FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


宮古島へはスカーマークが就航し、航空運賃が安くなったことは以前に書きました。
一方、石垣島にはまだスカーマークは就航しておらず、航空運賃は高いままです。
ただ、石垣に新しい空港が2013年3月に開港予定となっていますので、
それに合わせてスカイマークも就航予定となっており、
果たしてどの位の運賃になるのか、とても楽しみではあります。
今のところ、那覇-宮古が最安値が¥2800ですから、
那覇-石垣となると、少し上がって¥4000弱となるのでしょうか。
いくらになるのかは、はっきりとわかりませんが、
かなり期待してよいのではないでしょうか。

スカイマークが飛ぶまでの間は、
日本トランスオーシャンエア(JTA)と全日空(ANA)の2社のみの就航となることから、
最安運賃は時期にもよりますが、早めの購入で¥7200からとなっているようです。
GWやお盆などピーク時は、もっと上がることが予想されますね。

そこで思いついたのが、宮古を経由して石垣へ行く方法です。
以前に宮古を訪れた時に、レンタカー屋の人が
「スカイマークのおかげで、石垣から那覇に行く人がわざわざ宮古を経由するのよ。安くなるからね。」
と言っていたのを思い出しました。
早速調べてみると、確かに宮古を経由したほうが安くなる場合がありました。

宮古-石垣間は琉球エアコミューター(RAC)しか就航していないので、ANAは使えません。
よって系列のJALで調べることになります。
検索方法は普通にJALのホームページから、那覇-石垣で検索します。
すると最初は直行便が表示されますので、やや上のほうにある「乗継便」というタグをクリックして、
乗継便の表示に切り替えます。
乗継便は、2つの区間を合計した金額が、那覇-石垣間の航空運賃ということになるので、注意が必要です。

結論としては、
早めの予約の場合は、直行便の方が安いです。
例えば、今が3月21日。出発が5月21日の例ですと、
JALの先得割引の使える28日前までは直行便の方が安いです。
出発日27日前以降1日前までは、宮古経由の乗継便の方が安くなります。
当日は直行便の方が安くなります。
となると、27日前から1日前までが乗継の方が安くなることになります。

注意点としては、
那覇-宮古間はスカイマークを利用することもできますが、
この場合は、宮古空港で荷物をいちいち取り出して、チェックインし直す必要があり、
遅延した場合には、乗り継ぎを待ってはくれないというリスクもあります。
それに宮古-石垣間は飛行機も小型のDHC-8-100という39人乗りの機体ですから、
満席になる可能性もあります。

うまく自分の予定と合えば、宮古経由を検討してみても面白いですね。
しかし、これも新石垣空港開港までのお話になるでしょう。
早く那覇ー石垣間の航空運賃が安くなればいいなあ・・と期待しております。
しかし、安くしすぎて航空会社が倒産するのも困りものですから、そのバランスが難しいですね。






スポンサーサイト



関連タグ : 宮古, 石垣, 乗継, JAL, ANA, 琉球エアコミューター,

前に、那覇から石垣島へ行くのは、宮古を経由したほうが安くなる場合があると書きました。
石垣島へ安く行く方法を参照ください。
その記載どおりに、石垣島の帰りは宮古経由を利用してみました。
本当は行き帰り共に宮古経由にしたかったんですが、
都合上行きは直行、帰りは経由便という形になりました。
それでも、今回は往復直行便よりも航空運賃が安くはなりました。

行きは、JTAの那覇からの直行便であっという間に石垣に着陸し、
短い滑走路の急制動着陸の迫力を味わい、所要1時間ほどでしたが、
宮古経由の場合はどんなに早くても2時間くらいはかかります。

まず、石垣発18:45のRAC838で宮古へ向かいます。
飛行機は小型のDHC-8-100で39人乗り。
しかし意外にもこの便は混雑していてほぼ満席の状態。
短い石垣空港の滑走路からの離陸ですが、小型プロペラ機だけあってジェット機ほどの迫力はなし。
30分ほどで宮古空港に着陸となりました。

次の接続便の那覇行きも同じ飛行機なのですが、ここ宮古空港でいったん降機となり、
ターミナルビル内へと誘導されます。
那覇行きも同系列のRAC便に乗り継ぐことになるので、荷物は那覇までスルーとなりますから、
ここで預け荷物には一切触りません。
ターミナル内で自由に出発まで過ごせます。
しかし、乗継時間30分くらいしかないので、そんなにのんびりするというわけにもいきませんが、
ちょっとお土産を買うことくらいはできるでしょう。
なお、ここでスカイマークやANAに乗り換えたりする場合は、荷物を一旦受け取ってから、
チェックインしなおさなければなりませんので、注意が必要です。

今回は、再びRAC(琉球エアコミューター)804便に乗り換えて、那覇に向かいます。
石垣から宮古まで連れてきてくれたのと同じ機体です。
客室乗務員の方も同じ方でした。お疲れ様です。
小型の飛行機は、快適な飛行で那覇空港に着陸しました。
石垣から那覇まで宮古経由で所要約2時間。他の便を選んだらなら、もう少しかかるかもしれませんが、
これで航空運賃が安くなるとしたら、悪くはないと思いました。
ただ、直行便は確かに楽ですから、好みの問題にもなるでしょう。

と、こんな方法もあるのでした。


関連タグ : RAC, 宮古, 石垣, 乗り継ぎ,

2013年7月10日にスカイマーク石垣へ就航するようです。
石垣島は新石垣空港が開港したので、
滑走路長が2000mになったこともあり、
ボーイング737-800型での運航が可能になったので、
スカイマークがついに就航することになったのでしょう。

もっと早くに就航すると思われていたのですが、
やや遅れましたが、夏のシーズンには間に合ったという感じですね。

これで、石垣への就航便が増えることから、
西表など周辺離島への利便性が高まることは間違いないでしょう。

気になる運賃ですが、
なんと成田空港から石垣島へ直行便が就航し、
7月10日はWEB割21で、12800円となっていました。
(調べたときは売り切れ)
まあ、お得な料金ですね。
神戸からも石垣への直行便が就航します。
7月10日は同じくWEB割21で、12800円でした。
(調べたときは空席4でした)

6月14日に関空から石垣へ就航するピーチなどは、
6190円からの設定ですので、
スカイマークの12800円が安いかどうかは、各個人の判断になってきますね。
今後、沖縄にもどんどんLCCがやって来ることでしょうから、
それが周辺の離島路線までにも及び、
運賃が安くなる可能性はありますね。

気になる那覇-石垣間ですが、

スカイマーク
那覇-石垣は、乗り継ぎだと4000円、普通運賃は5000円の設定のようです。
ピーチ
9月13日から那覇-石垣に就航しますが、
運賃は、ハッピーピーチで3290円からとなっており、
スカイマークとの運賃バトルになりそうですね。

沖縄県在住者にとっては、LCCの就航はうれしい限り。
自分たちも旅行に行けて、他の場所からもやってくる人が増える可能性があります。
今後の沖縄振興にどう影響していくのか、目が離せませんね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : LCC, スカイマーク, ピーチ, 石垣, 新石垣空港,

2013年もいよいよ夏の到来ですね。
少し早めに梅雨明けしたというニュースを聞きました。
6月14日の午前中に沖縄気象台から、梅雨明けの発表が。

5月はかなり雨が多かったのですが、
6月に入ってからというもの、
沖縄本島地方は雨が少ないなあ・・・と思っていましたが、

ある晴れの日の空を見上げると、
曇の形がすっかり夏らしさを帯びていたので、
ああ、もう梅雨明けしたに違いないなと勝手に思ってました。

うちの近くに空がデーンと見える場所があるんですが、
ここに行って空を見上げると、
なんとも癒される感じがして、
自然の素晴らしさを体感できます。
梅雨明け空

さて、梅雨明けもしたと同時に、
ピーチ石垣島へ就航しました。
6月14日でしたので、まさに梅雨明けと同時就航ですね。

これで、離島にもLCCが入ってきました。
ピーチは9月には那覇-石垣間も開設予定です。

スカイマークも石垣へ就航しますから、
今後が楽しみです。
国際線にもLCCの就航が待たれるところです。

夏になった沖縄を楽しんで参りましょう。
みなさんに幸せが訪れますように!



ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 梅雨明け, ピーチ, 石垣,

内地に住んでいる妹が、
石垣島に旅行に来るということになったようです。
ここで、我々も便乗してしまおう!
ということになり、急遽先島への旅行計画が浮上しました。

よく話を聞いてみると、
石垣島と西表島に行きたいというではないですか。

我々は、仕事の関係上日程的に3日間休みは厳しいということになり、
2日間の日程で西表島のみ、
妹たちと一緒に行こうという算段になりました。

沖縄に住んでいると、
朝一番の便を使って石垣に飛び、
帰りは、できるだけ遅い時間の便を利用して那覇に戻れば、
1泊2日でも十分に西表計画は可能と判断しました。

そこで、
行きはJTA601の那覇発初便(7:35発)を取りましたが、
石垣空港に着くのが、8:30。
離島桟橋方面の路線バスが、8:45発。
これで離島桟橋へ移動。
離島桟橋には、9時半頃到着予定。
西表島の大原港行き高速船は、9:45発の石垣島ドリーム観光

これって、かなり際どい行程ですよね。
かなりバタバタが予想されます。

ちょっと飛行機やバスが遅れでもしたら、
たちまち9:45の船には、間に合わない・・・
という事態が発生します。
1泊2日の行程で、この遅れは確かに痛いですが、
ダイヤ上組めることになっているので、
トライしてみて、ダメなら仕方がない・・・という気持ちでいきましょうね。

本当は、LCCピーチを使いたかったのですが、
那覇-石垣は、午後の出発。
帰りの石垣-那覇は午前中の出発ということで、
現地滞在時間が大幅に少なくなることから断念しました。
ハッピーピーチが3290円(片道)からと、かなり安いのですが、
今回は、ピーチは諦めました。

しかしながら、ピーチ就航のおかげで、
他社の運賃も、以前よりは下がってきているので、
よい傾向ではないでしょうか。

西表島の旅については、
行ってきたらアップしたいと思います。お楽しみに。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : LCC, ピーチ, JTA, 石垣, 西表島, 石垣島ドリーム観光,