FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


石垣空港


2010年7月

ようやく念願の石垣島に行きました。
この石垣島の空港は、とてもスリリングな着陸を味わうことのできる空港なのです。
何故かというと、滑走路が1500mしかないにもかかわらず、
ジェット機が離着陸しているからなんですね。
那覇空港の滑走路が3000mなのですから、その半分です。
なので、着陸時にはものすごいブレーキがかかります。

実際に降りてみたら、やはりすごいブレーキですね。
飛行機の車輪が接地と同時に、フルリバースが入り、スポイラーが全て起き上がり、
フットブレーキも目一杯と、飛行機の持てる渾身の力でフルブレーキといった具合です。
体が、いつもより少々前のめりになるのがわかります。

那覇空港や羽田空港だと、もう少し緩やかにブレーキがかかるのですが、
1500mしかないので、やや急ブレーキ気味にしないと停まれないのでしょう。
コックピットから前を見ていたら、あっという間に滑走路の末端が近づいてくるのでは・・・。

何はともあれ、この石垣空港もあと2年足らずで、お役目御免となる予定なんだそうです。
なぜなら、石垣島の白保地区に新空港を建設中で、そちらが完成したら空港機能は完全にそちらに移動となるからです。
そうなると、このフルブレーキ着陸はなくなることになりますね。

なお、もし新空港が完成したら、滑走路も長くなることから、
内地からの直行便も増便されることでしょう。

今もJTA(日本トランスオーシャン航空)が内地からの直行便を飛ばしていますが、内地へ戻る際は宮古か那覇に立ち寄り給油しています。(ANAの福岡便以外)
なぜなら、滑走路が短くて、燃料を満タンにすると離陸できないからなんですねえ。
着陸は飛んできて、燃料を消費済みにつき、燃料が少ない状態になっているので、着陸可能となるのです。
こんなことも新空港開港で解消されるのかもしれません。

石垣島にお越しの際には、この貴重な着陸も味わってみてくださいね。
シートベルトはいつもよりきつめにしておいた方がいいかもしれませんよ。
那覇空港からは1時間弱で到着です。

石垣島一人旅~達人オススメ八重山周遊モデルコース付き~

スポンサーサイト



関連タグ : 石垣島, 石垣空港, 着陸, 新空港, フルリバース, 1500m滑走路, フルブレーキ,

石垣空港ターミナル


2010年7月

フルブレーキ着陸を経験して、石垣島への第一歩を印したわけですが、
この石垣空港について少し書いておきます。

まず、とても小さな空港です。
飛行機を降りたら、自分の足で歩いてターミナルビルへ向かうシステムです。
なので、飛行機の前で記念撮影なんかもできてしまいます。
こんなことは珍しいので、記念撮影をしている方々が多く見受けられました。
しかし、雨の日はどうなるんでしょうねえ。
みんな一気にターミナルビルに駆け込むのでしょうか。

荷物受け取りターンテーブルも3つしかなく、
JTA便でもANA便でも同じ所で受け取りとなります。
ここで荷物を受け取り、ちょっと空港探検に行ってみます。

石垣空港は、主に、JTAANA、到着の3つの建物に分かれています。

まず、ANA側のチェックイン機能のあるターミナルビルは見た目は一番新しい建物で、
お土産屋が1軒と、階上にレストランがあるようです。
ANAの方が離着陸便が少ないのか、人が少なく感じました。
時間帯にもよると思いますが・・・。

それに対して、JTA側ですが、こちらは何だか面白いですよ。
建物は、やや古めに見えますが、
結構活気がある雰囲気で、土産屋の数もやや多いのです。
どんな雰囲気かというとですね、那覇の牧志にある公設市場の中に、
チェックインカウンターと、搭乗口へのセキュリティーゲートがあるようなとでも言いましょうか。
上の写真からは、なかなか伝わらないかとも思いますが、
不思議な空港ターミナルですね。

ANAの利用者でも簡単に、JTAのビルに行くことはできます。
徒歩1分です。
なので、石垣空港でお土産屋さんめぐりをしてみてもいいかもしれませんね。

2012年に新空港ができたら、ここは無くなってしまうのかと考えると、
少し惜しいような気もする、今の石垣島空港でした。


格安石垣島レンタカー







関連タグ : JTA, ANA, 新石垣空港, 石垣空港, チェックイン,

2013年3月7日に
新石垣空港が開港することになりました。

石垣島にある空港は、滑走路が1500mと短く、
ジェット機が運航するには様々な制約がかかっていました。
が、新空港は滑走路が2000mとなるため、
中型機まで運航できるようになります。

これで石垣島にも、さらなる観光客が訪れることになるでしょう。
今年の夏はまた今までとは違った石垣島が見られるかもしれません。
空港の所在地が変更になったことで、市街地までの距離が遠くなってしまったので、
レンタカーの返却などの時に注意が必要になるでしょう。
今後しばらくの間は、石垣島旅行を計画している人は、空港の変更に気を使う必要がありそうです。
特にリピーターの方は思い込みに注意ですね。

LCC(格安航空)のピーチが6月に関西空港から石垣に乗り入れることが決まっていて、
さらには那覇-石垣間にも9月に就航する予定になっているようです。
ピーチ石垣島の離島路線に参入してくるとなると、
那覇-石垣間でも、スカイマーク参入時のように、
価格破壊が起きる可能性もあり、沖縄の人々もまた旅行しやすくなるかもしれません。

新石垣空港が、今後どのような形で、
沖縄県の観光産業に影響を与えていくのか、注視していく必要がありますが、
一般の旅行者にとっては、旅行代金が安くなることは非常に喜ばしいことですので、
どんどん航空運賃は下がっていってほしいなと、
勝手に考えている私でした。

最後に、1500m滑走路の時の、
石垣空港着陸時の急ブレーキ
・離陸時のエンジン全開後にブレーキ解除のロケットスタート
この2つはもう味わえないのかあ・・・
などと考えると少し寂しい感じもしますが、
安全性や快適性を求めた場合には、
新空港の開港は、地元の人々の悲願であり、強い要望でもあったことから、
とても有難いことなんですね。

今後の石垣島の発展を願ってやみません。

旧石垣空港より


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : 新石垣空港, 石垣空港, ピーチ, 石垣島, LCC,