FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


石垣空港


2010年7月

ようやく念願の石垣島に行きました。
この石垣島の空港は、とてもスリリングな着陸を味わうことのできる空港なのです。
何故かというと、滑走路が1500mしかないにもかかわらず、
ジェット機が離着陸しているからなんですね。
那覇空港の滑走路が3000mなのですから、その半分です。
なので、着陸時にはものすごいブレーキがかかります。

実際に降りてみたら、やはりすごいブレーキですね。
飛行機の車輪が接地と同時に、フルリバースが入り、スポイラーが全て起き上がり、
フットブレーキも目一杯と、飛行機の持てる渾身の力でフルブレーキといった具合です。
体が、いつもより少々前のめりになるのがわかります。

那覇空港や羽田空港だと、もう少し緩やかにブレーキがかかるのですが、
1500mしかないので、やや急ブレーキ気味にしないと停まれないのでしょう。
コックピットから前を見ていたら、あっという間に滑走路の末端が近づいてくるのでは・・・。

何はともあれ、この石垣空港もあと2年足らずで、お役目御免となる予定なんだそうです。
なぜなら、石垣島の白保地区に新空港を建設中で、そちらが完成したら空港機能は完全にそちらに移動となるからです。
そうなると、このフルブレーキ着陸はなくなることになりますね。

なお、もし新空港が完成したら、滑走路も長くなることから、
内地からの直行便も増便されることでしょう。

今もJTA(日本トランスオーシャン航空)が内地からの直行便を飛ばしていますが、内地へ戻る際は宮古か那覇に立ち寄り給油しています。(ANAの福岡便以外)
なぜなら、滑走路が短くて、燃料を満タンにすると離陸できないからなんですねえ。
着陸は飛んできて、燃料を消費済みにつき、燃料が少ない状態になっているので、着陸可能となるのです。
こんなことも新空港開港で解消されるのかもしれません。

石垣島にお越しの際には、この貴重な着陸も味わってみてくださいね。
シートベルトはいつもよりきつめにしておいた方がいいかもしれませんよ。
那覇空港からは1時間弱で到着です。

石垣島一人旅~達人オススメ八重山周遊モデルコース付き~

スポンサーサイト



関連タグ : 石垣島, 石垣空港, 着陸, 新空港, フルリバース, 1500m滑走路, フルブレーキ,

2010年7月

石垣島の東側にあたる地域に“白保”という地区があります。
ここに、新石垣空港が建設されることになっていて、只今工事の真っ最中です。
新空港建設のために、国道390号線も付け替えられており、
カーナビを見ていると、道ではない所を通っていることになっているので、
すぐにそれとわかります。
この時は、ちょうど滑走路の末端にあたる場所で、誘導灯の取り付けが行われているようでした。
開港までもう少しですね。

そんな場所からほど近くにあるのが、
このお店“紗夢紗蘿”(さむさら)です。
国道からだいぶ奥に入ったところにあるので、カーナビで誘導される際に少し不安になりますが、
とても自然でいっぱいの敷地に建つ“紗夢蘿紗”。
とても不思議な空間でした。
国道から入口さえわかれば、標識がありますので、それに従うと着きます。

中に入ると、お茶を出していただき、まるでおうちに帰ってきたような気分になりましたね。
工房も併設されています。
床に敷き詰められているのは、アダンの葉を編んでつくられた丸型の敷物。
この敷物も手作りということで、びっくりしました。
手で編みこむとしたら、とても時間がかかるはず・・・すごい技ですよ。
他にアダンの葉で編まれた草履なんかもあるんですから、驚きです。

他にも、芭蕉布を使った小物やら、洋服やら、やちむんやら、いろいろと雑貨が置いてありました。
きっと雑貨が好きな方は満足するのではないでしょうか。
見ていて飽きないはずですよ。

このお店以外にも、石垣公設市場の近くにも「やちむん館」として兄弟店がありますので、
時間のない方は、そちらに行かれてもいいかもしれませんね。
ただ、この白保の工房は、それはそれはいい雰囲気ですので、一度は足を運んでみてもいいかもしれません。

下の写真のような感じです。↓
紗夢紗蘿





関連タグ : 紗夢紗蘿, 白保, 新空港, アダンの葉, 雑貨, 手編み,

2010年7月

楽しい旅はすぐに終わります。
今回は、結局無計画で始まったにもかかわらず、
竹富島まで行くこともできました。

次回はもっと他の離島も行きたいですね。
やはり波照間島とか狙いたいのですが、波が高いと船が欠航になったりするので、
日帰りの場合は、帰りの船が欠航する可能性もあるというリスクが発生します。
やはり遠い島なのですね。
無理のない日程で訪れてみたいものです。
波照間島に運行している2社のうちの、波照間海運が8月下旬から新造船を就航とのことですから、
欠航率の改善が見込まれているとか。
今度は双胴船になるようですので、揺れ、欠航率共に改善されたらいいですね。

また新石垣空港の開港もあと2年ほどでしょうか。
それまでには、また訪れてみたいものです。
今の石垣空港もかなり味のある雰囲気で、それがなくなるのも寂しい気もします。
皆さんも早目に石垣島に訪れることをお勧めします。

搭乗時も歩いて飛行機に近づきタラップから搭乗します。
新空港はボーディングブリッジになるのでしょうね。
帰り 石垣空港

帰りの飛行機ですが、流石に1500mと短い滑走路からの離陸ということで、
いつもの離陸とは違いました。
私が乗った飛行機は、滑走路の端っこに進み、向きを飛ぶ方向へ変えます。
管制塔からの離陸許可を得ると、ブレーキをかけたままエンジン全開にするような感じで、
一瞬にしてものすごい轟音を響かせ滑走を開始、みるみる加速します。
飛行機の持てる力を全て出すという感じで、滑走し機体が地面を離れると、
すぐに真下の滑走路がなくなり、石垣の市街地になりました。
やはり余裕がないんですね。
こんな形の離陸もあと2年ほどで味わえなくなることでしょう。

新空港の開港後、スカイマークエアラインが乗り入れる予定もあるらしく、
石垣島を取り巻く観光産業は一変する可能性を秘めています。
でも、新空港ができる前に、もう1度、いや2度くらい来たいなあと思いました。





関連タグ : 波照間海運, 新空港, 1500m滑走路, ,