FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


ジェットスタージャパンという格安航空会社(LCC)がついに那覇に就航決定しましたね。
7月9日から1日1便。
成田14時20分発 那覇17時25分着 GK137
那覇17時55分発 成田20時30分着 GK138
というスケジュールで運航開始です。
7月23日からは
成田6時15分発 那覇9時20分着  GK135
那覇9時50分発 成田12時25分着 GK136
の便が加わり、1日2便体制になります。(4月21日時点)
成田発着というのがポイントでこの時間帯ですから、
東京のどこに住んでるかということで考えると、厳しい面もあるかもしれませんね。
沖縄から東京に行くとしても、成田から都心への移動を考えるとどうでしょうか。
いずれにしても、安いということから仕方がないという結論になりますね。

そこで、気になるお値段ですが、
那覇-成田間は片道6990円からというのがノーマルな運賃になりそうです。
日にちにや便によっては9990円、10990円となったりするようですが、
おそらく空席に連動したり、出発曜日で運賃が変化しているのでしょう。
買うタイミングが重要ということになりましょうか。
この記事を書いている段階(4月22日)では、来年の2013年3月の予約も行えますが、
2013年2月28日までの料金は6990円があるのに対し、
2013年3月以降は22990円と一気に値上がりしています。
これはどんな理由かはわかりませんが、おそらくはどこかの時期で6990円に値下がりするのではないでしょうか。
注意すべき点は、荷物を預けると15キロまで900円、20キロまで1000円の追加料金がかかること、
座席選択などをすると追加料金が掛かることなどでしょう。
足していくと結構な金額になっていきます。
これらの金額に成田からの移動費用も計算して、
どっちが安いか羽田線との比較をしてみてもいいですね。

しかし、ジェットスタージャパンは4月17日の販売開始時には1円セールを実施、
4月18日、19日には1900円からのセールを開催。2日間の限定販売でしたが、
成田-那覇線は2900円からという破格値で売られていました。
日にちによっては2900円の座席は売り切れたりしていましたが、
18日の夜の段階ではまだいくらかの空席があったようですね。
このように、急に破格値のセールが開催されていることもありますので、
要チェックしながら目が離せないということになりそうです。

今後は、8月にエアアジアジャパンが就航予定となっており、
スカイマーク、ジェットスターとLCC3社が三つ巴の熾烈な競争になるのかもしれません。
利用者にとっては、特に東京(成田)までの運賃が値下がりすることは、
とても嬉しい限りですが、競争しすぎて共倒れというのも困ります。
そんなことはないとは思いますが、各社に期待したいところです。

スポンサーサイト



関連タグ : ジェットスタージャパン, エアアジアジャパン, スカイマーク, 格安航空, LCC,

格安航空会社(LCC)の2社
ジェットスター・ジャパンとエアアアジア・ジャパンが本格的に那覇空港に就航していますが、
今現在(9月26日)では、那覇成田間のみとなっています。
今のところ、沖縄からは東京にしかLCCで行くことができない状態になっているのですが、
ついに大阪にも行くことができることになります。

10月18日よりPeach(ピーチ)が、
10月29日よりジェットスターが、
那覇関西に就航することが決定しております。
これによって、東京に加え大阪にもお気軽に行けるという状況になりますね。
また内地の人も沖縄に以前よりは、お気軽に来ることができるということになります。
これはすごいことですよ。
まさに今年はLCC元年と言われる所以であります。

気になる値段ですが、LCCの値段設定は明らかに大手の航空会社よりは安くなっているんですが、
これをいつ買うのかというのが、とても悩ましいことになるのです。
例えば、キャンペーンやセールといったものが行われると、
那覇関西は2290円(ジェットスターのセール運賃)という設定もありました。
気をつけたいのは、2290円でも、最終的に支払う金額はもう少し上がるということです。
2290円は言ってみれば手ぶらで搭乗する人の運賃。
しかし、購入画面に進んでいくと、発券手数料などがかかり最終的には2490円となるのです。
さらに荷物を預け入れしたり、機内食を頼んだり、座席を指定したりすると、
どんどん料金は上がっていくことになります。
それにしても大手航空会社の運賃よりは安いということになると思われますが。

こうして、追加料金を取ることで収益を上げるのがLCCの手法ですので、
購入時には思わぬ追加料金がかかることもあり、注意が必要です。
最初に出てくる運賃は何も追加しない場合の運賃であることを覚えておく必要があります。
それでも発券手数料だけは追加で徴収されるんですが・・・

関西LCC就航から話が逸れてしまいましたが、
これから格安で沖縄と内地が行き来できる時代が到来することになるでしょう。
それによって、観光産業にどんな影響が出るのかはわかりませんが、
この癒しの島である沖縄に気軽に来れるというのは、
内地の人にとってとても意味のあることになるような気がします。
今後のLCCの動向には期待してもいいのではないでしょうか。

LCCのチケットはいったいいつ買うのが一番安いのかといった疑問も残るでしょうが、
一概にいつと断定できないのが悩ましいところです。
早めの購入が間違いはなさそうですが、それも正解ではないのです。
そのあたりのことも、いつかレポートしてみたいと考えています。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : LCC, 那覇, 成田, 関西, ピーチ, ジェットスター・ジャパン, エアアジアジャパン,

2013.1

エアアジア・ジャパンに搭乗してきたレポートの続きです。
成田空港第2ターミナルの到着階の1階の端にチェックインカウンターのあるエアアジア・ジャパンですが、
なんと、その場所の近くに、搭乗口へ続く通路もありました。
カウンターでチェックインした後、ハンコをもらい、
簡易的な通路を歩いていくと、セキュリティチェックがあります。
ここで搭乗券にハンコをもらわないとまずいらしいですが、まあまず漏れることはないでしょう。

ここで手荷物の検査を受けて、進むと、
搭乗待合室に出ます。
当然バスを利用するゲートになりますので、ここからは飛行機は見えません。

この搭乗待合室には、でかでかとAirAsiaの看板を掲げた売店が1つと、トイレがあるくらいで、
とても簡易的な構造になっていて、いかにもLCCの待合室といった風情です。
売店をチェックしてみると、お土産用のお菓子なんかも置いてありましたので、
買い逃した方は、最悪ここで買うこともできますが、種類には期待しない方が無難でしょう。

この日は定刻より15分ほどの遅れで、バスへ案内となりました。
優先搭乗の人が先、次が前方座席、後方座席の順番でバスに案内されました。
バスで、空港内を他の飛行機を見ながら進むこと5分。
搭乗するAirAsiaの赤い飛行機が見えてきました。空港内をバスで走るのってなんだか新鮮でした。
旅情気分も盛り上がったころ、バスはシップサイドに到着。
ところが、ここでも待機。
なぜなら、飛行機が給油中だからとのこと。

airasia1


バスの中で立ったまま5分ほど待機の後、給油が完了したらしく、ようやく機内に案内されました。
座席の間隔はやはり狭い・・・と感じます。
これだと長い時間となるとつらいかもしれませんが、
本日は沖縄まで2時間50分とのこと。何とか耐えられそう・・・

飛行機が動き出してからも、離陸用の滑走路までかなりの距離をタクシーし、
ようやく滑走路まで来たものの、順番待ちとなり、
離陸までかなりの時間を要しました。
これは成田空港特有の条件で致し方ないことなのかもしれません。

なお、エアアジアジャパンは機内持ち込みの飲食物は機内で飲食できません。
機内で食べたければ購入しなければならないので、ご注意ください。

この日は沖縄までは快適な飛行でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : LCC, エアアジアジャパン, 沖縄, 成田空港,