FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


久高島が見えた


これで3回目になるのですが、
またしても斎場御嶽に来てしまいました。
この斎場御嶽は、パワースポットとして有名で、
中に一歩入ると、とても厳かな気分になれて、何だがほっとするのでした。
この斎場御嶽は、この敷地自体が聖地になっています。
なので、マナーを守って、観光してくださいね。

この斎場御嶽の中にどんどん入っていくと、
一番奥には、三角形に組まれた巨石があり、その下を通ると、
久高島が見える場所があります。
きっとここも拝む場所なのでしょう。
私も思わず手を合わせましたね。
しかし、この三角形に組まれた石は、いったいどうしてこうなったのでしょう。
当然、人工的に作られたものでもありません。

この場所から見える久高島は、アマミキヨが降りてきた場所であり、
ここから琉球の国を創り始めたと言われている、とても神聖な島なんですねえ。
ぜひこの久高島にも、一度は訪れてみたいと思っております。
神聖な島なので、厳かな気持ちで是非。

そんな神聖な斎場御嶽ですが、
見学を終えた後、少し国道の方に下ってきた右側に、
「工房アマム」というお店があります。手作りシーサーのお店です。
とても小さなお店なんですが、置いてあるのは、
手作りシーサーの他にも、雑貨の数々、葉書などなど・・・
ここに、こんなかわいらしいお店があったとは知らなかったですね。
車は停めるスペースが少ないので、斎場御嶽に置いたまま歩いてきた方がよいと思われます。
距離も500mくらいなんでしょうかね・・・全然歩けますよ。
工房アマム

神聖なスポットでパワーをもらったら、
ちょっと工房「アマム」など覗いて、沖縄南部のドライブを続けましょう。



スポンサーサイト



関連タグ : 斎場御嶽, 久高島, パワースポット, アマム, 聖地,

2011年11月

ANAの飛行機が再度訓練を始めてくれることに期待しつつ、
下地島の観光を続けます。

下地島空港の滑走路の西側に通り池という観光スポットがあります。
またここはパワースポットとなっているので、神秘的なパワーを貰えそうです。
有名な観光スポットですので、たいていのガイドブックやフリーペーパーの地図には載っていますので、
行きたくなるというのが、心情でしょう。

県道から標識に沿って脇道に車を乗り入れると、駐車場が現れました。
どうやらここに車を停めてあとは徒歩で行くようです。
あいにく天候は今にも降り出しそうな空模様・・・
雨が降り出す前に行ってみようということになりました。

両側に草木の生い茂る道をトボトボ行きます。
さすがにパワースポットと言われるだけあって、この道はまさにそんな場所に通じているという雰囲気の道です。
夜に来たらさぞかし怖いことでしょう。
きっと真っ暗闇なんでしょうな。
通り池2

そんな道を通り抜けると通り池に到着。
2つの神秘的な池が横たわっておりました。
この2つの池は底に通路があって繋がっており、
海側の池は海とも繋がっているとのことで、
連続して通り抜けられることから、通り池というのでしょうか・・・などと想像。
通り池

ずっと池を見つめていると、何だか引き込まれそうな感覚にもなるし、
人魚伝説なんかもあることから、人魚がすっと顔を出しそうな雰囲気も感じられるという、
パワースポットを名乗るだけの迫力はありました。

しかし、ついに雨が降り出してきました。
整備された遊歩道を歩いていくと、もっと海岸に近づけるのですが、
本降りとなってしまったので、これ以上先に進むことはあきらめ、しばし雨宿りとなりました。
しかし、ここに居るだけでも神聖な気分になれましたので、
きっと何かあるんでしょうね。神聖な何かがきっと。
思わず手を合わせてみたくなる・・・そんな場所なのでした。


関連タグ : 通り池, 下地島, パワースポット,

2013年の初詣

沖縄に移住してからというもの、毎年違う場所に初詣に行くことにしているんですが、
今年2013年は、首里にある達磨寺に行きました。

このお寺またの名を、達磨峰・西来院というのだそうで、
場所は、沖縄そばで有名な首里そばのすぐ近くです。
細い脇道を入ったところにありますので、初詣ではない時に行くとちょっとわかりにくいかもしれませんよ。

いろいろ調べてみると、この達磨寺パワースポットでもあるようです。
最近流行りのパワースポット
今年もいろいろな意味でパワーをもらわなきゃということで、
勢い込んで那覇までやって参りました。

達磨寺1

駐車場は元旦の12時過ぎくらいだったんですが、
運よくすぐに停めることができました。
時間帯によっては、すぐに駐車できないこともあるのでは。

手を清めるのに少し並んでから2階へ登って参拝です。
達磨寺3

この写真のような達磨さん?が本堂の前に鎮座っしておりました。
この達磨を触ると、悪いところが治るとか、
他の方が言っていたので、それにならって、お腹の辺りを触っておきました。
何故かって・・・

お寺の内部の天井には、立派な龍の絵が描かれていました。
このお寺で座禅したら、さぞかし気持ちがよいだろうなあ・・・と思いながら、
お賽銭投げ入れて参拝。
最近は、あまり自分のことを願ったり、祈ったりしないようにしてるんです。
利他の心を常に持ちたいものですからね。こうゆう時は特に。
今回も、利他の気持ちで、手を合わさせていただきました。

おみくじは、昨年は大吉だったものの、
今年は小吉でした。
まあ、まあ、これはこれでそのまんま受け入れて良しとしました。
あんまり大吉連発も怖いですし・・・

達磨寺2
最後に目に付いてしまったのが、この案内板。

諸行無常と諸法無我。
日々気にしている言葉ではあるんですが、
意味としては、物事は常に変化していて固定的ではないので、
それを強引に我執をもって固定化しようとしても駄目よ。
といった風になるのかなあ・・・
苦しみは自分で作り出すものという風にも取れますね。

まあとにかく、何事も受け入れていってみよう。
起こるべくして起こるのですから。
と改めて思い直したのでした。
しかし、これもいつまで続くやらですが・・・すぐに忘れるかも。

というわけで、2013年の初詣は終了しました。
来年は何処へ・・・
もしここに来たら、首里そばも食べたいものですね。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 首里そば, 達磨寺, パワースポット, 初詣, 那覇,

2012年1月

1月2日は、沖縄本島中部は大変天気がよかったので、海を見に出かけました。
読谷村にある渡具知ビーチに行ってみたところ、
お正月であるため、天気が良すぎるためか、
いつもよりは多くの人で賑わっておりました。
しかし、このビーチは奥の奥へ進んでいくに従って、人が減っていきます。

岩場に座って海と空を眺めてみますと、とてもいい気分になります。
抜けるような青空と青い海。
このような環境がすぐ近くにあるだけで感謝しなければなりませんね。
沖縄のこの冬の時期は、沖縄の天気というものはあまりよくないのです。
青空を見ようと思っても、なかなか見ることができないのです。
なので、とても珍しい日柄になりました。

大地も海も、いろいろな生物も本当は一体なんですね。
この日は海辺に座りながら、「いまここ」の心境で、
ワンネスを大いに感じて気分がとてもよくなりました。

この空も、海も、生えている草も、そこら辺の石も、海辺の貝殻や珊瑚のかけらも、
みーんな実は一体なんだなあと、改めて感じて、
この地球上の生命の素晴らしさを感じると、守られているという安心感も生まれます。
これぞ「ワンネス」です。
人間は決して1人ではないんですね。それは思い過ごし


こんなことに内地に居る間は気が付かなかったなあ・・・
海が近くにあるって本当に贅沢なことと思います。
いろんなことに気が付かせてくれる、この沖縄の島に感謝です。


天気ヨイ海2



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 沖縄, 渡具知ビーチ, 良い悪い, パワースポット,