FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


東日本大震災で被災された方に、沖縄県からの朗報があります。

東日本大震災で、沖縄県は、岩手、宮城、福島の3県の被災者の方を、今月から5月末までの2か月間に限り、
沖縄県内のホテルなどで無料で一時避難を受け入れると決定したとのことです。
なお、沖縄までの往復航空運賃も沖縄県が負担してくれるのだそうです。
沖縄県が、沖縄への避難を希望する被災者に、飛行機やホテルなどを割り当てるそうで、り災証明書や被災証明書が必要。最大で約3000人の受け入れ枠があるとのことでした。
ニュースでやっていました。
詳しくは 沖縄県にお問い合わせください。
沖縄県の被災者受け入れ対策チーム(090-3794-0530)
詳しくは沖縄県のホームページから、東北地方太平洋沖地震に関する情報のリンクをたどるとあります。
是非ご確認ください。

もし被災された方がこのブログを見ていたら参考にしてください。
被災地の様子はテレビでしかわかりませんので、自分はこれ以上言う立場にはありませんし、
このような情報が役に立つかはわかりませんが、
情報として、心に留めていただけたら嬉しいです。




 


 

関連タグ : 沖縄, 被災者支援, 東日本大震災,

今年の梅雨は何だか変な感じというか、
雨の量が少なく、しかも気温も湿度も低いという風に感じていましたが、
私の身体がおかしいのでしょうか。
太陽の活動が弱くなってしまったのかな?と考えていたら、あっという間に梅雨明けしましたね~
それから1ヶ月近く経ちました。最近は日にちが早いです。

さて、本題へ。
この日は、沖縄読谷村にある
「浜辺のキッチン もめんばる」に行ってきました。
このカフェは、場所がややわかりにくい所にあるのですが、
海が見えて極めて眺望がよろしく、ゆったり寛げるとの情報を得ていましたので、
行きたいという気持ちはとても強かったので、その願いが叶いました。

場所は、読谷イオンタウンの近く、古堅南クリニックの信号のない交差点を入り、
ずーっと突き進んだ海沿いにあるのです。
近くは米軍のトリイステーションの裏口?のゲートや、木綿原遺跡の跡があります。
地図の方がわかりやすいです。→地図
確認してみてくださいね。
どういう訳か、もめんばるの住所を打ち込んでみると、違う場所が表示されるのです。
カーナビ注意かもしれませんよ・・・
もめんばる3

ランチタイムに行ったので、
サラダ、スープ、ライスは食べ放題のバイキング形式でした。
私が今回注文したのは、グリーンカレーです。
見た目は色が赤くないので辛くないと思ってしまうのですが、
食べた後から程よい辛さが口の中に残り、さらに食が進むといった具合で、
香辛料の良い香りもあい混ざって、とても美味しくいただきました。
ライスによく合うカレーですね。
もめんばる

座席はテラス席もあったのですが、
本日は少々風が強かったので、中の海がよく見える席に座りました。
食べ終わって、コーヒーを飲みながら、
時々梅雨の雲間から現れる太陽の光線によって変わり行く海の色を眺めつつ、
至福のひと時を過ごしました。
海の色はその時その時で変化し決して同じということはないので、
そんなことを考えると自然とは不思議なものだなあ・・・とつくづく感じるのでした。
沖縄の海はきれいだなあ・・・と改めて感じると共に、沖縄に居させていただいていることにも感謝ですね。
もめんばる2

本日はフリーペーパーのyukuruponを持っていったので、
200円引きになりました。
観光で沖縄に来た方も、地元でも読まれているyukuruponというフリーペーパーを探してみてください。
きっと何か有益な情報があることでしょう。


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ




関連タグ : もめんばる, カフェ, yukurupon, 読谷村, 沖縄,

沖縄コザに位置する、パークアベニュー
国道330号線から入って、コリンザという複合施設ビルにぶつかるまでの、
両側にお店が連なった、ちょっとどこかの外国風な匂いというか、空気を醸し出している通り、
それがパークアベニューです。

初めてこの通りを歩いた時は閑散としており、開いているお店も少なく、
少しびっくりしたものです。
今でもひっそりとした感もありますが、これまた良くてじっくり歩いてみると、
なかなか面白お店やスポットも多く、またディープな側面も併せ持つ、
とても多国籍な空気の、ちょっと違った沖縄を味わうことのできるのが、
コザ”という場所なのかもしれません。

そんなコザの街中にあるインド屋は、
国道330号線からパークアベニューに入ってすぐ右側にあります。
インドミュージックが聞こえてきて、
サリーというインドの民族衣装がディスプレイされているお店がそれです。
中に一歩入ると、まさにインドそのものという風情です。

インドのちょっとした食料品や、お香(incense sticks)、インドの雑貨、布、サリー、
などなど、インドのものならここに行けば手に入りそうです。
私は最初は探しているお香に出会いたくて、このインド屋に辿り着いたのですが、
私の探している“black diamond”というお香はマニアすぎるのか、
店主のVictorさんに聞いても、ないとのことでした。
私としては、“black diamond”に出会えず、少々残念だったのですが、
それはさておき、ここは他のお香もかなりの種類があるので、
店主のVictorさんにいろいろ聞きながらお香を選んだら、
きっとあなたの気に入る一品を見つけられるでしょう。

このお店はなんと本場インドのチャイも飲ませてくれます。
チャイとはインドでは日常的に飲まれている砂糖入りミルク紅茶のことで、
インド旅行の時などは、散歩に疲れるとよく飲んでいたものです。
インド屋チャイは、私としてはかなり本場インドの味に近いと感じます。
チャイは、出すお店によってもかなり味は変わるので、一概にどれが美味しいとは言えませんが、
私の好みとしては、このインド屋チャイがおすすめの一杯かもしれません。

店主のVictorさんにお願いすると、
自分の好みに合わせて作ってくれますので、
どんなのがよいか、事前にリクエストします。
最初は、ごく普通のチャイで、紅茶・牛乳・砂糖のみで作ってもらいました。
これはごくノーマルのタイプで、クセもなく非常に飲みやすく、
また甘さも適度でしたので、非常に飲みやすいものでした。

次は、これに香辛料を少し入れて作ってもらいました。
生姜とカルダモンかな・・・が入っていて、ちょっぴりスパイシーだけれど、
これが砂糖の甘さと絶妙のコンビネーションを作り出し、
またインドにいる気分にさせてくれるのでした。

インド屋1

パークアベニュー付近の散歩に疲れたら、
ぜひインド屋でチャイの一杯でも飲んで、つかの間の休憩などいかがでしょう。

次は、もう少しインド屋について書きましょう。

ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ





関連タグ : インド屋, チャイ, パークアベニュー, コザ, 沖縄,

沖縄そばのお店はたくさんありますが、
その中の一つにまた行ってきましたので、報告してみます。
それは番所亭(ばんじゅてい)です。場所は読谷村喜名です。
国道58号線から、県道12号線に入ってすぐに右側にある、沖縄そばのお店です。
お店の前に何台か停められる駐車場がありますが、停められなかったら、
道の駅喜名番所の駐車場が近くにありますので、そちらに周ってみましょう。
番所亭の地図はこちら⇒地図
番所亭2

店内はいたって普通の沖縄そばのお店です。
天井にすだれが貼ってあり、居酒屋のようでもあります。
左右が桟敷席になっており、真ん中にテーブル席がある構造になっています。

この日は、沖縄そば+ソーキ丼のセットBを注文。650円也。
番所亭

運ばれてきた沖縄そばの味は極めてあっさり味で、とてもシンプルな味わいでした。
化学調味料を一切使用していない自家製スープです。
最初は何も入れずに味わい、次にコーレーグースを数滴入れて微妙な味の変化を楽しみました。
コーレーグースはどこの沖縄そば屋さんにも置いてあるのですが、
これは入れ過ぎに注意が必要です。入れ過ぎると辛味が増すばかりか、本来のスープの風味がわからなくなってしまう恐れがありますからね。

なお、麺はそばに「うこん」を練りこんでいるそうです。
身体によいという感じがしますね。
スープも麺も健康志向な感じがする沖縄そば屋さんなのでした。

ちょっとしたお昼後ご飯にはちょうどよいお店かもしれませんね。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 沖縄そば, 番所亭, だし, 沖縄,

沖縄移住後に、ヨガ教室へ通うようになってからも、
気づきに至るまでは、まだまだ長い道のりがありました。
本当は、目の前に幸せというのはあって、
それに気づきさえできれば、それはそれはとても簡単なこと?なのかもしれませんが、
ここに至るまでは、なんとも遠回りをしてしまったのです。

しかし、そんな遠回りでも、こうなるようになっていたし、
遠回りしている間にあったことは全て、自分にとって、他の人にとって必要な出来事だったのでしょう。
それらは、起こるべくして必然的に起こったとも言えます。
それを縁起とでも言うのでしょうか。
このような話をしだすと、だんだん本題から逸れていきますので、次回以降にということで、
このへんにしておきますね。

白隠禅師座禅和讃にも出てくる、
「衆生近きを知らずして遠く求むるはかなさよ」
という一説がありますが、
気づきに至るまでは、まさにこの状態がそれですよ。
この近くというか目の前にあるのに、気がつかなかったという事。
これこそが大事なことなのに、何故気がつかなかったんだろう?
と今になって思います。

ヨガ教室に通いながら、かつ夜勤の仕事をこなしながらの日々でしたので、
普段の生活はボロボロであり、お粗末なもので、
昼間動きたくても眠たくてどうしようもない。したがって行動する気が失せてしまう・・
という悪循環な状態が続いていました。
昼夜逆転がこれほど身体に堪えるものとは、想定外でした。

気づきを得た今の段階では、そんな状況でも全てマインドの世界から来ている、
ただの思い込みに過ぎないということもわかりますので、
もう少し違った対処もできるかもしれないのですが、
当時はそんな事など思いもよらず、ただただ現状に突っ伏すばかりでした。
こんな状況で生きがいなど見つけられるわけはないですよ・・・
などと、現状を作り出しているのは自分であるにもかかわらず、
周りのせいにしている自分が居ました。

自分で夜勤の仕事を選んでいるにもかかわらず、
なんだか自分は悪くない的な要素を含んだ、危ない考え方にシフトしていったのですが、
そんな自分の行動にブレーキを掛ける手はずを整えてくれる人が、登場したのです。

その友人とは当然今も交流があり、大変お世話になっています。
そんな友人が夜勤の職場にやって来てくれたのは、かなりの偶然というか、
かなり貴重な出会いであったのですね。
これもまた人生の中で計画されていて、予定通りなのであるということなのでしょう。

ここから気づきまでは、もう少し時間がかかります。
時間的に見ていくと、1年以上はかかっていますね。
ただ、その間にはいろいろな本を読んだり、考えたり、他の人との出会いがあったりと、
本当にいろいろなことがありました。
これも自分の意識が変化したことにより、引き寄せた結果とも言えましょう。

沖縄移住して、適応障害を引きずったまま、夜勤の仕事をしていくという、
何とも精神衛生上よくない状況下ではあったのですが、
ヨガ教室ではメンターができ、夜勤の職場ではきっかけを作ってくれた友人に出会うという、
実は非常に意味のある人生の一部だったのですね。

すべてはうまくいっている!
すべてのことにムダはない!

この意味が最近は本当によくわかります。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 気づき, ヨガ, メンター, 沖縄, 移住, 人生,