FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


東京の杉並区で沖縄のお店を見つけました。
お店の名前は沖縄倉庫です。
ぶらっと阿佐ヶ谷駅前から伸びる商店街を歩いていると発見しました。
地図は→こちら
商店街パールセンターの中ほどにあたります。
この商店街はかなりいろいろなお店が並んでいるので、
見て周るだけでも見ごたえがあります。夏には七夕祭りも開催されるとのこと。

さて、話がそれてきましたが、“沖縄倉庫”のお話でしたね。
このお店さんは、店頭には沖縄県産の野菜が並べられており、
私にとっては、東京で沖縄県産野菜を目にするとは思わなかったので、
思わず立ち止まってチェックしてしまいました。
“金武産ぶなしめじ”とか“島らっきょう”とかが置いてあるのですから、
沖縄から来たら「何でここに?」と思わず口に出してしまいそうになります。
衝撃的というか感動的ですらありました。

お店の内部は以下の写真のようになっています。
沖縄倉庫


店舗内部手前には沖縄県産品が多く置いてあります。
中には本当に沖縄でしか手に入らないような掘り出し物も置かれており、
そういった商品に関しては、かなり力が入っているようです。
最近のお勧め商品については、オーナーに聞けば、思わぬ掘り出し物を見つけられたり、
また思わぬ沖縄情報が入るかもしれませんよ。

さらにその奥はイートインスペースになっていて、
沖縄素材のランチを頂けたり、カフェとして、またちょっと泡盛を1杯といった機能も兼ね備えているのでした。

こんな素敵なスペースが阿佐ヶ谷にあったなんで衝撃的でした。
沖縄好きな方で東京近郊にお住まいの方、沖縄から東京へ働きに来ている方は、
是非とも足を運んでみてください。
きっと何がしかの情報を手にしたり、懐かしさに浸ることができるかもしれませんよ。
沖縄県産野菜は、内地ではなかなか手に入りにくいと思われますので、
それを見に来るだけでも面白いです。

ホームページはこちら→沖縄倉庫


スポンサーサイト



関連タグ : 沖縄倉庫, 阿佐ヶ谷, パールセンター, 沖縄県産品,

つい最近、やちむんを制作している室生窯へお邪魔する機会がありました。

場所は、名護市稲嶺といって屋我地島の近くになります。
このあたりは昔は羽地村という行政区分だったようですが、
合併して名護市になったという経緯があるようです。名護市はかなり広いのです。

工房自体は自宅を兼ねているので、ここでの直接販売はしていないようですが、
とにかく沖縄の古民家をご自分で改装して、自宅兼工房としていて、
周囲はとても良い環境ですから、ここで集中していればきっと良い作品も生まれ出ることでしょう。

作品をいくつか紹介しますね。

室生窯2 室生窯3
室生窯4 室生窯5

こちらが作業場。
室生窯


今回は、ひょんなことから窯に遊びにいくことになり、
楽しいお話を聞きながら、面白いひと時を過ごすことができました。
ここには、かわいいワンちゃんもいて、とても癒されました。

作品自体もやちむんの良さと、室生さんの独創性が良く出ていて、
なかなか良い器が多いではないですか。
今後、どんどん売れていってほしいものですね。

なお、先日に記事とさせていただいた東京都杉並区にある沖縄倉庫というお店に、
室生窯の作品を置かせていただくことになったという情報が入りました。
すでに店頭に並んでいるという情報が入りました。
室生窯の作品をぜひご自分の目で確かめてみるチャンスです。
写真を見て室生窯の作品を気に入っていただいた方で、
東京近郊にお住まいで杉並区の沖縄倉庫にいける方は、ぜひ行ってみてくださいね。



関連タグ : 室生窯, やちむん, 陶器, 工房, 古民家, 沖縄倉庫,