FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


今月の7月28日に中国の航空会社である、
海南航空」が那覇に就航します。
ホームページで確認してみると、
北京-那覇間を週2便で運航で、木曜日と日曜日の2日間ですね。
時刻は、那覇20:40発⇒北京23:10着
    北京15:00発⇒那覇19:10着
使用機材はボーイング737-800
座席数は150席くらいと思われます。
所要時間は約3時間30分ですね。北京から那覇向けの方が若干所要時間が短いようです。

沖縄から中国を旅行する場合には、到着時間はちょっと遅いですが、
仕事終わってからでもなんとかなりそうな、出発時間ですね。
気になる航空運賃ですが、まだよくわかりません。
就航したばかりで、安い料金はないのでしょうか。

そもそも、この新規就航は、
おそらく、7月1日から始まったビザ条件緩和の措置の一環でしょう。
日本政府が中国人の富裕層を対象に数次ビザを発給し、
その条件が「沖縄に最初に入国すること」となったためです。
最初沖縄から入国したら、あとは何度でも日本の他の空港から入国可能となるビザとのことで、
沖縄観光振興に役立つとされていますが、どうなのでしょう。
初回だけ沖縄で後は、東京などに回ってしまうんでしょうか。よくわかりません。

こうした措置により、今後中国からの那覇への便が増えてくる可能性はありますね。
ただ、中国人客を想定しての就航ということになると、
こちらから中国への旅行客というのは、それほど考えていないのかもしれません。
となると、料金も安くならず、時間帯も日本から行く客にとっては、あまり良い時間帯の出発とはならないかもしれませんね。ビザの関連と絡めて悩ましい就航とならなければいいんですが・・・

那覇の国際線ターミナルが賑わうのは、それはそれでとても良いことなんですがね。



スポンサーサイト



関連タグ : 海南航空, , 那覇空港国際線, ビザ,

沖縄タイムスの記事によると、
来年、2012年1月11日から中国国際航空北京-那覇線を開設するとのことです。
これで、北京線は先行して乗り入れしている海南航空についで2社目ということになり,
1月11日以降は2社合わせて、週4便という体制になります。

スケジュールとしては、
水、土曜日が中国国際航空(CA)
木、日曜日が海南航空(HU)での運航です。
気になる時間ですが、
中国国際航空
北京8:20→那覇12:30
那覇13:30→北京16:10
海南航空
北京15:00→那覇19:10
那覇20:40→北京23:10 となっています。

時間帯で見てみると、中国国際航空の方が使い勝手のよい時間に運航している風にもみえますが、
検討してみましょう。
中国国際航空だと、那覇から昼過ぎにゆっくり出発し、その日は北京で晩御飯が食べられますね。
ただ帰りが北京を8:20発ということは、6:00には空港に着かなければならないことを考えると、
かなりの早起きを強いられることになりそうですね。最終日はまったく使えないことになります。
海南航空はまったく逆で、ゆっくり出発の初日はおそらく北京のホテルに入ったら日付は変わるでしょう。
しかし、最終日は午前中くらいなら現地で過ごせそうです。
なので、結論はどっちもどっちの一長一短でしょうか。

さらに気になる航空運賃ですが、
HISのホームページなどでチェックかけてみますと、
すでに安い料金が中国国際航空については出ていましたが、海南航空はなしですね。
さらに、それぞれの航空会社のホームページで、1月11日以降の日にちで直接予約を試みてみましたが、
中国国際航空は料金が表示されたものの、海南航空はエラーが出て料金はわからずじまいでした。

結果は
直接中国国際航空のホームページからの予約で
1月11日那覇発 1月21日に帰着で ¥45270(燃油込み)
HISで予約だと、中国国際航空¥29000+燃油税など(燃油は別途)となりました。
HISの方は正確な料金を聞いてませんので、詳細は不明です。
しかし、料金は空席状況により常に変動していますから、
購入前には、いろいろ調査してみることをお勧めします。
1つの情報を鵜呑みすると、損したりしますからお気をつけて。

それにしても那覇空港の国際線、だんだん増えてきましたね。
海外からのお客さんは大歓迎ですので、もっともっと国際線ターミナル、賑わってほしいものです。





関連タグ : 海南航空, 中国国際航空, 国際線, 北京,