FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


スカイマーク宮古へ就航を果たし、
各航空会社の言わば価格破壊が起きつつあると以前に書きました。
では、沖縄本島から宮古へ行ったら、どんな料金になるのだろう?
ホテルは?レンタカーは?などなど疑問が沸いてきましたので、
自分で実際に具体的な料金を算出してみようと思い立ったわけです。

まず、スカイマークのホームページから航空運賃を調べます。
他の航空会社との比較もしてみます。
すると、スカイマークが最安値だと21日前までに予約するWEB割21を使うと、何と片道2800円ではないですか。
JALやANAだと最安値が3600円くらいから(28日前までに予約)ですかね。
もちろん出発日が近づくにつれてどんどん料金は上がっていくのです。
最高値の普通運賃がスカイマーク7500円、JALやANAだと17500円です。
いずれにしても早めの予約がお得ということですね。
ただし、こうした安い料金で予約すると、キャンセルするとなると高くつきますので気をつけましょう。

次は現地の移動手段のレンタカーです。
宮古島のレンタカー

【沖縄】車両クラス・料金

などで調べてみますと、だいたい1泊2日レンタルした場合、
安いもので普通車で6000円くらいという金額になります。
ガソリン代は別途かかりますが、午前中に宮古に着いて、翌日の夕方まで借りれるとなると、
お得感は高いですよね。

最後はホテル選びということになりますが、
安いところから高い高級なところまで、
様々なランクがありますし、人それぞれ好みもありますので、
じゃらんnet

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

などでお好みの宿をお決めいただくしかないのですが、
ここでは、1泊1名6000円くらいの宿に泊まったとします。
このくらいですと、ごく普通のクラスのホテルにうまくしたら泊まれるでしょう。

まとめてみますと
航空運賃   那覇-宮古往復      5600円 (スカイマーク最安値)
レンタカー   普通車1台1泊2日    6000円 (標準的料金)
ホテル代   普通のホテル1泊     6000円
その他雑費  食事・ガソリンなど   10000円

としますと、合計で27600円(1名料金)という計算になりますね。
2名で行くとレンタカーが半分になり、ホテル代も少し安くなりますが、
雑費が少々増えますので、旅費全体としては若干安くなるということになりましょうか。
なお上記料金はあくまで目安としてお考えください。

航空料金が下がったことによって、旅費自体が安くなったのは間違いないでしょう。
こうした交通網の整備などによって、宮古島をはじめその他の地域も含めて、
もっともっと旅行しやすくなれば、何かの変化が起きてくると思いますので、
今後に期待したいところです。

沖縄本島からだと気軽に宮古島に行けるようになったでしょうか・・・


スポンサーサイト



関連タグ : 宮古島, 宮古, スカイマーク, レンタカー, ホテル,

2011年11月の下旬。宮古島に行ってきました。
スカイマークの航空運賃が安くなったことが大きく影響し行くことにしたのでした。
それにしても、スカイマークの運賃価格破壊の影響はすごいと思いました。

とはいっても、出発はあえて違う航空会社ということで、
RAC琉球エアコミューター)に乗ってみました。
8時30分出発のRAC801便は、DHC-8・Q100という小さな機体で、
ボーディングゲートから直接搭乗ではなく、バスによって機体の近くまで案内されました。

バスから降りて機体を見ても小さいと思うのですが、
機内に入ると、機体の小ささがさらににわかります。
席番号は10番が最後尾で、すぐに行き止まりになります。
おまけに、1番のHとKの席は進行方向と逆向きで、2番のH・Kの座席と向かい合わせなのです。
ボックス席にみたいでグループには良い席ですね。珍しい座席配置です。

ほぼ定刻に滑走路36から北向けに離陸です。
機体は小さいながらも、揺れることは少なく順調な飛行が続きますが、
窓の外は一面の雲が広がり、宮古島の天気が気になるところです。
この飛行機は、高翼機と言って翼が窓より上のほうに付いているので、
どの席に座っても窓から下界を眺めることができます。
席によっては、エンジンが邪魔をして遠くの視界が遮られることもありますが、
真下は見えますので、他の飛行機よりは景色を楽しむことができていいですね。

やがて高度を下げて宮古島へ着陸です。
北風につき南側から進入したため、外を見ていたら海から陸になったと思ったらすぐに滑走路へ着陸となりました。
石垣島の空港とは違って、滑走路は2000mあるので、急ブレーキはかかりません。
ゲートには付けられないので、ターミナルビルから少し離れたところで停止。
エンジン停止の後、ドアが開かれて降機となりました。

歩いてターミナルビルへ向かいます。
この時のいいことは、飛行機の写真が撮れることですね。
なかなか撮れない正面からの1枚を撮って、ターミナルビルに入りました。
宮古島の第1歩ですね。

RAC

因みにこのRACの便ですが、プロペラ機につき、他のジェット機の便より所要時間がかかります。
と言っても1時間で到着しますが、念のため。
ジェット機ならば40分くらいですかね。
と言っても、那覇-宮古島間はプロペラ機はこの1便しかありませんが。
スカイマークとの運賃差は別の記事で確認を→こちら


関連タグ : 宮古島, RAC, 琉球エアコミューター, DHC-8,

2011年11月

宮古島に無事に到着したものの、天気が悪くて・・うむむという感じ。
空を見上げると今にも降り出しそうな雲行きですね。

レンタカーを予約してあったので、まずはレンタカー会社の人と会って車を借りなければなりません。
いろいろなレンタカー会社を片っ端からネットで検索してみたんですが、
調べた限りではフジレンタカーが一番安かったので、そこで予約を入れました。
軽自動車1台2日間借りて5300円です。それに任意の保険に入ってプラス1000円となり、
計6300円です。
この任意の保険は、車が傷になったりした場合に修理で休車するときの補償として2万~5万円かかるのですが、
それをカバーしてくれる保険とのこと。

空港の出口をでると、すぐにフジレンタカーの人が居ましたので、声をかけます。
ここからフジレンタカーの営業所まで送迎してもらいます。
走り出して10分弱くらいで、営業所に到着です。

すぐに手続きして6300円をカードで払おうとしたんですが、
カードの通信機器の状態がよくないらしく、
明日の返却時に精算ということでOKになりました。
なんという太っ腹!
まあ我々も逃げやしませんし、この島の中ではどうにもできないということなのでしょう。

任意の保険にも加入したので、車体のチェックはなし。
普通は車体の傷の有無を調べてサインするんですけれど、任意保険に入るとそれはしなくていいそうです。
もちろん、レンタカー代に主要な保険は含まれているのですが、
ここでいう任意保険は、休車補償を払わなくていいという意味合いが強いですね。
私は、以前にこの保険料をケチったばかりに、自分の責任とは関係なくお金を払う羽目になったので、
それ以来はこの任意保険に入るようにしております。

さて、レンタカーも無事に借りることができたので、
宮古島1周の旅へ出発です。
周囲約100キロとのことですので、1日で周りきれるといいんですが、
まあここは慌てることはありませんので。
ゆっくり、ゆるりと行くということで。




関連タグ : フジレンタカー, 休車補償, 任意保険, レンタカー, 宮古島,

2011年11月

宮古島に来たからには、宮古そば(宮古すば)を食べなければということで、
空港でもらった情報誌や、ガイドブック見ながら、目当てのおそば屋さんへ。
カーナビを頼りに、国道390号線を進んでいきます。
お目当ては、丸吉食堂という宮古そばのお店。

カーナビの指示通りに進んでいくと、ありました。丸吉食堂。
しかしなんとお休みです。ガイドブックに不定休と書いてあったんですが、
まんまと引っ掛かったみたいです。うーん残念・・・

ここで気を取り直して無料情報誌を見ていると、
すぐ近くにもおそば屋さんがあるではありませんか。
そりゃそうですよね。というわけで、2軒目の“んまや~”といお店へ。
ここもお休みだったらどうしようという心配もあったんですが、ちゃんと営業していました。
助かった~というわけで、早速お店に入り、注文しました。
軟骨そば定食です。
こちらのお店は、地元の方も数多く訪れていて、それはもうアットホームな雰囲気です。

宮古そばの特徴は、平打ちの細めんで縮れはないものを言うのだそうです。
八重山そばは断面が丸とか、地域によっていろいろあるんですね。

出てきた定食はまず、量の多さにびっくりです。それでいて650円という破格のお値段。
んまや~2


まずのっていた軟骨付きのお肉ですが、これがよく煮込んであって本当にトロトロなんです。
骨という感じはまったくしません。ここまでにするのにいったいどの位の時間と手間がかかったのでしょう。
コラーゲンたっぷり入っているという軟骨付きのお肉、美味しくいただきました。

それに、おから入りの稲荷ずしもまたすごく美味しいです。
稲荷ずしの中におからの具というのはイメージがなかったものですから、
ご飯のイメージで口に入れてしまい、かなりびっくりしました。
しかし、びっくりというのは、これは何?と一瞬わけがわからなくなるのですが、
あーこれは“おから”なのね。と認識できて→美味しいというふうになるわけです。

いやはや、宮古島初上陸で、
いきなりこんなにも美味しいものに出会えたのは、非常にラッキーですね。
お腹はかなり満たされて、もう満腹の状態です。
心もお腹も満足し、再び宮古島1周ドライブに戻ります。

んまや~





関連タグ : んまや~, 宮古そば, 宮古島, 軟骨, おから,

2011年11月

“んまや~”で宮古そばの定食を食べて、本当に満腹になってしまったので、
なんとか腹を減らさないと次のものが食べられないということになり、
あわや昼寝しそうな勢いになったのですが、とりあえず宮古島の東端を目指して出発です。

国道390号線を行くようにカーナビが指示してきたので、
言われるがまま東へと進んでいきます。
景色は、一見したら内地に居るような錯覚にも陥るのですが、
よくよく見てみるとやっぱり沖縄なんだなあという感じです。
なんだか不思議な感じですね。

信号は確か1回くらいしか見なかったです。
カーナビに言われるまま、ずんずん突き進んでいきます。
だんだん雲行きもあやしくなり、周囲も寂しい場所になってきた頃、
東平安名崎に到着です。

ここは、東シナ海太平洋が交わるところなのか、
岬の先端に立って見ますと、海の色がなんとなく右と左で違うような気がしましたね。気のせいなのでしょうか。
それにしても、この曇り空にもかかわらず、海は綺麗な色を出しています。
波の色も青くて、海水がとても澄んでいるのがわかります。
ザバーンと打ち寄せる波を見ていているだけで飽きない場所でした。

東平安名崎


灯台も立っており、まさに島の果てといった風情です。
ところが、そんな感覚を味わっているまでもなく、突然の豪雨です。
かろうじてずぶ濡れにはならずに済みましたが、この天気の急変具合もやはり島ならではの気候ですね。
沖縄本島でも、こんなことはたまにありますから。

灯台からの眺望も見ることができたのですが、天候を考えて中止。
海の綺麗さのみ確認したところで、豪雨となったので、
とりあえず次の目的地へ向けて出発となりました。
天気が良ければきっともっと良い景色を堪能できるのでしょうね。

次は雪塩製塩所へ向かいます。


関連タグ : 東平安名崎, 宮古島, 東シナ海, 太平洋, 灯台,