FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


つい最近、やちむんを制作している室生窯へお邪魔する機会がありました。

場所は、名護市稲嶺といって屋我地島の近くになります。
このあたりは昔は羽地村という行政区分だったようですが、
合併して名護市になったという経緯があるようです。名護市はかなり広いのです。

工房自体は自宅を兼ねているので、ここでの直接販売はしていないようですが、
とにかく沖縄の古民家をご自分で改装して、自宅兼工房としていて、
周囲はとても良い環境ですから、ここで集中していればきっと良い作品も生まれ出ることでしょう。

作品をいくつか紹介しますね。

室生窯2 室生窯3
室生窯4 室生窯5

こちらが作業場。
室生窯


今回は、ひょんなことから窯に遊びにいくことになり、
楽しいお話を聞きながら、面白いひと時を過ごすことができました。
ここには、かわいいワンちゃんもいて、とても癒されました。

作品自体もやちむんの良さと、室生さんの独創性が良く出ていて、
なかなか良い器が多いではないですか。
今後、どんどん売れていってほしいものですね。

なお、先日に記事とさせていただいた東京都杉並区にある沖縄倉庫というお店に、
室生窯の作品を置かせていただくことになったという情報が入りました。
すでに店頭に並んでいるという情報が入りました。
室生窯の作品をぜひご自分の目で確かめてみるチャンスです。
写真を見て室生窯の作品を気に入っていただいた方で、
東京近郊にお住まいで杉並区の沖縄倉庫にいける方は、ぜひ行ってみてくださいね。



スポンサーサイト



関連タグ : 室生窯, やちむん, 陶器, 工房, 古民家, 沖縄倉庫,

浜比嘉島へ久しぶりに渡ってみました。
海中道路を平安座島へ渡ると、すぐに分岐して、
浜比嘉島へ渡ることができます。

沖縄本島と橋によって結ばれているので、
簡単に行くことができるので、
なにより嬉しいですね。
レンタカーも多く見受けられました。
プチ離島感覚が味わえるのも魅力的.

そんな浜比嘉島にある、「てぃーらぶい」というお店に行きました。
言葉の意味は、「ひなたぼっこ」ということらしいです。

浜比嘉大橋を渡り、浜比嘉島に入って右折、
どんどん道なりに進んでいくと、
小さな看板が現れます。
それに沿っていくと、「てぃーらぶい」に辿り着きます。
駐車場に車を停めて、少し歩くと着きます。
一瞬、本当にここ?と思うかもしれませんが、大丈夫です。

てぃらぶい2

沖縄の古民家を利用した、
非常に味のある、のんびりしたくなる店構えです。

出てくるお料理も、沖縄素材を生かしたもので、
大根と鶏肉の汁と、スーチカーと季節野菜のあんだんすー炒め。
がセットになった定食を注文しました。

てぃらぶい


素材の味が生きている、
何ともいえない素朴な味を堪能しました。
お店の空気もどこか清々しさを感じるのは、
浜比嘉島という土地によるところが大きいのかもしれませんね。

近くには、綺麗な海もあるので、
のんびりとビーチで過ごしたい方。
浜比嘉島へ足を伸ばすのも、お勧めです。

てぃーらぶい」でご飯も食べてくださいね。
のんびりと、良く噛んで味わってください。ゆっくりと。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 浜比嘉島, 海中道路, てぃーらぶい, 古民家,