FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと、念願のmati-cafeに行けました。
場所は宜野湾市宇地泊のムーンオーシャン宜野湾の近くです。

このカフェもまた何回か行こうとして、駐車場が満杯で行けなかったり、
第二パーキングを探してわからなかったりと、呼ばれませんでしたが、
今回はやっと呼んでいただけました。
maticafe

いよいよmati-cafeに階段を昇って入ります。
この階段を早く昇りたかったんですよねえ。

内部はそれほど広くはないものの、かなり落ち着く雰囲気で、
窓際の席が空いていたので、そちらに案内してもらいました。
この日はとても良い天気で日差しが眩しく、ブラインドを下ろしてしまいましたが、
何だかブラインドを下ろすのがもったいない気がしたものです。

今日は夕方の時間帯でしたのでお茶ということで、
私は宇治抹茶のレアチーズケーキを注文。
maticafe2

このチーズケーキは抹茶の味はあまりしなくて、どちらかというと濃厚なチーズケーキです。
エスプレッソをお湯で少し割ったというアメリカンコーヒーとよく合いました。
ガツンと効く濃い目のコーヒーの方が私は好きなのですが、
このチーズケーキにはこの程度の適度な濃さの方が、味が良くわかる気がしました。
気がしただけですので、あまり私の舌をあてにしないでくださいよ。

このmati-cafeさん、夜は24時までやっていて日本酒なんかもメニューにありました。
お料理は京風とあって、和風のようなメニューもありました。
夜かランチに次回は来てみたいものですね。
また違った店内の雰囲気を味わえることでしょう。




スポンサーサイト

関連タグ : mati-cafe, 宜野湾, ランチ,

ニコパン3

どこからともなく情報が聞こえてきたのが、
宜野湾にあるこのnicopanというパンのお店。
口コミの力はすばらしいですね。
近くを通った時にっ立ち寄ってみると、
住宅街に佇み、道路を車ですっと通っただけでは見過ごしてしまいそうな、
何とも可愛らしいお店ではないですか。

ニコパン2


場所は宜野湾市佐真下175-1となります。
ウダウダ書くよりも地図で示した方が早いかと
そこでいつもの地図リンクです→地図
これで見ると、真栄原交差点から入っていくことがわかりますね。
パーッと車で行くと、見過ごしそうになりますので、ひとつ安全運転で。

店内はたくさんのパンが並べられ、
おいしそうな香りが立ち込めております。
広さも、このパンを全体的に見通せる適度な広さです。

どれにしようか、さんざん悩んだものの、
今回はアップルパイと食パンのみにしました。
食パンは山形の全粒粉タイプのものを選択しました。
帰宅後、食べてみるとパン自体がおいしく、小麦の味がよくわかる気がしました。

また、通ったら立ち寄ってみます。
こういう地元密着型のパン屋さんは、ぜひとも大切にしていきたいものですね。

ニコパン
↑木を使った外装。お店の入り口です。
車の場合は駐車場は裏手にあります。

関連タグ : nicopan, パン屋, 宜野湾, 全粒粉, 食パン,

最近の沖縄タイムスを見ていたら、朗報です。
なんと東急ハンズが、沖縄にやって来るそうではないですか。
とはいっても、ご存知の方も多いと思われますが、
東急ハンズはすでに沖縄に仮上陸していたのですね。

那覇のりうぼうの8階の特設スペースで
東急ハンズトラックマーケットなるものを期間限定でオープンし、
全ての商品ではないものの、厳選した商品を売っていた時期もありましたし、
ファミリーマートで一部商品の取り扱いをしたりしています。

思えば、これもまた東急ハンズが沖縄に展開するための布石だったのでしょうか。
これらの売り上げの動向を見ていたのかもしれませんね。

2012年夏に、宜野湾東急ハンズのお店の展開が決定。
場所は新しくできる、宜野湾コンベンションシティ(仮称)の中に入るみたいです。
宜野湾コンベンションシティはサンエーが誘致企業となっての開業となるようです。
東急ハンズとしては宜野湾に展開後は、様子を見ながらさらに沖縄県内に店舗を増やすことも検討しているようですので、
もしかしたら次は那覇?などと勘ぐってしまいますね。

もっと具体的な場所は、宜野湾市宇地泊のあたりで、
今現在、ラウンドワンや、ムーンオーシャン宜野湾ホテルがある辺りにできると思われます。
この周辺は、現在は空き地の多い感じもしますが、今後はどんどん発展していくのでしょうね。

沖縄にもいろいろなものが入ってきますね。
今後どうなっていくのでしょうか。
内地の企業が来てくれて、沖縄県がもっと栄えていってくれたら嬉しいかぎりです。
これからは共存共栄の時代になっていって欲しいですね。
それのモデルに沖縄県がなってくれたら・・・などと勝手な幻想を抱いてしまうのでした。



関連タグ : 東急ハンズ, 宜野湾, りうぼう, ,

ヴィーガンフードのお店。
スプラウトにお邪魔しました。
場所は宜野湾市佐真下です。普天間基地のすぐ脇に位置しているカフェです。

スプラウト3


ヴィーガンフードのヴィーガンとは?
動物性の食物を一切取らない人達を指し、蜂蜜もとらないそうです。
うーん徹底していますね。
確かにベジタリアンは身体にとってもよいのです。
私も前のインド旅行に時には、1週間くらい野菜しか食べなかったんですが、
この時は不思議と身体の調子がよかったんですね。
インドを出てからは肉類をとりましたが、それからは元に戻った感じでした。

なので、以前から興味のあるベジタリアン(菜食主義者)の店ということで、
いざ行ってみました。
前に書いたLove Vege Cafeも同じくベジタリアンフードのお店でしたね。

さてスプラウトを訪れたのはランチの時間帯。
外人住宅を改装した、落ち着く雰囲気で、靴を脱いで中に入ります。
小部屋の座席には、傍らに本が置いてあって、それをついつい読みふけり、
注文が遅れてしまいましたが、2名で行ったので、
ベジプレートとベジカレーの2種類を頼んでみました。
下の写真↓
スプラウト スプラウト2


さて、カレーもプレートもお肉を使っていないとは思えない美味しさ。
プレートの野菜の掻き揚げは最高ですね。その他付け合せもGood。
これならお肉なしでも問題ないと思えてくるから不思議です。
自分も野菜中心主義になろうかしら・・・
プレートの玄米もプチプチ感が何とも言えず、噛めば噛むほど味がしてくるので、
ついついよく噛んでたべるので、これが相乗効果を生んでいるのかもしれないです。

野菜のみというと、なんだか空腹感が残るというイメージもありますが、
全然そんなことはないんですね。
むしろお腹がいっぱいになりました。

食後のコーヒーもまたよし。
ミルクの代わりに豆乳と、てんさい糖。
この豆乳もまた美味しいんですね。それがコーヒーによく合うのでした。
食後のコーヒーまで身体にいい感じ。

いやはや、満足でした。
日常の食生活を見直したり、ちょっと何かが気になるという方は、お試しにこうしたお店で食べてみてはいかがでしょう。
お店の方も、いろいろな質問に気さくに答えてくれましたよ。

スプラウト4

沖縄県宜野湾市佐真下28 S-11
スプラウト(Sprout)
地図は→こちら


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ




関連タグ : スプラウト, ヴィーガン, カフェ, 宜野湾, ベジ, ラブベジカフェ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。