FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


2011年11月

“んまや~”で宮古そばの定食を食べて、本当に満腹になってしまったので、
なんとか腹を減らさないと次のものが食べられないということになり、
あわや昼寝しそうな勢いになったのですが、とりあえず宮古島の東端を目指して出発です。

国道390号線を行くようにカーナビが指示してきたので、
言われるがまま東へと進んでいきます。
景色は、一見したら内地に居るような錯覚にも陥るのですが、
よくよく見てみるとやっぱり沖縄なんだなあという感じです。
なんだか不思議な感じですね。

信号は確か1回くらいしか見なかったです。
カーナビに言われるまま、ずんずん突き進んでいきます。
だんだん雲行きもあやしくなり、周囲も寂しい場所になってきた頃、
東平安名崎に到着です。

ここは、東シナ海太平洋が交わるところなのか、
岬の先端に立って見ますと、海の色がなんとなく右と左で違うような気がしましたね。気のせいなのでしょうか。
それにしても、この曇り空にもかかわらず、海は綺麗な色を出しています。
波の色も青くて、海水がとても澄んでいるのがわかります。
ザバーンと打ち寄せる波を見ていているだけで飽きない場所でした。

東平安名崎


灯台も立っており、まさに島の果てといった風情です。
ところが、そんな感覚を味わっているまでもなく、突然の豪雨です。
かろうじてずぶ濡れにはならずに済みましたが、この天気の急変具合もやはり島ならではの気候ですね。
沖縄本島でも、こんなことはたまにありますから。

灯台からの眺望も見ることができたのですが、天候を考えて中止。
海の綺麗さのみ確認したところで、豪雨となったので、
とりあえず次の目的地へ向けて出発となりました。
天気が良ければきっともっと良い景色を堪能できるのでしょうね。

次は雪塩製塩所へ向かいます。


スポンサーサイト



関連タグ : 東平安名崎, 宮古島, 東シナ海, 太平洋, 灯台,

沖縄本島は南北に細長い島ですが、
その島の細長さを体感できる場所が、本島にはいくつかあります。
その中の一つが、この「石川高原展望台」なのですが、場所がとてもわかりにくい所にあるので、
ある意味マニアックな展望台ということで、あまり知られていないのですが、
あえてここに書き記してみたいと思います。

まずどこにあるかですが、
まずこの地図をご覧ください⇒地図
ビオスの丘が確認できると思います。
県道6号線からビオスの丘に向かって入ってきて、どんどん山を登ってくると、
やがてビオスの丘入口にたどり着きます。
ここからさらに進んでいくと、ロイヤルガーデンリゾートのホテル(今は閉鎖)まで行くと行き過ぎです。
ビオスの丘を過ぎて少し進むと右側に「石川高原展望台」の石碑が見えますので、
ここの駐車場に車を停めます。
石川高原展望台

そこからこの階段を昇ります。
石川高原展望台2
結構急で段数もかなりありますので、登っていく途中で息が切れます。
それでも頑張って登りつめると、最後にばっと視界が開け、頂上に出ます。
頂上には展望台がしつらえてありますので、
さらにそこに昇ると、こんな光景が待っています。

これが東シナ海側、恩納村方面を望む↓
石川高原展望台4

太平洋側、沖縄市泡瀬方面を望む↓
石川高原展望台3

どっちを見ても海が見えるという沖縄本島の細長さが体感できました。
まあ、どうってことない光景なのかもしれませんが、
綺麗な海を遠望してるだけで心洗われる気がしてきますよ。
夏場は水分を補うために、水などを持っていった方がよいです。
付近には自販機すらないので、何も買うことができません。ご注意を。

沖縄にはこうした眺めの良い場所はいくつもあると思われます。
また私が見つけられたら紹介していきたいと考えています。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 石川高原展望台, 東シナ海, 太平洋, ビオスの丘,