沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェットスター・ジャパンが7月9日から、成田-那覇間で運航を開始と前回のブログで書きました。
7月23日からは1日2便体制での運航となる予定となっています。
出発が成田空港とあって、都心方面に用事がある場合は、
多少の使いにくさも感じられるかもしれませんね。
そこで、今回は格安航空のジェットスター・ジャパンの朝便は使えるかについて、
成田へのアクセスと絡めつつ少し書いてみますね。

では、問題の7月23日から運航予定の6:15発のジェットスター・ジャパンGK135便に乗るケースを考えてみましょう。
この時間に東京都心から、直接成田空港に入れる公共交通機関はないので、
この便に搭乗するためには、
自家用車で直接成田空港まで来る、またはどこかのホテルに前泊しておく。
といったことが必要になりましょう。

まず、自家用車で成田空港まで来るということですが、
これ自体は可能ではあるのですが、問題はどこに駐車するかということになります。
近隣の安いパーキングは、たいてい営業時間が6:30からというパターンが多くて、
現在の段階では、格安で駐車するのは厳しい状況です。
となると、成田空港の直営パーキングに停めるしかありません。
そうなると、1日1500円から2000円の駐車料金がかかります。
それに高速代やらガソリン代やらが加算されてきます。

次に、前泊するパターンです。
成田空港の近くにはたくさんのホテルがあり、
ほとんどのホテルからは空港までの無料送迎バスが用意されているのですが、
その無料送迎バスの運行開始時刻が6時以降というパターンが多く、
6:15発の便には間に合いません。
それにひきかえ、8月24日からはスケジュールチェンジが入り、
GK135便那覇行きは6:00発になってしまいます。
私がざっと調べてみた限りで、一番早いホテルから成田空港への無料送迎バスは、
ホテル日航成田から出る5:45発のものでした。この時間では間に合いそうもありません。
ジェットスター・ジャパンは出発30分前までにチェックイン、
出発25分前までに搭乗ゲートへ移動をを推奨しているので、
5:45にホテルを出たのでは、とても間に合わないでしょうし、
乗り遅れても自己責任となるので、いいことなしです。なので無料送迎は使えないとなります。
となると、ホテルに前泊しても、タクシーを利用する以外になさそうです。

結論としては、航空券は安くなっても、
成田までの移動費(高速代、ガソリン代、電車代、バス代など)は必ずかかり、
さらに付随費用として、駐車場代、ホテル代、タクシー代などが掛かってきます。
これらと航空券を合算して、羽田発の料金と比較して、お得な方を利用する以外になさそうです。

なお、午後の14時20分発(8月24日からは14:55発)の那覇行きに関しては、
朝便よりは、問題なく利用できると思いますが、
それでもやはり成田空港までの移動費用を計算に入れておくようにしましょうね。
また、帰りの夜便についても成田に着いてから、自宅まで帰る電車があるのか?
ということも重要な検討ポイントです。
しっかり乗り換えも含めて調べておきましょう。

と、朝一の便を利用して格安で沖縄に来て、時間を有効活用という作戦は、一筋縄ではいかないのですが、
今後の成田空港へのアクセス改善も含めて、
格安航空会社には頑張ってもらいたいものです。
まだ運航も始まっていないので、まだまだこれからということで期待しましょう。

(上記の航空ダイヤ、その他料金などは、2012年4月30日現在のものです。)


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


スポンサーサイト

関連タグ : ジェットスター・ジャパン, 成田空港, 格安航空会社,

格安航空会社(LCC)の2社
ジェットスター・ジャパンとエアアアジア・ジャパンが本格的に那覇空港に就航していますが、
今現在(9月26日)では、那覇成田間のみとなっています。
今のところ、沖縄からは東京にしかLCCで行くことができない状態になっているのですが、
ついに大阪にも行くことができることになります。

10月18日よりPeach(ピーチ)が、
10月29日よりジェットスターが、
那覇関西に就航することが決定しております。
これによって、東京に加え大阪にもお気軽に行けるという状況になりますね。
また内地の人も沖縄に以前よりは、お気軽に来ることができるということになります。
これはすごいことですよ。
まさに今年はLCC元年と言われる所以であります。

気になる値段ですが、LCCの値段設定は明らかに大手の航空会社よりは安くなっているんですが、
これをいつ買うのかというのが、とても悩ましいことになるのです。
例えば、キャンペーンやセールといったものが行われると、
那覇関西は2290円(ジェットスターのセール運賃)という設定もありました。
気をつけたいのは、2290円でも、最終的に支払う金額はもう少し上がるということです。
2290円は言ってみれば手ぶらで搭乗する人の運賃。
しかし、購入画面に進んでいくと、発券手数料などがかかり最終的には2490円となるのです。
さらに荷物を預け入れしたり、機内食を頼んだり、座席を指定したりすると、
どんどん料金は上がっていくことになります。
それにしても大手航空会社の運賃よりは安いということになると思われますが。

こうして、追加料金を取ることで収益を上げるのがLCCの手法ですので、
購入時には思わぬ追加料金がかかることもあり、注意が必要です。
最初に出てくる運賃は何も追加しない場合の運賃であることを覚えておく必要があります。
それでも発券手数料だけは追加で徴収されるんですが・・・

関西LCC就航から話が逸れてしまいましたが、
これから格安で沖縄と内地が行き来できる時代が到来することになるでしょう。
それによって、観光産業にどんな影響が出るのかはわかりませんが、
この癒しの島である沖縄に気軽に来れるというのは、
内地の人にとってとても意味のあることになるような気がします。
今後のLCCの動向には期待してもいいのではないでしょうか。

LCCのチケットはいったいいつ買うのが一番安いのかといった疑問も残るでしょうが、
一概にいつと断定できないのが悩ましいところです。
早めの購入が間違いはなさそうですが、それも正解ではないのです。
そのあたりのことも、いつかレポートしてみたいと考えています。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : LCC, 那覇, 成田, 関西, ピーチ, ジェットスター・ジャパン, エアアジアジャパン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。