FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


まだオープンして間もないと言える“ゆんた市場”。
場所は読谷村の読谷飛行場跡地にあるのですが、そこでご当地バーガーなるものがあるいう情報が入り、
では行こうということで行ってみました。

ゆんた市場の入り口の脇に、ちょっと座れるスペースがあり、
そこにパーラー形式になっているお店があります。
自分で窓を開けて、中にいる人に声をかけて注文するユニークな形式を取ってるんですが、
ここには
紅豚バーガーともずくコロッケバーガーの2種類のご当地バーガーがあるのです。
あまり有名じゃないと思われるので、当ブログにて紹介させていただきますね。

で、早速試食して参りました。
ゆんた市場ご当地バーガー

写真では大きく見えますが、脇の壁に貼ってありあまり目立たないので、
行ったらよく探してくださいね。
窓を開いて中にいるお店の方に注文します。
今日は2つともお願いしました。

ゆんた市場ご当地バーガー2
待つこと5分。
2つの種類の異なるバーガーが出てまいりました。

まず、紅豚バーガー。
これは100%紅豚で、テビチも入っているという手作りハンバーグが挟み込まれています。
ハンバーグ自体はやや小さめですが、噛めばよく味が出でくるので、
ハンバーグ単体で食べたくなりました。
次にもずくコロッケバーガー。
こちらは沖ハムが開発したコロッケだそうで、
意外にあっさりしていて、すっと食べてしまいますね。もう1個いけそうな感じです。
ほとんどもずくの味はしません。
下の写真はもずくコロッケバーガー
ゆんた市場ご当地バーガー3

まさか読谷村のゆんた市場に、このようなご当地バーガーがあるとは思いもよりませんでしたので、
試食に行けてよかったです。
値段も手ごろですので、興味のある方はどうでしょうか。
読谷あたりに来たら、おやつにバーガー、ご飯に沖縄そばなんていう行程もありですかね。

ユニークなご当地バーガーの紹介でした。



スポンサーサイト



関連タグ : ご当地バーガー, 紅豚, もずく, ゆんた市場, 読谷,