FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


スカイマーク宮古へ就航を果たし、
各航空会社の言わば価格破壊が起きつつあると以前に書きました。
では、沖縄本島から宮古へ行ったら、どんな料金になるのだろう?
ホテルは?レンタカーは?などなど疑問が沸いてきましたので、
自分で実際に具体的な料金を算出してみようと思い立ったわけです。

まず、スカイマークのホームページから航空運賃を調べます。
他の航空会社との比較もしてみます。
すると、スカイマークが最安値だと21日前までに予約するWEB割21を使うと、何と片道2800円ではないですか。
JALやANAだと最安値が3600円くらいから(28日前までに予約)ですかね。
もちろん出発日が近づくにつれてどんどん料金は上がっていくのです。
最高値の普通運賃がスカイマーク7500円、JALやANAだと17500円です。
いずれにしても早めの予約がお得ということですね。
ただし、こうした安い料金で予約すると、キャンセルするとなると高くつきますので気をつけましょう。

次は現地の移動手段のレンタカーです。
宮古島のレンタカー

【沖縄】車両クラス・料金

などで調べてみますと、だいたい1泊2日レンタルした場合、
安いもので普通車で6000円くらいという金額になります。
ガソリン代は別途かかりますが、午前中に宮古に着いて、翌日の夕方まで借りれるとなると、
お得感は高いですよね。

最後はホテル選びということになりますが、
安いところから高い高級なところまで、
様々なランクがありますし、人それぞれ好みもありますので、
じゃらんnet

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

などでお好みの宿をお決めいただくしかないのですが、
ここでは、1泊1名6000円くらいの宿に泊まったとします。
このくらいですと、ごく普通のクラスのホテルにうまくしたら泊まれるでしょう。

まとめてみますと
航空運賃   那覇-宮古往復      5600円 (スカイマーク最安値)
レンタカー   普通車1台1泊2日    6000円 (標準的料金)
ホテル代   普通のホテル1泊     6000円
その他雑費  食事・ガソリンなど   10000円

としますと、合計で27600円(1名料金)という計算になりますね。
2名で行くとレンタカーが半分になり、ホテル代も少し安くなりますが、
雑費が少々増えますので、旅費全体としては若干安くなるということになりましょうか。
なお上記料金はあくまで目安としてお考えください。

航空料金が下がったことによって、旅費自体が安くなったのは間違いないでしょう。
こうした交通網の整備などによって、宮古島をはじめその他の地域も含めて、
もっともっと旅行しやすくなれば、何かの変化が起きてくると思いますので、
今後に期待したいところです。

沖縄本島からだと気軽に宮古島に行けるようになったでしょうか・・・


スポンサーサイト



関連タグ : 宮古島, 宮古, スカイマーク, レンタカー, ホテル,

2011年11月

宮古島に無事に到着したものの、天気が悪くて・・うむむという感じ。
空を見上げると今にも降り出しそうな雲行きですね。

レンタカーを予約してあったので、まずはレンタカー会社の人と会って車を借りなければなりません。
いろいろなレンタカー会社を片っ端からネットで検索してみたんですが、
調べた限りではフジレンタカーが一番安かったので、そこで予約を入れました。
軽自動車1台2日間借りて5300円です。それに任意の保険に入ってプラス1000円となり、
計6300円です。
この任意の保険は、車が傷になったりした場合に修理で休車するときの補償として2万~5万円かかるのですが、
それをカバーしてくれる保険とのこと。

空港の出口をでると、すぐにフジレンタカーの人が居ましたので、声をかけます。
ここからフジレンタカーの営業所まで送迎してもらいます。
走り出して10分弱くらいで、営業所に到着です。

すぐに手続きして6300円をカードで払おうとしたんですが、
カードの通信機器の状態がよくないらしく、
明日の返却時に精算ということでOKになりました。
なんという太っ腹!
まあ我々も逃げやしませんし、この島の中ではどうにもできないということなのでしょう。

任意の保険にも加入したので、車体のチェックはなし。
普通は車体の傷の有無を調べてサインするんですけれど、任意保険に入るとそれはしなくていいそうです。
もちろん、レンタカー代に主要な保険は含まれているのですが、
ここでいう任意保険は、休車補償を払わなくていいという意味合いが強いですね。
私は、以前にこの保険料をケチったばかりに、自分の責任とは関係なくお金を払う羽目になったので、
それ以来はこの任意保険に入るようにしております。

さて、レンタカーも無事に借りることができたので、
宮古島1周の旅へ出発です。
周囲約100キロとのことですので、1日で周りきれるといいんですが、
まあここは慌てることはありませんので。
ゆっくり、ゆるりと行くということで。




関連タグ : フジレンタカー, 休車補償, 任意保険, レンタカー, 宮古島,

2012年3月

伊是名島にやって来ました。
前回も書きましたが、沖縄本島の北部に位置するこれらの島々に渡るためには、
今帰仁村にある運天港にまずやって来なければなりませんから、
なかなか行きたくてもそう簡単に行けない島ということになりましょうか。
そんな旅人にとって敷居の高いとも言える島に向かって船に揺られているということを考えると、
今自分がどこにいるのかわからなくなったりすると同時に、
これらの島々に呼ばれたんだ~という何か感動のようなものすら覚えるのでした。

しかし、そんな感動にふけっている場合でもなくなってきました。
伊是名の仲田港に向かうフェリー「ニューいぜな」は高波で大揺れです。
かなり豪快なピッチングの立て揺れを繰り返し、
海面に船の舳先がたたきつけられる不気味な音も聞こえてきます。
噂では揺れると聞いていましたが、まさかここまで大揺れとは・・・・
周囲を見回しても、土砂降りの雨と分厚い雲が邪魔をして、
伊是名島の島影も見ることができません。デッキにも容赦なく海水がたたきつけられています。
フェリーいぜな

「まもなく到着します」という案内放送が流れた頃になって、
ようやく伊是名城跡の三角山を左手に見ることができました。でも船の揺れは収まらず・・・
どうなるかと思いきや、やがて船は無事に仲田港に接岸され、伊是名島への第一歩を印すことになったのでした。

とは言っても、ものすごい土砂降りの雨。
船から下りてそそくさとターミナルビルへ走りこみ雨宿りです。
大粒の激しい雨に歓迎されたのか、30分ほどターミナルビルに釘付けになってしまいました。

と、なかなか激しい伊是名島初上陸となったわけですが、
時間もお昼過ぎということで、早速今晩の宿である、民宿「美島」に行きました。
仲田港から見えているので、簡単に歩いていくことができます。
隣には、今日借りることになっているレンタカー「伊是名レンタカー」もあるので、
この民宿の立地は最高ですね。
チェックインを済ませ、お昼ご飯はどこで食べられるかという情報を聞き、
隣のレンタカー屋さんでレンタカーを借りてから、
島内観光へいざ出発ということになりました。

次からは島内のあちこちをご紹介していきますね。お楽しみに。



関連タグ : 伊是名島, ニューいぜな, 伊是名城跡, 民宿美島, レンタカー,

2012年3月

早速、伊是名島観光を開始。
レンタカーは民宿「美島」の隣にある「伊是名レンタカー」で借りることになりました。
当日返しで3000円也。
車種は普通の商用バンタイプの軽自動車です。

走り出してみると、簡単に1周できてしまいそうなコンパクトな島であるとわかります。
島が丸に近い形をしているので、時計と反対周りにグルッと1周してみます。
まず最初に向かったのが、勢理客の集落。
この勢理客の集落の見どころは、何と言っても石垣でしょう。
石垣といっても普通の石垣ではございません。
珊瑚のかけらや、ブロック塀のかけらをうまく組み合わせて、石垣としているんですね。
勢理客の集落

何とも芸術的。そんな芸術性を帯びた石垣が道の両サイドに並んでいる様は、
何とも見慣れない光景ですので、新鮮さを覚えます。
勢理客の文庫

付近には勢理客文庫というミニ図書館みたいなものがありました。
集落の子どもたちはここで本を借りて学んでいるのかな?
それにしても、この地名である勢理客は、「せりきゃく」と読むのですね。
これまた難解です。沖縄本島にもこんな地名がありますね。
沖縄本島のは「じっちゃく」と読んだと思うのですが、
元々は「せりきゃく」だったものが、「じっちゃく」に変化したのだとか・・・
真偽のほどはわかりませんが、2つの読み方があるんですね。
内地から来た時は読めませんでしたが、だんだん慣れてきました。

次に向かったのが、伊是名ビーチ
この3月の時期では砂浜に人影はゼロ。当たり前ですよね。
平日だし、ここまで来る間にもほとんど車ともすれ違わないのですから。
人のいないビーチで、完全にプライベート状態ですが、さすがに海の色は綺麗です。
沖合いには、屋那覇島という無人島も見えています。
天気が曇りというのも何だか勿体ないですが、仕方がありませんな。
この伊是名ビーチの周辺には民宿なんかもありましたから、
夏のシーズンにはある程度の賑わいを見せてくれることでしょう。
こんなに何もないビーチに1人・・・何とも幸せな気分にさせてくれますね。

伊是名ビーチ 伊是名ビーチ2




関連タグ : 伊是名ビーチ, 勢理客, レンタカー,

2012年3月

今回は伊是名島での宿泊は、民宿美島」となりました。
この民宿は良いですよ~
というのも、まずは立地です。
何と港の目の前なんですねえ。
伊是名島の仲田港に到着して、ターミナルを出てすぐ左手に見えるので、すぐにわかります。
とは言え、今回は土砂降りの雨につきターミナルから動くことができず、
近くて遠い民宿美島」になってしまいましたが、
雨でなければ、徒歩1分という近さですから、何にも問題はありません。
民宿美島

部屋からはこのように、仲田港に停泊している船の写真も撮る事ができました。
仲田港

隣はレンタカーのお店、伊是名レンタカーがあります。
本当に隣ですから、すぐに行って借りることができます。
伊是名レンタカー

港からも近くてレンタカー屋さんも隣にあるならば、
とても便利で動きやすい民宿であると言えましょう。

今回は何と言っても、民宿のおかみさんに助けられました。
翌日宿泊予定の伊平屋島の宿がすべて満杯状態で、
どこに電話連絡をしても全て断られてしまいました。
どうしたものかと、途方に暮れていると、おかみさんが助け舟を出してくれて、
何と伊平屋島の田名集落の公民館で泊めてもらえることになったのでした。
宿がないとなると野宿するわけにもいかず、
伊平屋島は諦めてまた次回に出直しということにもなり兼ねませんでしたから、
本当に助かりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

行ったのが、3月ということもあり、公共工事の影響などもあり、
宿が満杯状態であるということでした。
伊平屋島は観光以外でもこうした需要もあるのですね。

民宿「美島」では大変お世話になりました。



ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 伊是名島, 美島, 民宿, 伊平屋島, レンタカー,