FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


決意を新たに、移住をとなったら、やることはたくさんあります。

本土から沖縄への引越しは、ちょっと違います。
まず料金が高いのです。海を越えるので当たり前なんですが・・・。

会社からの転勤指示での引越しなら、全額会社もちになるので問題はありません。

しかし、個人的な引越しはとても大変です。
ここでは、個人的な引越しについて焦点をあてて、考えていきます。
まず、全てを引っ越し会社に依頼となると、結構な金額となることがあるので、要交渉ですね。
自分でできる荷造りなどは、自分で全てやるといったほうが望ましいです。

ただ、沖縄で運良く仕事が決まって、もう引越しに掛ける時間があまり残されていない。
というのであれば、経費が掛かっても仕方ないかもしれません。
沖縄では仕事が少ないので、せっかくあり付いた会社に、あまり無理なことは言いたくないという事情もありますからね。
ただ、会社も移住してくるのはわかって採用を決めていると思われるので、入社日などの相談にはある程度応じてくれるかもしれません。

ここでは、まず移住を決意して、1年後に移住とかいう目標があるのなら、家の中の荷物を極力少なくする方向で考えたほうが、引越し時に苦労しなくて済みます。
荷物を減らしたつもりでも、あまり減っていないこともありますので、その辺を念頭においての家の中の整理をお勧めします。

いったいいくら掛かるのか?
検討も付かない方は、下記のようなサイトもありますので利用されてはいかがですか。↓


スポンサーサイト



関連タグ : 移住, 引越し, 沖縄,

海を越える引越しは、ずべてを自分の力ではできません。
レンタカーのトラックを借りて、ちょこっとやりますか。というわけにはいかないんです。

そこが沖縄への引越しの厳しいところです。

引越しの費用はとても高いので、極力安くしていく方法を考えていきます。

まず、荷物を極力減らすことです。
家電製品などは、送るよりも現地で購入したほうが安い場合も多くあります。

引越しにいくら掛かるか、まず何通りかの見積もりを取ります。
(例えば洗濯機がない場合、ある場合などなど)
今、家にある、例えば洗濯機を処分したら、いくらかかるか?またもしリサイクルショップなどに売ったらいくらか?などをよく計算して、一番安い方法を、取得した見積もりと比較して考えます。

もちろんこういったことは、全て手間になりますので、この手間が勿体ない、または時間がないと言う人は、すべてお任せのプランの見積もりをとるしかありません。
金額を知った後で、また考え直すこともできます。

比較的安いと、思われる方法です。↓
ヤマト運輸の引越し単身パックを利用します。
もちろん沖縄も対象地域なので使えます。
もちろん独身の方以外でも大丈夫です。
これに厳選しておいた、どうしても持っていかなくてはならない、大きなものだけ詰め込みます。
できるだけ、大物を詰め込むようにします。

そうしておいて、残った小物は、ゆうパックで送ります。
170サイズ(3辺の合計が170cmまで、かつ重さ30kg以内)が結構使えます。
多く差し出すと、割引になるサービスもありますので、例えば東京~沖縄でも20個送って4万円くらいではないでしょうか。けっこうお得です。

ただ手間もかかるのも事実です。

引越しサービスもいろんなものがありますので、まずは見積もり後比較検討ということになると思います。
それぞれ、個人でも事情は異なりますからね。




関連タグ : 引越し, 移住, 沖縄,

引越しは、本当に大きな問題です。

何しろ家が海を越えて沖縄へ行くのですから・・・。
旅行で行くのとは、訳が違います。
ちょこっと旅行なら、身軽なんですが・・・。

逆に身軽になってポーンと行ってしまって、向こうで全部揃えるというのも一つの手ではあります。

しかし、まだ使えるものを捨てるのも、勿体ないですし、リサイクルショップに売っても二束三文では悲しいものもありますね。
やはり、ある程度の厳選された家具や、家電製品は持っていった方がいいかもしれません。

僕は、家電はほとんど持って行きました。
家具の一部は、捨てるか、もらって貰うか、リサイクルショップに売るなどしました。
でも全然お金にはなりませんでしたね。

いろいろ計算して、悩んだ挙句、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、こたつなどの家電。箪笥とローボードなどの家具。それに布団といった類を持って行くことにしました。

他の小物は、不要なものはフリーマーケットで売るなどして、徹底的に減らしダンボールにつめ、いくつかの衣装ケースと一緒に、ゆうパックで送ることにしました。

プチプチを1ロール買って来て、ありとあらゆるものを、巻いて保護していきました。
これだけでも、相当な時間がかかりました。。。
(つづく)




関連タグ : 引越し, 移住, 沖縄,

先日、沖縄タイムスを読んでいたら、
LRTという路面電車沖縄本島に6路線導入するという、基本計画案があるとの記事がありました。

ご存知の通り、沖縄本島には“ゆいレール”というモノレール路線が1路線あり、
那覇空港から、那覇市内を縫うように首里まで開通しています。
この路線が唯一の沖縄の鉄道?ということになりましょう。
なので、赤嶺駅が日本最南端の駅ということになっています。

「トラムで未来をつくる会」の計画では、
那覇から嘉手納や、うるま市、糸満市、与那原などなど、
各方面へ6路線の計画図が載っていました。
どれも実現したらすごいなあ・・・と思いました。

沖縄本島は車社会ですからね。
鉄道など作っても誰も乗らないとか言われたら、それまでかもしれないなあとも思いますが、
路面電車であれ、ちょっとした高架鉄道であれ、もし開通するならぜひともやってもらいたいですね。
まあ簡単な話ではないですし、本当に利用者はあるのか、その路線で本当によいか、
路面電車の走行による、車への影響などなど、いろいろシュミレーションはしてみるべきではありましょう。
もちろん赤字垂れ流しでは意味がないので、しっかりとしたマーケティングデータの基に、
きちんとした運営ができるのかが一番の問題ではなかとは思います。

ただ、夢のある話ですからね。
もし開通したら、飲酒運転はかなり減るのではないでしょうか。そんな簡単ではないですかね。
もちろん深夜は1時間に1本の頻度で、24時間運行が要求されることになりますが、
これにより、いつでも安心して車の心配なく、飲みに行けるのになあ・・・
とか考えてしまうのは、私の身勝手な想像ですかねえ・・・

と、勝手な妄想記事を書いてしまいました。
読み飛ばしてくださいね。






関連タグ : 路面電車, 沖縄, 24時間運行, LRT, ゆいレール,

読谷村にある花織そばのことです。
読み方は“はなういそば”と読むそうですので、念のため。

この“花織そば”先日ついに行く機会に恵まれました。
以前に1回行ったことがあったのですが、もうずいぶんと前のことでしたので、
ブログに書くには、ちょっと不安があったので、前からもう一度行き直したいなあ・・
と思っていたのでした。

県道6号沿いに位置している、沖縄そばのお店なのですが、
これまた人気店となっていて、お昼時の時間などは、駐車場に車が入りきれず、
路上駐車も出ている状態。非常に大盛況しているのでした。

中に入ると、2階はどうやら団体用の座敷席なんでしょうか?
大人数の方々が案内されていました。
我々は1階のテーブル席へのご案内となったのでした。
雰囲気は地元カラーが強いにもかかわらず、それがまた良いのか、観光客もたくさん訪れているといった感じです。

メニューを見てみると、定食も数多くあり、おそばの種類も豊富、定食も豊富。
沖縄のそばのお店というよりも、定食屋さんのイメージが強いかもしれません。
しかし、私はメニューの中から店の名前と同じ「花織そば」を注文しました。
3枚肉とソーキ肉が両方とも入っているではありませんか。
値段は¥600也。

運ばれてきたおそばの麺は平麺でした。
スープの味は、豚骨なんでしょうかね。それにかつおだしが混ざったような感じです。
しかし、澄んでいて、味も後に残るしつこさではありませんでした。
どちらかと言うと、あっさりになるのでしょうかね。
ソーキ肉と三枚肉は、しっかりと煮込まれていて、とてもよい味でしたね。
まあこうした味覚は人によって変わってくるので、あくまで参考程度までに・・・。

因みに私の連れの頼んでいた、海鮮のたくさん入っているおそばは、とても量が多く、
見たところ、ふつうのおそばの1.5倍はありそうでしたね。
全部平らげては、満腹感を味わっている様子でした。
また来よう!花織そば!と思いました。
次は定食でも食べてみたいですね。





関連タグ : 花織そば, 海鮮, 定食, 沖縄, 沖縄そば,