FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


さて、夏になって太陽ギラギラの殺人ビームが降り注ぐ、夏真っ盛りの沖縄ですが、
内地から遊びに来た人は、殺人ビームで火傷を負わないように、くれぐれもご注意を。
ちょっとの時間に日焼けするだけで、痛くなり火傷のようになります。
すると、ヒリヒリと痛い状態が続くのでつらいですよ~

と言いながら、ビーチの紹介なんぞしてしまうのですが、
観光客がほとんどを占める中、単身でビーチへ行って参りました。
というか、様子見に行っただけなんですけれどね。
なので、海に入る格好はしておりませんでした。
何しに行ってるんだか、ただの暇人ですからね。

お菓子御殿の本店からさらに残波岬灯台向けに走ると、左側に残波ビーチがあります。
駐車場はビーチの入口から少し先の左側か、その先の残波岬の周辺の駐車場を利用することになります。
いずれも無料ですのでご安心を。

ビーチには売店もあったりして、クラゲネットも張られているので、
安心して泳ぐことができそうです。
残波岬

残波ビーチは道を挟んで反対側に位置する、残波ロイヤルホテルの宿泊客が多く利用しているのではないでしょうか。ホテルから歩いてすぐですから便利ですね。
さすがにこの時期ですから、ビーチは多くの人々で賑わっておりました。
灯台側から海沿いに歩いてくると、木々の中に東屋がいくつかあって、
そのエリアには地元の人が木陰で涼んでいたりします。
ビーチエリア以外でも、こういう楽しみ方もあるのですね。
木陰で椅子に腰掛けて、飲み物飲みながら読書にふけるなんて、ある意味で贅沢です。
私も今度はこうしてみようかしらなんて思いました。

近くには残波岬の灯台があります。
灯台の近くには、バスを改造したこんなパーラーも出ています。
残波岬

海に入らなくとも、残波灯台周辺を散歩したり、ビーチ近くの東屋で休憩したりもできます。
夏のこの時期はとても暑いので、熱中症には気をつけましょうね。
水分を携帯して、マメに水分を取るように心掛けましょう。
あとは日焼け止めも塗っておいたほうがいいかもしれませんよ。曇でも日焼けをしますので。

夏の残波灯台周辺を散歩しましたが、
あまりの暑さで退散。朝方か夕方が散歩にはよいのかもしれませんね。
残波岬2




ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ





スポンサーサイト



関連タグ : 残波岬, 残波灯台, パーラー, ビーチ, 日焼け,

2013年9月

西表島の大原港に上陸を果たした後、
まずは、やまねこレンタカーで車を借ります。

港に迎えの人が来ていたので、
声をかけて、送迎車で営業所まで送ってもらいます。
1歳の姪っ子は、他の家族と一緒に港で待っていてもらいます。

車で3分くらいで、やまねこレンタカーの営業所に到着。
手続きとチャイルドシートを装着していただき、
レンタカーにて港に戻ります。
チャイルドシートが付くと、大人4人+幼児1人の乗車はやや狭いですね。
しかし、西表島の片道1時間半くらいの道のりなので、
我慢してもらいましょうか。

そんなレンタカーで、西表島の旅スタートです。

まずは、南風見田の浜へ。
島の一番南側にあたり、うまくすると波照間島が見えるという、
マニアックなビーチですね。

白浜にある、西表島では珍しい信号機の交差点から、
行き止まりの南風見田の浜を目指します。
少し走ると、もう、周囲に家はありません。
畑か、荒か、森か、それ以外には何もありません。
夜間は真っ暗闇なんでしょうね。

南風見田の浜の手前で、車は入れなくなり、
そこからは徒歩でビーチへ。
徒歩3分位で、パッと視界が開けると、
そこには天然の砂浜がありました。綺麗です。
しかし、波照間島を見ることはできずに残念。

南風見田の浜
文句なくプライベートビーチ状態です。
他に誰もいません。
南風見田の浜2

振り返ると、山並みが海岸近くまで迫ってきていて、
その上には、青い空が・・・
何やら内地の光景ですね。
南風見田の浜


海底ケーブルも埋まっているみたいです。
波照間島に繋がっているのかな??
南風見田の浜3



ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 南風見田の浜, やまねこレンタカー, チャイルドシート, ビーチ,

沖縄は冬ですが、
ここでビーチ情報をひとつ。

宜野湾にあるマイナービーチについてです。

宜野湾のビーチといえば、トロピカルビーチが有名ですが、
もうひとつ、すぐ近くにマニアックなビーチがあるのです。
名前は知りませんが、とにかく小さなマイナービーチです。

場所はこちら→地図
この地図にBのマークで示した所です。

行き方は、宜野湾漁港のところにある、
宜野湾ゆいマルシェという、農産物などの食材を売っている施設の、
駐車場に車を停めて歩きます。

道がコーナーになっているところの左側をよく見ると、
フェンスが壊れているところがあるので、
そこから海の方へどんどん入っていきます。
宜野湾マイナービーチ

すると、こんなビーチが現れるという算段です。
宜野湾マイナービーチ2

しかし、振り返ると工事中のような感じで、
土砂が盛られていたりと、殺風景な雰囲気。
ラグナガーデンホテルも見えます。
宜野湾マイナービーチ3

海に入ってもいいですが、
遊泳ネットもありませんし、監視員も居ませんから、
何かあると自己責任ということになります。
十分に注意してください。

マイナーなビーチというだけあって、
周囲は何もありません。
また、リゾートというわけでもありません。
ただ、ぼーっとするにはいい場所かもしれませんが、
遊泳したりするなら、本家トロピカルビーチに行きましょう。

普通のビーチに飽きてしまって、
何かないの~?という人向けのビーチですね。

でも、あんまり期待して行くとがっかりしますよ~

私としても、あんまりお勧めはできませんね。
ただネタとして書いてみました。

あとは、自己責任でお願いします。
行くとしたら天気のよい日になりますかね・・・


ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 宜野湾トロピカルビーチ, マイナー, ビーチ, マルシェ, 遊泳,

伊計島で開催された、
暮らしにアートin伊計島 に行ってきました。
伊計アート

海中道路を渡って、ずんずん進んでいくと、
平安座島、宮城島と来て、最後が伊計島
なかなか、ここまで足を伸ばす機会はないのですが、
今回は、このイベントが旧伊計小中学校の校舎であると聞いたので、
足を伸ばしてみることにしました。

伊計小学校はこんな感じです。
意外と新しい校舎で、
廃校にするのは、勿体ないと思いました。

平日に行ったので、
比較的空いていたので、
陶器などをゆっくり見ることができました。

何よりも、こうゆう展示会では、
作り手の表情が読み取りやすいのが、魅力の一つですね。
値段のことは、置いておいて、
自分のお気に入りの一つを見つけることができます。

こんなリアルなオバアもおりました。
本物かと思った・・・・↓
伊計小学校


この展覧会は、もう終わってしまったけれど、
また来年に期待したいものです。
廃校になった校舎を、別の目的で利用していく、
ひいては、そのことが地域の活性化に繋がっていくといいなあ・・・
などと、密かに考えたのでした。

伊計島には、AJホテルもオープンするようですし、
綺麗なビーチもありますので、
ドライブがてら訪れてみてはいかがでしょう。
この日も、かなりの数のレンタカーに遭遇しました。

伊計島へ行ってみう!

ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 伊計島, 海中道路, レンタカー, ビーチ, AJホテル,