラー油のためなら、早起きも価値あるものになるはずですよ。

詳細は、「辺銀食堂」で検索してみてくださいね。
全国の小売店の情報なんかも出ていますので、ぜひチェックを。
それではまた。





スポンサーサイト



関連タグ : 辺銀食堂, 石垣島ラー油, ラー油, 公設市場, ,

食べるラー油

なかなか、食べる機会を逃していた“食べるラー油”についてです。
かなり流行していましたが、
最近は下火になったのでしょうか。

夏に石垣島に行った時に、辺銀食堂の石垣島ラー油でちらっと書きましたが、
あの幻のラー油は未だに手に入りません。

そこで、どうしても食してみたいという欲求にかられ、
今回は「石垣島食べるらー油 石垣牛入り」を購入してみました。
これは道の駅などのお土産屋さんで普通に購入できると思われます。

早速、食べてみましたが、
これはかなり美味しいですよ。

フタを開けるとすごい油ですので、
こぼさないように注意しながら、スプーンなどでそっとかき混ぜ、
下に沈んでいる牛肉、島とうがらし、にんにくなどの具を上にもってきて、
油と一緒にご飯の上に盛り付けます。
そしてご飯と一緒に食べるのです。

最初は脂っぽい味と、具の牛肉などの味がしますが、
やはり最後には辛味が口いっぱいに広がり、
それがご飯と合うので、どんどんご飯がすすんでしまいました。
辛さはめちゃくちゃ辛いわけではなく、
程よい辛さですので、辛いのが苦手な方でもいけると思われますが、
あとは好みの問題になりますね。

らー油をかけすぎると、ご飯が油っぽくなってしまうので、
少しずつかけては食べ、かけては食べを繰り返すのが、
良いのかなあとか思いました。

食べるらー油は沖縄のお土産屋さんには、
いろいろな種類のものがたくさん並んでいますね。
じっくり検討してご購入を。


  


関連タグ : 食べるらー油, 辺銀食堂, らー油, 石垣島,