FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


2011年11月

伊良部島から引き上げてきたのは16時前。
那覇へ戻る飛行機は、20時30分。
空港へ行くのも、レンタカーを返すのも早すぎるので、
昨晩宮古島市内をウロウロしていた時に発見した、Cafeうえすやーに寄ってみることにしました。
どうしても気になるカフェだったものですからね。

昨晩泊まったピースアイランド宮古島から徒歩5分くらいのところです。
地図はこちら⇒地図
宮古島の市街地に位置していますね。
カフェ専用の駐車場はないものの、すぐ近くにとても安い料金の駐車場があります。
かなりの時間駐車して、200円くらいだった記憶。
駐車後、係の人が居なければ、鉛筆で封筒に時間を記入して、ポストに入れるという仕組みでした。
自己申告制です。みんな信用してるんだな~いいですね~こうゆうの。
それにしても、ここまで駐車場料金が安いと助かります。

Cafeうえすやーは、中に入ると一瞬靴を脱がなければならないのかな?
と迷いましたが、「そのままどうぞ~」と言われ、そのまま上がりました。
なんだか普通のおうちにお邪魔したような感覚ですね。

店内のガラス戸の向こうには、ミニ庭園のようなものがしつらえており、なんだか不思議な感じでした。
ここは宮古島なんだろうか?とこかの外国では?と錯覚してしまいそうになりましたね。
そのミニ庭園が良く見える席に陣取りました。とてもよい雰囲気です。

注文は、メニューに「あふ」というものがあったので、
これは何か聞いてみると、「黒糖の蒸しパンですね」とのことでしたので、早速注文しました。
食べてみたら美味しかったですよ。
昔、子どもの頃に友達の家に行った時にお母さんが作ってくれたような、懐かしい味の蒸しパンでした。

あふとスコーンなどでお茶して、雑誌など読みふけりのんびりしてしまいました。
外は雨が降り、散歩という気分でもなかったので、
このカフェでの時間は、とても助かりました。

宮古島に来たらまた行きたいお店の一つになりました。
今度は軽食にトライしてみたいものです。

Cafeうえすやー



関連タグ : うえすやー, カフェ, 宮古島, 駐車場,

宜野湾図書館を訪れた帰り、
以前から知っていたカフェニコリを発見しました。
名前を知っているカフェを偶然にも発見した時の喜びや感動は何とも言えず、
ついつい少しだけ寄り道してしまいました。

カフェニコリ2


お店はとても小さく、程よい大きさなのでしょうか。
店内の作りといい、装飾といい、可愛らしいという表現がよく似合うお店でした。

メインはスコーンらしく、
私がお店でのんびりとコーヒーを飲んでいる間にも、
テイクアウトで購入されていくお客さんが、しょっちゅう出入りしていました。
1つ100円で買えますから、ちょっとしたお土産にはちょうどよいのかもしれませんね。

私が食べたのは、
抹茶のスコーンでした。
程よい硬さのスコーンで甘さも控えめ、思わずニコリとしてしまう、そんなお店なんでしょうか。
ネーミングの由来は、お店の人に聞いていないから知りませんよ。
カフェニコリ


この付近には、こうしたカフェはなさそうですから、
雑誌なども置いてあるので、ちょっと休憩とかいうパターンでの利用もできますね。
小さいスペースで落ち着くという、そんな感じのお店でとてもよかったです。

駐車場はお店の脇道を入って左側に2台分のスペースがあります。
右側の宜野湾図書館の駐車場は、土日は17時すぎでチェーンロックされて出入り不可になりますので、
ちゃんとしたスペースに停めましょうね。

関連タグ : カフェニコリ, カフェ, スコーン, 宜野湾図書館,

CocoNeel ここにーる キッチンテラス

Coconeel


このカフェは、沖縄県の北部今帰仁村にあり、
眺めが良く、ご飯も美味しいことで友人から紹介を受けていましたので、
北部やんばるにドライブがてらに立ち寄ってみました。

場所は運天港といって、伊是名島や伊平屋島へ渡る船が出る港があるのですが、
その港のすぐ近くです。
お店から海を見渡すと古宇利島が一望できるというロケーション。
現在は、ワルミ大橋という橋が開通し、今帰仁村と屋我地島を結んだので、
古宇利島にもアクセスしやすくなったのではないでしょうか。

そんな周囲が綺麗な海に囲まれたエリアに“Coconeel"は立地しているのでした。
場所はいつものように地図をリンクしておきます。→地図

細い道を標識を頼りに進み、少し心細くなってきた頃、
CocoNeel ここにーる」に到着します。
道も狭いですので、対向車と鉢合わせしないように気をつけましょう。

お店の中は小さな作りですが、
天気の良い暖かい日には、表のテラス席が気持ち良さそうです。
しかし、本日はあいにくの空模様で、寒い日でしたので、中の席を選びます。

メニューは洋食を中心のメニューで、
メイン1品と、ライス・豚汁が付いて880円でした。
他にもパスタなどがありましたが、今日は定食の気分でしたので、こちらのメンチカツのセットにしました。
ドリンクはフリーペーパーのクーポン券を利用してサービスしていただきました。

メンチカツは意外と大きくて、サラダも山盛りでしたので、
それだけでお腹が一杯でした。
ライスと豚汁はお替りできるみたいですので、足りない方はお願いしてみてもいいのではないでしょうか。
私は、もうこれで十分すぎるくらいお腹が膨れました。
連れは入りきらず、その分を私が食べたので尚更ですね。

これだけのご飯を頂けて、眺望も良しとくれば最高ですが、
本日はあいにくの雨・・・
また天気の良い日に来るとしますか。
是非ともリピートしたくなるお店でした。


関連タグ : CocoNeel, ここにーる, カフェ, やんばる,

今回は、読谷村にある隠れカフェとも言える位置に佇む“七色の風”にお邪魔しました。
このカフェは、県道12号線からアクセスするのですが、
普通に走っていると見逃してしまう可能性が高いので、
慎重に探してくださいね。

場所は、県道12号線を喜名交差点から入ってきて、
やちむんの里入口を越えてしばらく進むと、左側にコンビニのココスがあります。
そのコンビニのココスの前あたりの道を、
58号線から来たなら右折します。
で、しばらく進みちょこっと左に折れた後、
急坂を下っていくと、下りきったところが、七色の風の駐車場です。

ここに到着した段階で、
こんなところにカフェがあったんだ!と驚くことでしょう。
敷地がとても広くて、樂々と散歩もできてしまうのですからね。
池もあって悠々と鯉が泳いでいたりして、とにかく雄大というか、
なんだかほっとできるポイントなのでした。

さて、少し歩いてカフェになっている建物に向かいます。
この建物ははまた山小屋風でもあって、そうでもない感じもして、
この周囲の山というか森の中によく溶け込んでいるのでした。
とてもよい雰囲気で、おしりに根っこが生えてしまいそうです。
実際には生えてしまいましたが・・・・
なお、トイレは別の棟にあります。

本日注文した料理は、ランチの和風ハンバーグ定食。
七色の風2
県産野菜などを用いたとってもヘルシーなおかずがたくさん付いたセットメニューでした。
ハンバーグも、もずくも美味しい!身体によさそうです。
とにかく、かなりのボリュームで、完食するととてもお腹がいっぱいです。
食後にはコーヒーをプラス200円で追加して、窓の外を眺めつつまったり。
居心地の良さからついつい長居をしてしまいました。

食後はお庭を散歩させてもらいまいした。
池の周囲をぐるっと1周です。鯉の餌も売っていますよ。
途中には、カフェとして使えそうな、椅子やテーブルも用意されている建物もありました。
ここで何かやったら、きっと人気が出るに違いないと思いました。
今後に期待しましょう。
七色の風

と、七色の風について書いてきました。
この隠れカフェは非常に人気が高いので、
お昼を食べに来る時は事前に電話で確認した方が無難です。
今回の前は、いきなり行ったら満席で、泣く泣く涙を呑んだ経験もありますからね。
しっかり確認して予約してからお出かけくださいね。


沖縄県中頭郡読谷村座喜味板針原2511-2
カフェ七色の風


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : 七色の風, カフェ, 散歩, 隠れカフェ,

今年の梅雨は何だか変な感じというか、
雨の量が少なく、しかも気温も湿度も低いという風に感じていましたが、
私の身体がおかしいのでしょうか。
太陽の活動が弱くなってしまったのかな?と考えていたら、あっという間に梅雨明けしましたね~
それから1ヶ月近く経ちました。最近は日にちが早いです。

さて、本題へ。
この日は、沖縄読谷村にある
「浜辺のキッチン もめんばる」に行ってきました。
このカフェは、場所がややわかりにくい所にあるのですが、
海が見えて極めて眺望がよろしく、ゆったり寛げるとの情報を得ていましたので、
行きたいという気持ちはとても強かったので、その願いが叶いました。

場所は、読谷イオンタウンの近く、古堅南クリニックの信号のない交差点を入り、
ずーっと突き進んだ海沿いにあるのです。
近くは米軍のトリイステーションの裏口?のゲートや、木綿原遺跡の跡があります。
地図の方がわかりやすいです。→地図
確認してみてくださいね。
どういう訳か、もめんばるの住所を打ち込んでみると、違う場所が表示されるのです。
カーナビ注意かもしれませんよ・・・
もめんばる3

ランチタイムに行ったので、
サラダ、スープ、ライスは食べ放題のバイキング形式でした。
私が今回注文したのは、グリーンカレーです。
見た目は色が赤くないので辛くないと思ってしまうのですが、
食べた後から程よい辛さが口の中に残り、さらに食が進むといった具合で、
香辛料の良い香りもあい混ざって、とても美味しくいただきました。
ライスによく合うカレーですね。
もめんばる

座席はテラス席もあったのですが、
本日は少々風が強かったので、中の海がよく見える席に座りました。
食べ終わって、コーヒーを飲みながら、
時々梅雨の雲間から現れる太陽の光線によって変わり行く海の色を眺めつつ、
至福のひと時を過ごしました。
海の色はその時その時で変化し決して同じということはないので、
そんなことを考えると自然とは不思議なものだなあ・・・とつくづく感じるのでした。
沖縄の海はきれいだなあ・・・と改めて感じると共に、沖縄に居させていただいていることにも感謝ですね。
もめんばる2

本日はフリーペーパーのyukuruponを持っていったので、
200円引きになりました。
観光で沖縄に来た方も、地元でも読まれているyukuruponというフリーペーパーを探してみてください。
きっと何か有益な情報があることでしょう。


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ




関連タグ : もめんばる, カフェ, yukurupon, 読谷村, 沖縄,