FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


シマウマカレー食堂に行きました。
場所は読谷村にあります。
ずいぶん前にも行ったのですが、今回はまた食べたくなってお邪魔しました。
当ブログにもまだ紹介していなかったですしね。

シマウマカレー2

さて目的地の県道6号沿いに位置する“シマウマカレー食堂”。
伊良皆交差点から県道6号に入り、しばらく進むと左手に見えるスーパーかねひでの前となります。
行ってみたら何と満席だったのですが、ちょうど席が空くところだったので、
ほとんど待たずに座ることができました。

注文したのは、タンドリーチキンとカレーのセット。
カレーは5種類の中から選ぶことができます。
今日は、キーマカレーにしてみました。
シマウマカレー

やはりここのカレーは、美味しいです。
店の雰囲気と、盛られてくる銀のプレートのためか、
何か本場のインドに来てカレーを食べているような気分になりました。
スプーンを使わずに手で(右手)で食べようかと、思ったくらいですが、
流石にそれはちょっとできません(^_^)/~

タンドリーチキンはもちろん、一緒に添えられてくる野菜も美味しくいただきました。
カレーやご飯の量も絶妙で、多過ぎず少なすぎずですので、その後の腹持ちがいい!
お昼にこれ食べてから、夕飯まで間食なしでOKでした。

しかし、残念なことに、5月8日でこの“シマウマカレー食堂”は終了してしまうんだそうです。
うーん、とても残念ですねえ。
なので、帰ってきてすぐにブログにアップした次第です。
行くならば早目にしましょう。5月8日で最終です。急ぎましょう。
それにしても、この美味しいカレーがもう食すことができない・・・と考えると、
筆者も、もう1回行きたくなってしまうのでありました。

スポンサーサイト



関連タグ : シマウマカレー食堂, インド,

沖縄移住してからというもの、気づきを得るまでは、紆余曲折の人生といった感があります。
移住してよりよくなる人生という想定が、ことごとく外れていた時期もありました。

何故、自分はこんなことをしているんだろう?
自分に生きている価値などあるのだろうか?
人生に価値などないのではないか??
と本気で思い悩む時期がありました。

正直もう生きてる価値なんて自分にはない!
と思い込んで本気でもう人生をやめにしようかと思い、
その方法についていろいろ調べていた時期もありました。

今思えば、何とも身勝手な想像の世界に生きていたことでしょう。
気づきを得た今、別の心の基盤ができて、もう今後そのようなことを考えることは決してないでしょう。
何しろそれは、自分の勝手な思い込みであり、
単なる想像の世界でしかないことが、はっきりとわかったからです。
思いや悩みの本質がわかったのです。
それも心から人生の真理というものが、「今にしかない」とわかったからなのです。
これらの話はおいおい書いていくことにしましょう。


沖縄移住してからというもの、もともと好きだった海外旅行に行ってなかったので、
久しぶりにということで海外に行くことになりました。

行き先は、ブータン→南米→インドと変化して、
インドということになりました。
それも、あまりメジャーではない南インドに行くことになったのです。
2011年6月のことです。
詳しい旅行記については、私のもう一つのブログである、私の極楽旅行日記に書いてあるので、
そちらを参照ください。

インドに行くことによって、気づきにより近くなりましたね。
インドはかなり刺激的な国ですので、
初めて行く方は何らかの衝撃を受けて帰国し、その後の人生に影響を与えると言われています。
私もずいぶん前にインドを旅して、かなり影響を受けて人生が変化したものですから、
今回の2回目のインドについても、呼ばれるべくしてインドに呼ばれたと思ったものです。
予想通り、インドの国は私に何か別の物をくれたのかもしれません。
インドで、第2回目の衝撃を受けた後、夜勤の仕事をこれ以上続けたら、
身体がおかしくなるかもしれないという、お告げみたいなものもあったのかもしれません。

これは、声が聞こえるという類のお告げではなく、
感覚的に内なる声に気づくというものであったではないかと、今になって思ったりするわけです。
このタイミングでインドに行くことになっていたんだなと・・・

このインド旅行により、さらに気づきに一歩近づいていったのでした。
インドは何かを気づかせてくれるかもしれません。実は気づきへの近道なのかもしれません。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ




関連タグ : 気づき, 人生, 沖縄, 移住, インド, ブータン, 南インド,

2011年6月にインドへ行ってきて、
それから、しばらくの間は夜勤の仕事をして、
相変わらず昼夜逆転という生活をしていたんですが、
自分の中で何かが変化していきました。
沖縄移住生活も3年目を向かえていました。

当時は、スピリチュアル的な本にもはまりつつあり、
また瞑想座禅といったことにも興味を持ち始めていた時期でもありましたので、
気づきへの道へまっしぐらといった形でした。
今となって考えてみると、まだまだ自分の中に芯なるものができていなかったのですが、
その芯ができるという基礎が形成されている時期であったのかとも思えます。
そこへインドがある意味引き金となったのかもしれません。

インドから何を得たのか?
何が気づきをもたらしのか?

これはインドに限らず、海外に行くとよく感じられることなのですが、
日本のことが外からよく見えるようになるということです。
日本の国内に居ると、内からの視点でしか見ることができないのですが、
国外に出てみると、外から日本が見えるので、また違った日本を見ることができるのです。

インドでは貧しい人々もたくさん居て、
タクシーに乗っていて信号待ちでもしようものなら、必ず乞食がやって来ては、
窓を叩いたりして「お金を寄こせ!」と言ってくるのです。
この状況には本当にびっくりします。
初めてインドに行った時には心底びっくりしたものです。
お金って何だろう?
この人たちはいったい普段は何をしているのだろう??乞食か仕事??
とその状況に対して何も対処できない自分が居て、何だか変な気分になったりと・・・
というかどう対処してよいのやら・・・
とても考えさせられることが多いのです。

結論を急ぐと、
比較するのもどうかと思うのですが、
こうしたインドの人々からしたら、自分たちはいかに恵まれているのだろう。
自分たちが考えて、悩んでいることなんて、この人たちからしたら大した問題ではないのではないかと。
いったい、何に悩むというのだろうか?
いったい、何が悩みや問題なのだろうか?
という疑問が沸き起こり、言葉を失うのでありました。

日本国内にいたら、いかに日本は快適で過ごしやすくて問題がないということには、
なかなか気が付かないのかもしれませんね。

そういったことを改めてインドは教えてくれた気がします。
しかし、今の日本の現状を見ると、必ずしも日本人は幸せそうではありません。
対して、そんな状況下でも、快活に、幸せそうに生活しているインド人を見ていると、
この状況でもインド人は幸せに生活する何かも持っているに違いないとも思えてきます。

必ずしも物質的に豊かであることが、
大きい意味での幸せに結びつくものではないのではないか?
というところまで議論は進んで行ってしまうのでした。

と、インドから「幸せ」って何だろうか?
という所まできてしまいましたが、
こんな大きなことは、いっぺんには語れませんから、
また沖縄移住後の気づきについてに次回から話を戻しましょうか。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : インド, 沖縄移住, 座禅, スピリチュアル, 瞑想, 気づき, 乞食,