FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


前に書いた西表島計画ですが、
いよいよ出発を明日に控えて、準備中です。
といっても、1泊ですので、大した荷物はありませんが・・・

まず、那覇を朝一番のJTA601(7時半発)で発って、
石垣島に到着後にバスにて離島桟橋まで移動して、
そこから西表の大原行きの高速船、9時45発に間に合うか・・・?
というところがチェックの対象ですね。
何とかお昼前に西表島に上陸したいところです。

西表島では、
どこまで行けるかは、未知数なため、
ポイントだけは抑えたいなあと考えています。

仲間川浦内川遊覧船
・環境省野生生物保護センター
・由布島
・月が浜
・星砂の浜
・船浮集落(船でしか行けない)
・滝やジャングル

など、数え上げれば、いろいろあるのですが、
今回は1泊の強行弾丸西表ツアーとなりそうな予感です。
欲張らずに行こうかなあ・・・
おそらくは、上に揚げた場所に全部行くのは無理でしょうね。

帰りは、夕方のスカイマークですから、
ちょっと西表を遅くに出ることも可能ですし、
まあ、このブログのネタは、かなり増えることでしょう。
これが狙いでもありますから。

西表島情報なるカテゴリーを作ります。
情報を増やして共有していきましょうね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ




スポンサーサイト



関連タグ : 西表島, JTA, 石垣島, 浦内川, 仲間川, 遊覧船, スカイマーク,

2013年9月

猪狩家でお腹いっぱいにした後は、
すぐ近くの由布島へ向かいます。

由布島へは、船ではなく水牛車にて渡るところが、
観光の売りになっています。
島に渡るかどうかは、決めていなかったので、
とりあえず、車を駐車して様子を見に行ってみました。

由布島は目の前に見えており、
手前に水牛車が待機していて、
「乗りますか?」と声を掛けられましたが、
「まだ、考えます」と一旦保留。

由布島を見やります。↓
由布島_convert_20131027140208

遠浅の海なので、水牛で楽々渡ることができます。

さて、お昼も食べたので、
時間も押してきました。

夕方には、宿に着いてゆっくりとしたいので、
次に進むか、悩むところです。

今後の行程も考えて、
水牛車浦内川の遊覧ボートのどちらを取るかということになりましたが、
熟考の結果、水牛車は諦めて、
島をぐるっと廻って、上原の近くにある、
浦内川の遊覧ボートの15時半発を目指すことにします。

よって、由布島に上陸は果たせませんでしたが、
遠望することができたので、
まあ、良しとしますか。

水牛車で海をわたるというのも、
また乙かもしれませんね。
西表島観光の定番ですので、次回は行ってみたいものです。

水牛車に乗る場合、チケットはこちらで↓
由布島2_convert_20131027140255




ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 由布島, 浦内川, 西表島, 水牛車, 猪狩家,

2013年9月

さて、由布島の水牛車を諦めて、
浦内川遊覧ボートに乗ることにしたので、
15:30発の最終の遊覧ボートに間に合わせねばなりません。

時刻は13:40くらいでしょうか。
約2時間の時間が残されています。
まあ、ドライブしながら行けば、余裕で間に合うでしょう。

というわけで、
西表島の道路を再び走り出しました。

由布島を越えた辺りらからは、
ヤマネコの目撃情報が多いのでしょうか。
途中には、道路がガタガタとなる減速帯があったり、
このような標識があり、
ヤマネコが出てきそうな雰囲気の場所もたくさんあります。
ヤマネコ注意

運転もやはり慎重になりますね。
信号はありません。
海沿いの道なのですが、
山の中を走っているような感覚です。
時折、きれいな海が顔を覗かせます・・
が、やはり運転していると、ヤマネコが気になります。

夜行性のようですので、
昼間はあまり出てこないようですが、
万が一でてきたら・・・と考えると、運転は慎重になります。
夜間は、真っ暗闇でしょうし、
できれば運転しての移動は避けたいですね。
夜は、星でも見ながら宿でのんびりとしたいものです。

途中で立ち寄った「大見謝ロードパーク」からの眺めです。
大見謝ロードパーク


ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : ヤマネコ, 夜行性, 大見謝ロードパーク, 浦内川, 遊覧ボート,

2013年9月

由布島から大見謝ロードパークを経て、
浦内川遊覧ボート乗り場までは、
あっという間でした。

少しボート乗り場に早く着きすぎたようですので、
本日の宿、ヴィラうなりざきに荷物を置きに行きます。

置いて、すぐに遊覧ボート乗り場に戻ったものの、
まだ時間がありました。

川べりの待合所で、しばらく待った後、
遊覧ボートは出発。
浦内川をさかのぼっていきます。
お客さんは、我々のみ。貸し切り状態ですが、
上流に2名のお客さんが待っているとのこと。

各ポイントで、係りの人が案内をしながら、
ボートは上流へと進んでいきます。
浦内川ボート


左右はマングローブの林です。
が、マングローブというのは、本当はヒルギのことで、
マングローブという木は、ないのだそうです。
浦内川ボート2


ほとんどの、ヒルギの種類を、この西表島で見ることができるのだそうです。

どんどん川を上っていくうちに、
生態系も変わり、
ヒルギはみられなくなります。
淡水と海水の入り混じっているところではなく、
完全に淡水になったということなのでしょう。

上流の停車場に着きました。
ここからは、船でさかのぼることは、
できないようです。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 浦内川, 遊覧, マングローブ, ヒルギ, ボート,

2013年9月

浦内川遊覧ボートで、上流の停車場に到着。
当然、周囲には何もありません。
到着ボート

本来は、ここから、さらに上流へ自分の足で歩き、
マリユドゥの滝カンピレーの滝を目指すのですが、
この便で最終なので、これで折り返しとなります。
この便を逃すと、翌朝まで、ここに置いてきぼりという事態になります。

星の写真を撮影するために、
この最終便で来て、翌朝の始発で帰るということをした猛者も居るようです。
星はかなりきれいでしょうけれども、
真っ暗闇だし、どんな動物が出るかわからないし・・・
ちょっと怖いですよね。
遊覧ボートのお兄さんも、さすがにそれは怖いと言ってました。

次回は、姪っ子が、もっと大きくなった来ようかな。
約1時間のトレッキングは楽しそうですからね。

次回は、滝まで行くことにしましょう。
今日は、遊歩道の入口までで、
写真だけ撮って、折り返しとなりました。
滝への路

ここで置いてけぼりを喰らったら、
明日の朝までどうしたらいいのでしょう・・・

帰りは、川下りになるので、少々気分は楽。
とはいっても、浦内川のこの辺りは、
川幅も結構広いので、流れてるって感覚はないですね。

途中で、サギも見かけました。

また、もと来た場所に戻って、遊覧ボートは終了です。
ありがとうございました。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : 浦内川, 遊覧ボート, カンピレーの滝, マリユドゥの滝,