FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


2011年6月にインドへ行ってきて、
それから、しばらくの間は夜勤の仕事をして、
相変わらず昼夜逆転という生活をしていたんですが、
自分の中で何かが変化していきました。
沖縄移住生活も3年目を向かえていました。

当時は、スピリチュアル的な本にもはまりつつあり、
また瞑想座禅といったことにも興味を持ち始めていた時期でもありましたので、
気づきへの道へまっしぐらといった形でした。
今となって考えてみると、まだまだ自分の中に芯なるものができていなかったのですが、
その芯ができるという基礎が形成されている時期であったのかとも思えます。
そこへインドがある意味引き金となったのかもしれません。

インドから何を得たのか?
何が気づきをもたらしのか?

これはインドに限らず、海外に行くとよく感じられることなのですが、
日本のことが外からよく見えるようになるということです。
日本の国内に居ると、内からの視点でしか見ることができないのですが、
国外に出てみると、外から日本が見えるので、また違った日本を見ることができるのです。

インドでは貧しい人々もたくさん居て、
タクシーに乗っていて信号待ちでもしようものなら、必ず乞食がやって来ては、
窓を叩いたりして「お金を寄こせ!」と言ってくるのです。
この状況には本当にびっくりします。
初めてインドに行った時には心底びっくりしたものです。
お金って何だろう?
この人たちはいったい普段は何をしているのだろう??乞食か仕事??
とその状況に対して何も対処できない自分が居て、何だか変な気分になったりと・・・
というかどう対処してよいのやら・・・
とても考えさせられることが多いのです。

結論を急ぐと、
比較するのもどうかと思うのですが、
こうしたインドの人々からしたら、自分たちはいかに恵まれているのだろう。
自分たちが考えて、悩んでいることなんて、この人たちからしたら大した問題ではないのではないかと。
いったい、何に悩むというのだろうか?
いったい、何が悩みや問題なのだろうか?
という疑問が沸き起こり、言葉を失うのでありました。

日本国内にいたら、いかに日本は快適で過ごしやすくて問題がないということには、
なかなか気が付かないのかもしれませんね。

そういったことを改めてインドは教えてくれた気がします。
しかし、今の日本の現状を見ると、必ずしも日本人は幸せそうではありません。
対して、そんな状況下でも、快活に、幸せそうに生活しているインド人を見ていると、
この状況でもインド人は幸せに生活する何かも持っているに違いないとも思えてきます。

必ずしも物質的に豊かであることが、
大きい意味での幸せに結びつくものではないのではないか?
というところまで議論は進んで行ってしまうのでした。

と、インドから「幸せ」って何だろうか?
という所まできてしまいましたが、
こんな大きなことは、いっぺんには語れませんから、
また沖縄移住後の気づきについてに次回から話を戻しましょうか。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



スポンサーサイト



関連タグ : インド, 沖縄移住, 座禅, スピリチュアル, 瞑想, 気づき, 乞食,

座禅をしてみたら

沖縄移住後に人生に悩み、様々な考えが交錯していく中で、
一つの突破口としてヨガを始めたことは前に書きました。
ヨガは私にとって精神状態を安定させるのに、非常に役に立ちましたが、
やはり心の中で何かが引っ掛かっていたのです。

そこで、ヨガを経て、
こうした生き方、いわゆるスピリチュアルの話に興味を持ち始めた時から、瞑想を始めました。
瞑想をすることによって、気分が落ち着き、何やら人生そのものが微妙に変化してくる。
との考えから始めました。
事実、いろいろな本を読んでいると、様々な瞑想の教えや、瞑想をして心を落ち着けることが、どんなに大切かなどと書かれているものですから、そんなに素晴らしいならやってみようということになったわけです。

ところが、気づきはそう思っているとなかなかやっては来ません。
やって来て気がつくどころか、どんどん遠ざかっていくような気がしたものです。
気づきたいと思っていたりすると、なかなか気が付かないものなんですね。
なんでもそうじゃないかなあと、最近思いますよ。
だって、大したことじゃなくても気が付く時って、「あっ」とふとした時ではないですかねえ。
こんな感覚は私だけでしょうか?

そこで、瞑想ではなく座禅をしてみようという気になりました。
正確には座禅もやってみたいという気になったという方が正確かもしれません。
般若心経もやっと空で言えるようになったし、少しお坊さん気分になってみるのも悪くないかな。
なんて軽い気持ちです。

般若心経をなぜ覚えようかと思ったかというと、
きっと何かお経には深い意味があって、少しでも理解すれば、
自分が何かに気がつくのではという期待も、意識の奥の奥ではあったのかもしれません。
確かに「気づき」って何だろう?って思っていたところはありましたから。

沖縄で座禅をやっているお寺はそれ程多くはありませんが、
ネットで検索してみてから、行ってみる事にしました。

瞑想座禅は何が違うのか・・・?
よく考えさせられる問題ではありますが、実のところ私もよくわかりません。
ただ、瞑想は目を閉じるに対して、座禅は目を閉じない、ということくらいでしょうか。

瞑想と座禅の違いはあまり気にせずに
自分が気持ちがよくなるという方をやった方がよいと思いますよ。
こういうことにもこだわりだすと、それはもう自分の自我に入っていってしまいますからね。
自我から抜け出すのが、こうした座禅や瞑想だったりするので、
どちらも本質的に同じだし、結局行き着くところも同じではないでしょうか。
ですので、こだわらない方がいいなあと、私は思うわけです。

結果、座禅は気持ちが良いです。
無の境地まではなかなか達しませんがね。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 座禅, 瞑想, ヨガ, 般若心経, 沖縄移住, 気づき,

2013年4月

このブログは、時間予約というものができるので、
私があたかも沖縄にいるような感覚を持たれると思うのですが、
実は今はタイチェンマイにいるのです。

チェンマイタイの北部にある大きな町。
私はここに16年前に訪れて以来の再訪問となります。
タイには何回も行っているのですが、
ほとんどがバンコクのみ訪れるという状態でした。
タイ入国回数は20回以上はあると思うのですが、ほとんどがバンコク止まり・・・

それにしても、タイの首都バンコクは、ここ最近かなり都会化が進み、
2011年に訪れた感想としては、
かなり発展して、東京以上に発展しているのではないか・・・
というのが正直なところでした。
私が初めてバンコクの土地を踏んだのが、1996年ですから、
そりゃ発展もしますわねえ・・・

他のタイが好きな友人も、同じようなことを言ってましたので、
少なくとも私の仲間内では、バンコクは東京以上に発展している街、いや都市という認識が、
根付いているわけです。

というわけで、今回は都会に少し疲れたというか、
沖縄に移住して、スイッチが都会モードでなくなっているので、
チェンマイにて瞑想でもしてみようかなあ・・・なんて感覚でもって、
訪れてみることにしたわけです。

チェンマイには、お寺が多いので、
ある意味でパワースポットとも言えるかもしれませんから、
いろんなお寺で般若心経でも唱えて、瞑想状態になれば、
何かの気づきをえられるかもしれないなあ・・・
なんて考えも持っているわけです。

人間はまったく知らない場所に行った時に得る刺激は、
かなり脳の活性化に作用すると聞いたことがあります。
初めて訪れる場所、初めて見るものなどは、
脳に活性的な刺激を与えることはもちろん、
人生全般において変化をもたらす何かに出会うことがあるかもしれません。

と、そんな期待を胸に持ちつつも、
沖縄で得られた気づきを胸に、チェンマイに居ようとも、
どこに居ようとも、「いまここ」の状態を維持して、
人生を有意義にし、人生の真理に近づいていきたいものです。

帰国したら、
タイ旅行のブログは、
私の極楽旅行日記というブログに書いていくつもりです。

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : タイ, バンコク, チェンマイ, 気づき, 瞑想, お寺, いまここ,